☆新橋岡むら屋のデラ肉めし ~港区新橋

カテゴリ: 県外の定食類

okamuraya 201710

 昼にはまだ時間があるけれども、事前情報をキャッチしていた、ニュー新橋ビルという新橋駅のすぐ西側にあるビル1階にある「新橋岡むら屋」を訪問。
 ここは醤油などで真っ茶色になるまで煮込んだトロ肉、こんにゃく、豆腐、煮込み大根、煮卵などをどんぶり飯にぶっかけた肉めしがウリ。10時から開いているというのもなかなかいいではないか。

 「デラ肉めし」のスープ付き、590+50円。
 見よ、この色、この雄姿。このようなどんぶりめしを出すところを、山形では知りません。
 レギュラーの「肉めし」490円に、でっかい大根とゆで卵をプラスしたものが「デラ」のよう。自分はこれらの具のうち大根にいちばん魅力を感じるので、「デラ」を選ぶことになります。
 肉は、牛スジでしょうか。ハラミのような脂っこい食感で濃厚です。それをしょっぱい煮大根が脂を流して別ワールドに導いてくれるという趣向。
 それにしても、熱々でしょっぱい。それをハフハフいいながらかっ込むのがたまらなくうまい。
 その一方で、ノーマルのビーフスープは味が薄く感じられるほどで、これはつけなくてもよかったかもしれません。

 汗をかいて完食。冷水をコップに2杯がぶ飲みしてゴチソウサマ。
 東京メシは楽しい。このビルにはほかにも、トッピングが3個まで無料のカレー専門店「カレーは飲み物。」や、ナポリタン大盛り800円の「むさしや」など、ユニークな店がいくつかあり、今後の利用価値は高いと踏んだところです。

スポンサーサイト

編集 / 2017.10.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆よもだそば銀座店のよもだカレー ~中央区銀座

カテゴリ: 県外の定食類

yomoda-ginza 201710

 旅の3日目。
 山形に戻る日の朝から昼にかけては、都内を散策し、その間に2回食べる計画です。
 まずは、地下鉄都営浅草線で泊地の浅草橋から東銀座へと向かい、そこから歩いて有楽町方面へ。
 地図を見ながら訪れたのは、立ち食いそば屋の「よもだそば」です。某B級グルメサイトによれば、ここはなんと、蕎麦屋なのにカレーがおいしいらしいのです。
 店頭の看板には「自家製麺とインドカレーの店 よもだそば」と書かれており、カレーイチオシ感が漂っています。

 そばメニューだらけの券売機からようやく探して、よもだカレー490円を。
 黄土色のゆるめのルーにチキンが1個入っており、他の具材は溶けてゲル状になっています。
 一口めはサラリとした印象で、爽やかなスパイシーな風味が口いっぱいに広がります。これはまさに本格的カレー屋の味わい! ルーの中にはローリエの葉が2枚。このあたりにもカレーに対するこだわりが感じられます。手で持ってかぶりついたチキンはほろほろとくるほどの煮込みよう。

 これって本当にそば屋スタンドのカレー? オドロキです。天下の銀座では、立ち食い処であってもこのレベルでなければ生き残っていけないのでしょうか。
 食べ進めば徐々に効いてくる辛さの絶妙。
 食後には、スプーンを持っていた右手にカレーの残り香。チキンをつまんだ左手の人差し指にもカレー香が残り、それらの香りを嗅ぎ、ゆっくり薄まっていくのを惜しみながら、銀座を後にしました。

 朝7時から夜22時半までの無休営業で、かけそば、もりそば250円から。そばとカレーのセットは620円から味わうことができます。
 いいよなぁ、大都会の一人メシ。人気店が混みあうのが難点ではあるけれども、選択は自由自在。B級だって十分に楽しめるし。
 今後あまりないことだろうと思うけど、銀座で食べ物に迷ったならまた行きたいと思えた店でした。

編集 / 2017.10.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆餃子の王将浅草橋駅前店のマイセレクション ~台東区浅草橋

カテゴリ: 県外の定食類

gyozaosho-asakusabash 201710

 イベントを見終えて浅草橋駅にたどり着いたのは20時半頃。この日は日曜で、平日の賑やかな夜とは異なり、開いている店が少ないようです。
 今夜は「水新菜館」という中華料理店で定食を食べるのがいいかなと考えていましたが、ここも日曜が定休日のようで残念。
 じゃあ、まあいいか、浅草橋駅のガード下にある「餃子の王将」にしよう。
 「餃子の王将」は、今年7月に静岡市の呉服町店で食べて以来。安くてうまくてはやい、いいチェーン店なのだ。

