chinrai 201609

 鮭川村京塚にある「中華料理珍来」を初訪問。近年新装なったようで、新しくてゆったりした配席の店内になっています。
 オネーサンにおススメを尋ねると、スタミナらーめん700円デアルとのこと。ではそれをお願いします。

 回鍋肉定食にも使っているという四川醤系の味噌を使った濃い色のスープ。香ばしい味がして、自分としては初体験の部類に入る、インパクトを感じる独特のスープでした。
 トッピングには、ニラとタマネギを主とした野菜炒めがドドン。かなりの量があるぞ、これ。多めの豚バラ肉とともに、先の四川味噌、ラード、細かく刻んだ生姜などを用いて炒めたもので、素材のシャキッとした食感が残っています。

 麺は、野菜に比してやや茹でが強い印象がありますが、製麺所製のぷりぷり系というのが定番の「中華料理」店にしては珍しく、なかなか凝ったものになっています。
 やや太さがあり、ストレートに振れたつくり。これはひょっとしたら自家製麺なのかもなぁ。

 オリジナリティがあり、おいしく、価格も低めの設定で、総合的に高評価。飛び込みで入ったのですが、大当たりでした。こういうことが起こるのが、食べ歩きの醍醐味なのです。
スポンサーサイト
liebe-kaneyama 201604

 山形から新庄経由で庄内へと向かう途中、ルートを大きくそれて金山町のリーベを初訪問。金山町内の人気店との噂をずっと聞いていたので。
 それにしても夜の7時を過ぎてからこの迂回というのは、ラーメン好きの酔狂以外のナニモノでもないですな。到着19時半、開いててヨカッタ。

 この店のベーシックかつ定番メニューのカムロみそラーメン、800円。
 いわゆる笹谷の味噌ラーメンや天狗山系列店と趣向を同じくするつくりのものです。
 例によってスープが独特で、このクリーミーな味わいはどのようにしてつくられるものかと思いながら、まずはレンゲですくってたっぷりと味わいます。この段階ですでに身体が温まってきます。いや、そんな生易しいものではないな、熱くなってくるという感じが近いかもしれません。

 具材は炒めた野菜類がたっぷり。キャベツ、モヤシ、白菜がメインになっていて、他にタマネギ、ニンジン、キクラゲ、フクロダケ、ヤングコーンなど。麺よりも野菜が多いといってもいいぐらいのポリュームです。これなら人気を博するわけだ。

 麺は意外にも細麺。このコク深いスープにはもう少し太めがいいような気がします。汗をかき過ぎないようゆっくり食べたということもありますが、やはり最後はダレたでしょうか。

 閉店間際の時間帯で、他の客は生ビールを飲んでいる者2、晩酌モードの独酌おじさん1。いずれも常連さんのようで、夜のバラエティ番組を店の人たちといっしょに見ながら寛いでいる様子でした。
 ゆるゆるとできる、地元密着のいい店のようです。
hanakajika 201604

 新庄を経由して山形に戻るときに寄った「花かじか」。初訪問です。
 メニューを見渡して選んだのは、「納豆みそ」650円。冬季限定で、大盛りサービスだそうです。ならば大盛りで。

 スープは濃厚なもので、脂の被膜がうっすらとできていて、インパクトのあるビジュアル。被膜があるので湯気が立ちません。味噌ラーメンなのに、香りは極めて魚介系です。こういうの、珍しいと思う。
 トッピングとして、多めのワカメ、その上に、挽肉を和えた挽割納豆、メンマ、ネギ、ミズナ、そしてハイトップには糸唐辛子。

 コク深いスープに納豆を溶かし込めば、独特のとろみを帯びたスープが麺にからんで至福の旨さ。ワカメとともに箸で持ち上げて、ずるりと啜ります。
 挽き割り納豆と挽肉が混然一体になって供される店は、自分としては初めて。ひと手間かけているんだなあと嬉しくなります。
 油っこさが緩和されるようワカメを多用しているのも、トータルバランスを考えてのことなのでしょう。
 麺だって、この一杯の独創性の高いコンセプトを乱すことのない、自家製らしいもっちりしたスグレモノです。

 とてもユニークで上出来だと思うなあ、これ。大盛りサービスというのも愛好家の心をくすぐるし、それで650円という格安価格なのもいい。
 新庄に寄る機会には再訪すべき店としてしっかりとインプットしておきましょう。
tanbomehe 201506

 ドライブの経由地新庄での昼食タイムは、「たんぼめへ」を初訪問。

 たんぼめへのナンバーワンメニューと思しき、みそ中華770円。
 ドウダ!といわんばかりのボリューム。すり鉢型のどんぶりにスープがなみなみで、その上に軽く炒めた野菜がどっさりです。これはいいなあ。これ、けっこうどんぶりが大きいのですけどね。

 深くレンゲを差し込むとこぼれそうなので、表面のほうから恐る恐るスープを2~3口。「みそ中華」と名乗るだけあって穏やかな味噌味です。雰囲気は天狗山系の味噌ラーメンに似ていますが、それをかなりマイルド方面に寄せた感じでしょうか。
 具は、炒め野菜のほかには刻みネギのみで、チャーシュー、メンマなどは入りません。この潔さも悪くありません。

 モヤシ中心の野菜は、キャベツ、ニンジン、キクラゲなど。これらが細やかな挽肉とともに炒められて美味。脂っこさがなく、とにかく目いっぱいの量。これだけの量の野菜を「爆」とか「ドカ盛り野菜」などと強調せずにさりげなくサーヴするところがエライ。
 そしてそのモヤシ。ひげをとった部分が黒くなっているようなことはいっさいなく、新鮮なものを使っていることが窺えます。