 瓶ビールは出していないということなので、今回は生ビール(中)1杯と、ギョーザ、肉キャベツ炒め(回鍋肉)。
 ギョーザは大ぶりで、推して知るべしの確かさ。なんたって「餃子」を店名に冠しているわけですから。
 回鍋肉は強火できりっと炒めた、中国味噌の味がいい立派なもの。豚肉が多く、キャベツ、白ネギ、ピーマンがしんなりとならずにおいしくできています。

 これでたったの1,207円は値打ちモノです。
 今夜はこれで出来上がり。朝からずっと飲みっぱなしだなぁ。でも。
 ささ、ホテルに戻って部屋で飲み直そうか。

編集 / 2017.10.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆天将のマイセレクション ~北区上十条

カテゴリ: 県外の定食類

tensho1 201710

 まるます家を切り上げて、次は十条駅前の「天将」。
 この店、「吉田類の酒場放浪記」などで紹介されていて、かつてその近くの「田や」や「斎藤酒場」で飲んだときに見かけて気になっていた店だったのでした。なので、今回初入店でありながら、不思議な既視感があります。
 外見はふつうの古い大衆食堂か蕎麦屋といった感じ。ここは10時半開店で、自分が入ったのはその5分ぐらい後でした。

 高齢おじさんの先客1名。「まるます家」とは異なる静かな雰囲気で、ややはぐらかされた感じはありますが、妙に落ち着きます。
 テレビで見たことのある元気で愛嬌のあるお姉さんが、江戸っ子風のチャキチャキっとした声で「いらっしゃい」と。

 飲み物はハイサワーにして、まずはここに入ったら試してみたいと思っていた「いりぶた」350円を。
 「はいよっ!」のかわいい掛け声とともに運ばれてきたのは、豚バラ肉とタマネギをトマトケチャップ様のもので炒ったもの。つまりは、添えられているスパゲティと似たような味です。千切りキャベツと大ぶりのパセリが添えられています。
 一皿350円程度のものなら3皿はいけるだろうと考えていましたが、豚肉が多めで結構な量があり、それは厳しい模様です。

tensho2 201710

 ということで、もう一皿でとどめることにして、ポテトサラダ。300円です。
 酸味が少ない甘め味付けで、これもうまし。

 なじみ客が4~5人ほどまとめてやってきて急に賑やかになったのをしおに、会計を。
 全部で1,090円でした。
 酒が飲め、食事もできるこういった感じの食堂って、好きなんだよな。

編集 / 2017.10.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆まるます家総本店の牛スジ煮込み ~北区赤羽

カテゴリ: 県外の定食類

marumasuya 201710

 旅の2日目。
 今回の東京旅では、朝からやっている呑み処で飲んでみることもひとつの目的。わが地元では朝からやっている居酒屋がないし、第一人目が悪いので、やれません。休みの日、しかも東京ならやってもかまわんでしょうということで。

 まずは、土日祝なら朝の9時(平日は10時)からやっているという赤羽駅前の「鯉とうなぎのまるます家総本店」へ。
 この日は日曜日で時間は9時半。この時間なら楽勝でしょと思いつつ近くまで行くと・・・どっひゃあ、満員じゃん!
 どうしたものか一瞬躊躇したものの、わざわざここまで来たのだから入らない手はないよなと考えなおして、トツゲキです。
 幸いびっしりのカウンターに一つだけ空きがあり、ここへドウゾと。よしよし、ラッキー♪

 隣のお客さんがモヒートのようなものを飲んでいたので、自分もそれをリクエスト。チューハイのモヒートなのだそうです。
 肴は、ここで飲むならこれかなと考えていた、牛スジ煮込み450円。思ったとおり見事なもので、牛スジごろごろに大ぶりの豆腐。煮込みぶりがよく、肉部分はシチューみたい。ほかには大根、ニンジン、こんにゃくが入っていました。

 店のお姉さんたちが大勢の客たちをしっかりサポート。客が唐突にたとえば「水餃子!」と注文するのをカウンター担当が聞き逃さず、「4番さん水餃子ぁ!」とはっきりした声で言うと、それを番頭格の年配のおばさんが一風変わった言い回しで「水餃子ぁ、水餃子ぁ」と厨房に伝達します。それは例えれば、電車の車掌が次の停車駅を告げるような感じ。おもしろいのだなあ、これが。

 ここに来たなら1,500円也の鰻丼でシメかと考えていましたが、朝からこれだけたくさんの呑兵衛たちを見たらなんだか圧倒されてしまい、今回はパス。
 ささ、飲んだらさっと切り上げるのがスマート。次行こ、次。
 10時過ぎに退店。朝です。上がり950円でした。

編集 / 2017.10.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆清水港みなみの特選本鮪丼 ~静岡市葵区

カテゴリ: 県外の定食類

s-minami 201707

 静岡の最後メシは、最高のものを食べたい。最終日は昼過ぎの新幹線まで予定はなく、時間はたっぷりある。
 で、選んだのは静岡駅南口の海鮮丼の超人気店「清水港みなみ」。食べログの評価点は3.79で、全国のTOP5000に入っています。
 開店11時の15分前に行ったところすでに20人程度が並んでいました。でも、事前にチェックしていた席数は28。これなら1巡目で着席できる。

 限定特選本鮪丼、1,380円。
 先に清水魚市場で食べた中トロ丼もおいしかったけど、こっちのほうが格段に上。本マグロが極上です。中トロを使っているようで、それがまた脂がしっかりのっていて美味なることこの上なし。
 この上に「本鮪大トロ丼」1,780円が控えているのですが、これ以上脂が多いとどうなるのだと心配になります。カウンターの隣の兄ちゃんがそれを食べていましたが、切身のテカリがすごいのなんの。

 厚めの切身が7~8枚。ほかには焙った鮪の角切りがゴロゴロ。焙り具合が超レアで、こうして食べるのもオツなものだと思ったところです。
 それと、青ネギを散らした中落ち、大葉が添えられた厚焼き玉子。
 アオサの味噌汁も緑色が鮮やかで超美味です。

 5人のスタッフは全員が女性で接客もグッド。これなら流行るよなあ。静岡の食全体に対する好印象がぐっと深まりました。
 食べ終わって店を出ると、行列はさらに長くなっていました。

編集 / 2017.08.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆馬里緒のモーニングセット ~静岡市葵区

カテゴリ: 県外の定食類

s-mario 201707

 静岡4日目の朝は、ホテルの朝食は頼んでいない。目覚めも悪くないし、泊まったホテルの目と鼻の先に8時からモーニングをやっている喫茶店があるようなので、行ってみることにしました。

 静岡駅南口の飲食店街の一角にある「馬里緒」という店。モーニングセットは500円でした。
 シンプルかつ必要十分なセット。基本朝食に肉類は求めないので、こんな感じが自分にとってベストなのかもしれません。

 この日の静岡地方の予想最高気温は35度で、朝から暑い。
 「じっとしていても暑いですねえ」と、60代後半ぐらいの店のマダム。「本当ですねえ、休み休み動かないとしんどいです」と合わせる。それはこの旅をとおしての、実は本音かもしれません。

 立派なカウンターもありましたが、テーブル一つひとつが大きくて寛げそうだし、客数も2~3人だったので、テーブルでゆっくりいただきました。
 このように落ち着けるならば、休日のモーニングセットはこれからも利用したいと思いました。

編集 / 2017.08.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆しぞーかグルメ駅南酒場のマイセレクション ~静岡市葵区

カテゴリ: 県外の定食類

s-shizoka 201707

 3日目は静岡駅南口のホテルに宿替え。多少飲み疲れが出ている宵は、ホテルの目の前にある「しぞーかグルメ 駅南酒場」で軽くいきました。

 肉餃子250円と清水もつカレー380円で生ビール490円。
 餃子は男、肉、女の3種があり、にんにく標準が「肉」、「男」はたっぷり、「女」は抜きなのだとか。昨日食べた餃子の王将の餃子のほうが味、量、価格のすべてで上だったかな。
 初めて食べたもつカレーはそれなりにうまいけれども、ふつうの味噌味の煮込みでいいんじゃないのと天邪鬼。山形の芋煮会で最後にカレー粉を投入する感覚と似ているかもしれません。

編集 / 2017.08.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆餃子の王将静岡呉服町店のマイセレクション ~静岡市葵区