 麺は、味噌味にフィットした太麺の手もみで、おそらく自家製。いいつくりなので、これをシンプルな中華そばでも味わってみたいと感じました。

 それにしてもこの量。初訪問なので大盛り発注を自重したのは正解でした。むしろ、これを大盛りで食べる人の胃袋を想像するとちょっとコワい。
 それと、野菜半分でと注文している人がいましたが、それはいわばこのみそ中華の醍醐味を半分削いでしまうことになり、人それぞれとはいってもそれはないだろうという気も。

 そんなわけで、食べ終えるまでの所要時間はどなた様もたっぷりかかるし、一方で厨房のオペレーションの拙さもあって、滞在時間は長め、だからけっこう混み合う、という悪循環に陥っているようでした。

 大量発汗にて完食。いやぁ、うまかった。
ohkura 201505

 味噌ラーメンが旨いと聞いていた大蔵村清水の「大蔵食堂」を初訪問。

 みそラーメン730円。
 炒めた挽肉やラードとともににんにく風味の効いたこっくりとした深みのあるスープが秀逸。
 コク深いけれどもくどさは強くなく、また塩辛さも適度な範囲に抑えられていて、ずっとスープをすすっていたい衝動に駆られました。

 野菜がたっぷりで、小さめにカットされた野菜たちの中で一際異彩を放っているのが、それらよりやや大きめのキクラゲ。いい食感を残したまま多めに入っていて、“山の味噌ラーメン”という感じが強く出ています。

 麺は、第一印象としてこのような本格的な味の札幌系の味噌ラーメンにこれなのかと思わせるような縮れの細麺。製麺所のものかと思われますが、しばらくしてもダレないし、このスープにこういう麺もアリかもと徐々に思えてきました。

 自分にとっては150円プラスの大盛りは不要のボリュームで満腹に。ぼちぼちこれからはむやみに大盛りを注文せず、ココは普通盛りでは足りないという経験があれば次回以降大盛りを注文するという行動形態にしようと思っています。

 鄙に名店あり。店の雰囲気、活気なども含めて、もう一度行きたいかと訊かれれば間違いなくYESの店です。
abeshiten 201411

 雪が降ってくる前に長駆遠征して、最上町赤倉温泉駅前にある「阿部支店」を初訪問。
 「不定休」とされているので開いているかどうかかなり不安でしたが、到着時刻にちょうど暖簾が出たところだったので、首尾よく入店。

 店内は、4人掛けの椅子席4、座敷テーブル1といったこぢんまりした店。また店員は主人のほか女性1人で、スピーディーさはありません。人気店のようでここに大勢の客がやって来るため、たちまち満員になり、店内で立って待つ客も。自分は1人客4人で一つのテーブルでの相席となりました。まあそれもよし。

 味噌チャーシューの大盛り、750+100円。
 これって、他店の標準的な価格と比較して100円以上は安いと言っていいでしょう。
 きりっとした味噌味のスープに、これは製麺所のものなのかなあ、平打ちの太麺がどんぶりにぎっしり。大盛りは余計だったか。
 その上には強めの炒めでややしんなりとなったモヤシ、キャベツなどの野菜が。これらはチャーシューの脂身と豚挽肉で炒められておりコク深い仕上がりです。
 そして存在感たっぷりのチャーシューが3枚。軽く炙られているようで、香ばしさがあります。

 はじめはこのまま食べ、3~4口してから添えられた壺から辛味噌をちょいと取りかけて食べれば唐辛子が効いて味が引き締まりました。
menmusha 201410

 出張時の昼食に、同行者と共に4人で初訪問。
 特製らーめん900円。
 基本の麺武者らーめん700円に、海苔、メンマ、チャーシュー増量+煮玉子1個のお得な一杯。
 とろみのある濃厚な節系スープにホロホロとした独特の食感と喉越しを有する自家製の細麺のコンビネーション。この店ならではの味と言える充実のデキです。

 チャーシューは分厚い脂ギッシュなものでウマ。
 スープよりも甘めの味付けが施されたメンマは、大きくて、筋張っていて、食感よく美味。
 煮玉子もいいデキで、これらそれぞれの質は高いと、食べていて実感できます。最上地区の人気店だというのも十分にうなずけます。

 スープの重たさがけっこう食後の腹に来るようで、しばらくの間は胸焼け感がありました。
 一度はぜひ味わってみるべきスグレモノ。若い人などはけっこうハマる味なのではないでしょうか。
ryuouken 201405

 最上出張。最上といえばモツラーメン・・・と言われたのはもはや過去のことで、昨今は最上地域にも新進気鋭のラーメン屋がいくつかあるのです。
 そのひとつと思しき龍横健を初訪問です。

 そば(中)、700円。
 メニューは、そば(中華そば)と肉そば(チャーシューメン)の2種。それぞれが小・中・大から選べる仕組み。

 外側が赤くて背が高い、小口径のどんぶりで登場。
 自家製の太い麺が武骨に縮れていて非常に美味。これはいい麺です。
 スープは節系で、ケンチャンラーメンを彷彿とさせますが、それよりもあちこち角がとれて上質だなと思わせます。ブシ粉でごまかしているようなところがなく、しっかりダシを取ってつくっているという印象。やや塩辛めですが、許容範囲でしょう。
 チャーシューもモモとバラの2種が楽しめるし、メンマも一般的な切り方のものとご覧のような長~い穂先メンマの2種。

 申し分なし。これは流行るわけだ。