カテゴリ: 県外の定食類

 静岡2日目の宵は、泊まったホテルから少し遠いけれども、「餃子の王将」の静岡呉服町店に行ってみました。

 「餃子の王将」に初めて入ったのは京都。大学時代に高校の親友2人と旅行をしたときに入ったのですが、その驚異的なコスパにいたく感動したことを覚えています。
 それはもう何十年も前のこと。宮城以外に東北での店舗展開がなく、またその後旅の途中で見かけるものの、タイミングが合わないなどでなかなか行けないでいたのでした。昨日、静岡の街を歩いていて店を発見し、これは貴重なチャンス到来ということで。

 瓶ビールに餃子、酢豚、締めに焼めしで1600円+税=1,727円は値打ちモノ。
 店名にその名を冠している餃子は220円+税という格安さにもかかわらず、大きさもあり、タレもよく、焼きもよく、かなりうまい。隣の客がやっていたけど、餃子を2人前にしてビールの大瓶を飲めば、千円しないのだな。

s-gyozaohsho1 201707

 ジャガイモがごろごろ入っている酢豚というのは初めて見たけれども、豚肉の唐揚げがたくさん入っているし、餡の味、とろみ共に上等。

s-gyozaohsho2 201707

 焼めしは、もう少しさらさらしていて塩味が効いていればよかったと思いますが、これは京都で食べたときの印象がよすぎたので、期待が高すぎたかもしれません。

s-gyozaohsho3 201707

 瓶ビールは、スーパードライのなんと大瓶なのですよ。きりっと冷えていたし、ジョッキの中生よりもずっとコスパが上でした。

編集 / 2017.07.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆大間新栄丸のDランチ ~静岡市清水区

カテゴリ: 県外の定食類

s-ohmashinei 201707

 2日目は清水へ。清水魚市場で海鮮系の昼メシです。
 「まぐろ館」に入っている数多の店はだいたい10時前後に開くので、そのタイミングを見計らって行ってみたところです。
 いくつかの人気店にはすでに列ができていましたが、これだけ多くの店があるのにメシなんて並んでまで食べるのは粋とは言えないのではないか。
 そんなイラチな性格なので、通りかかった2階の「大間新栄丸」という店がちょうど開店したてだったので、この日一番目の客として入店しました。
 港の見える、窓際の特等席です。

 Dランチ1,450円と生ビール500円。まだ10時です。
 Dランチは、中トロ丼&かきあげ。
 清水に揚がったマグロなのだろうに店の名が「大間」とは!といった感じもしないでもありませんが、うまいし安いので許してしまいます。切身が厚ぼったくて、脂のノリがよく、口当たりがなんともスバラしくて極めて美味。
 桜エビのかき揚げもサクサク。抹茶塩をはらりとかけて箸でつつくと、ぽろぽろとほぐれてくるような揚げ具合です。これまた美味で、昨日ミニ丼で食べたものよりもずっと上等でした。
 ワカメの味噌汁とごぼう炒りもグッド。
 生ビールにはシラスが添えられました。

 ところで、飲んだビールは、この暑さの中を歩いているうちにすべて汗腺を経由してすぐさま放出されてしまうようです。衣服がずぶ濡れになりました。

編集 / 2017.07.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆海ぼうず本店のマイセレクション ~静岡市葵区

カテゴリ: 県外の定食類

s-umibouzuhon 201707

 市内を存分に歩き、17時半過ぎに再出動して、しぞーかモノを食べようと、静岡駅南口の「海ぼうず本店」に行ってみました。1階はすでに満席とのことで、入り口で静岡おでんの調理番をしている兄さんはもつ焼き中心となる2階を勧めます。格別のこだわりはないので、言われるままに2階へ。

 精算時にもらったレシートで知ったのだけど、そこは「海ぼうず本店2階」ではあるけれども別名があり、「ホルモン学校熱血先生」という店でもあるようでした。
 でも、もつ焼きはこの次にして、静岡モノでいきます。

 お通しは、何種類かある中から好きなものをドウゾとのことで、烏賊の塩辛をチョイス。
 あとは、静岡おでんをメインにして、ほかにはポテサラを。
 おでんは、黒はんぺん、牛スジ、大根、玉子をチョイス。黒はんぺんは静岡名物だし、牛スジもはずせず。個人的には大根もはずせず。
 どれにも串が刺されての登場です。これに鰹節と青海苔が混じった粉状のものをプシュプシュとふりかけ、辛子をたっぷりつけて食べれば至福なこと。おでんのこの香りこそ、静岡の夜の街のあちこちから漂ってくる、静岡を象徴する匂いだと言っていいのではないか。

 飲み物は、キンキンに冷えた生ビールと「静岡茶イダーハイ」。後者はつまりはチューハイのお茶入りサイダー割りでした。
 都合2,380円はまあまあだったでしょうか。

編集 / 2017.07.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆静岡の味三久の桜エビミニかき揚げ丼セット ~静岡市葵区

カテゴリ: 県外の定食類

s-sankyu 201707

 静岡方面へ、3泊4日で訪問。その時に食べたものを備忘のために整理しておきます。

 新幹線で静岡に着いたのは土曜日の昼。暑い。
 まずは駅ビルのアスティ東館にあった「静岡の味三久」で、桜エビミニかき揚げ丼セット1,080円を生ビールとともに。

 740円の茶そばを基本として、それにいろいろなミニ丼がつけられるというのがこの店のスタイルのよう。
 茶そばは、温冷どちらでもできますとのことだったので、この暑さでは当然ながら冷たいほうで。
 大根おろしと揚げ玉が入っているいわゆる冷やしおろしそばで、そばが静岡らしく茶そば仕立てになっています。コシも感じられてわりとしっかり食べられるものでした。

 かき揚げ丼のほうは、静岡由比名産の桜エビを使ってショリッとした揚げ具合になっているのではないかと予想していましたが、ショリッ!までのレベルには及びません。しかし桜エビの風味があり、どんつゆも塩梅がよく、おいしくいただけました。

編集 / 2017.07.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆中国料理菜咖の酢豚 ~岩手県一関市

カテゴリ: 県外の定食類

saika 201705

 一関に一泊する夕刻、一関市の上の橋通りにあった小さな中華料理店「中国料理菜咖」にふらりと入って、一息つきます。
 30歳前後?のフロア担当と、厨房の料理人の男性二人での切り盛りのようです。

 瓶ビールと酢豚、630+800円。
 手酌でビールをグラスに注ぎ、熱々の酢豚をつつきます。冷たい辛口ビール。正統派の酢豚。これってささやかかもしれないけれどもシアワセ感が募ります。

 はじめのうちは空いていたけれども、時間が経つにしたがってほぼテーブルが埋まりました。なので、飲み足りなさを感じながらも、ここらが潮時と判断して自主退却しました。いいんだ、これからゆっくり宿の部屋で飲むから。

 まだ酔いは回っていないので、たそがれ時の市内散策としゃれこみました。いい町だったです、一関。

編集 / 2017.05.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆又八盛岡店の炙りベーコンのポテサラ ~岩手県盛岡市

カテゴリ: 県外の定食類

 盛岡では「白龍本店」の「ろうすう麺」を食べようと内丸緑地にある店を目指しましたが、18時になんなんとするこの時間帯でも長い行列が。なので、まあいいやと簡単にあきらめて、大通の飲み屋街へ。
 大通に面する「末廣ラーメン本舗盛岡店」の真向かいにある「又八盛岡店」に入りました。
 なぜココかというと、歩いていて「炙りベーコンの熱々ポテサラ」のメニュー札が目に入ったから。ポテサラで飲みたいなあと思っていたので。

 大通りの地下にあり、「囲炉裏端を囲んだ臨場感ある店内で、昔ながらの炉端焼きが楽しめる新感覚ダイニングが盛岡に登場!!」(食べログ)という店です。
 威勢のいい若い店員たちの店。さっそく角ハイボールと「炙りベーコンの熱々ポテサラ」を注文。

matahachi1 201705

 新鮮野菜がお通しで、これに2種類の味噌をつけて食べる趣向。こういうの、いいと思う。脂ものでくたびれつつある胃袋にはとてもやさしいし、新鮮な野菜で角ハイというのは意外にも合っていると思いました。

matahachi2 201705

 でもって、運ばれてきたポテサラは、540円で、吉田類なら「これで一人前?!」とウレシイ悲鳴を上げるだろうというほどのボリューム。
 これ、ジャガイモ2個ぐらい使っているでしょう。そして厚切りベーコンもどっさり。さらには半熟卵がドン。卵の下にはマヨネーズが少々。
 想像していた一般的なマヨネーズ和えのポテサラではなかったけれども、これはうまかったし、ほかの食べ物を食べなくとも腹がくちくなりました。

 いい店だったと思います、ここ。

編集 / 2017.05.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

Author:RINSHO
土日の食べ歩きでの、山形のラーメン、定食がメインです。


にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

welcome and welcomeback

now

現在の閲覧者数:

検索フォーム