rinda-tawara 201703

 最上郡真室川町大字新町にある「リンダ俵」を初訪問。
 インパクトがあって謎めいているでしょ、この店名。WEB上では「リンダ・俵」、「俵リンダ」、「ニューリンダ」などとしても紹介されているようです。
 なので、なぜに「リンダ俵」なのかを確認しに行かなければなるまいと思い当たり、また、ランチタイムがいいぞという情報もあったので、庄内から山形へと向かう途中に大きく遠回りして行ってみました。

 ひとつの建物に「和風俵」とパブスナックの「ニューリンダ」の2つの店が同居している形になっており、それぞれ入り口は別ですが経営者は同じなのかもしれません。
 で、外看板には「リンダ」と「俵」が続けて記載されており、建物の2階には「俵 リンダ」と書かれた横看板。
 つまりはいわゆるそういうことで、この建物を訪れる人によって店名の印象が変わる、いや多くの人が混乱している、ということなのではないか。

 謎が解けてひと安心。しかし、洋食のランチタイムはどっち? 訪れた正午近くの時間帯、「パブスナック ニューリンダ」のほうにだけ小さな「営業中」の札が出ていたので、スナックなのにこっちでいいのかなあと首をかしげつつ入ってみます。
 するとそこは、バーカウンターと、フロアには緋色のソファがずらり並んでいて、「あ、おれ、入るトコ間違ったかな?!」というのが第一印象。
 店にいた妙齢の女性(おばさん)から「いらっしゃいませ」と声がかかり、いちおう「ランチ、いいですよね」と確認を入れて、ウイスキーの水割りがふさわしいと思われる応接セット様のテーブル席に納まりました。運ばれてきた熱いお茶。よしよし、紛れもなく食堂だ。

 デミカツランチ800円。日曜祭日を除く11時半から13時半までは、ハンバーグもカツカレーもこの価格のようです。食事とともにお冷やもサーヴ。

 噂に違わず立派。
 メインディッシュは、揚げたてのとんかつに自慢の自家製デミグラスソースがたっぷり。カツはかなり上質で、この価格帯で食べるものとしては極めて優れていたと思います。さっくりとした食感もよく、うれしいばかりです。
 付け合わせのサラダも水菜や紫タマネギなどが配されて彩りも豊か、ドレッシングも上出来のフレンチ。

 小鉢類もすごい。さつま揚げや打ち豆が入った山菜の油いためは美味だし、漬物はキュウリ2種と白菜、味の濃いおかずでごはんをしっかり食べていってねと言わんばかりの切り昆布、そしてデザートのチョコレートケーキ。ケーキは季節によってはフルーツになるのでしょう。

 ごはんは、おかわりもできますということでしたが、この量であれば自分には十分。
 みそ汁は、大根と豆腐の具だくさん仕立てでした。

 味、量、価格のいずれをとっても申し分ないんじゃないかな。遠回りして来た甲斐があるというもの。
 大人の夜の社交場のような雰囲気さえ気にしなければサイコーのランチが食べられると思います。もちろんおれは気にしない。(笑)
スポンサーサイト
nalanda 201702

 酒田市あきほ町のインドカレー専門店「ナーランダ」を初訪問。
 昼メシにはラーメン、蕎麦といった麺類のほか、中華、そして大衆食堂の各種定食、丼物一切、カレーなどのごはんものがサイコーであるとの信念は固いものがありますが、たまには変わったものもいいかと考えて行ってみたところです。
 さすが専門店、車を下りた段階から香辛料のとてもいい香り。期待できます。

 マハラジャカレー・ナーン付き、900円。
 サラダぐらいは付いているのかと思ったのですが、ホントにズバリ、カレーとナンのみ。サラダやスープ、ドリンクが欲しいならそれらがついた「セット」があり、1,650円とぐっと高価になります。一人メシだし、そんなにいろいろ食べたいとは思わないし、これでいいのだと自分に言い聞かせます。

 でっかいナン。皿の面積を大幅に上回っています。ふわふわ温かでこりゃうまいのなんの。こんなにたくさん食べられるのかと思いましたが、おいしさのあまりあっさり完食です。
 カレーも3日間じっくり煮込んで熟成させたという「王様」カレー。風味抜群で全く文句ナシ。固形物として、カレーとは別に調理されたチキンとジャガイモが加えられています。

 ただ、カレーはかなりオイリーだし、ナンもバターが強く、全体として脂肪が高めのよう。本物のカレーとはこういうものなのでしょうが、自分にとっては双方ともややくどいと感じてしまいました。若かりし頃はこういう味こそが美味なのだと思えたものですが、齢はとりたくないものです。

 やはり昼メシは、醤油味のする、もう少しあっさりの方向に振れたものがいいかもなあと改めて思ったところ。
 漬物とか納豆とかで白いごはんが食べたくなったなあ。ホウレン草のおひたしを添えてちょびっと醤油をたらして食べたらそれもうまいだろう。飲み物は味噌汁だろうが、茶でも十分だな。よし、今夜はそれでいくことにして、帰りに買っていこう。単身赴任中だから、そのへんは自由自在なのだ。
 それにしても、やはり根っからの日本人なのだなぁ、俺は。
tojou 201512

 勤務地から自宅に戻る途中で寄ってみた、戸沢村名高にある「戸城(とじょう)」。もちろん初訪問。店の近くには村の公共施設がある程度集積している様子。そういうところで働いている人などの需要を一手に引き受けているのだろうと思われます。

 焼肉丼とミニラーメンのセット850円。
 セットものは、カツ丼、肉丼、焼肉丼の3種。カツ丼はついこの前秋田で濃厚なヤツを食べたので、このたびは焼肉丼をチョイスしてみたところ。

 伸びるといけないので、まずはミニラーメンから。
 その名のとおり「ミニ」で、だいたい一人前の半分ぐらいの量だったかな。味噌汁に毛が生えた、といえば言い過ぎでしょうが、沖縄の定食屋ならばこのぐらいの量はそばスープ(もちろん沖縄そば)として当然に付いてきます。まあ、きちんとチャーシュー、メンマ、ネギが入っているので納得はいくのだけど。
 焼肉丼の単品なら680円だから、こんなものなのかな。

 焼肉丼のほうは、つくっている時からいい香りがしていて、ニンニクのパンチが効いた食欲をそそる甘じょっばいタレがかけられたもの。豚バラ肉とタマネギをそのタレでジュジュッとやったシンプルなものが表面にたっぷりと乗せられています。
 それにしても、その下のご飯が苦笑してしまうほどに多い。このどんぶり、けっこう深いのよね。(笑)
 でもまあ、濃いめの味付けなのでどんどん腹に収まってしまいました。

 キュウリのぺそら漬けもたんと食べてねというぐらいにたっぷりで、添え物としての位置取りを逸脱していました。

 鄙にありながら、なかなかいい仕事をしている店でした。
angels 201508

 喫茶店でありながらスペシャルで美味なカレーを供する店だという「CAFE RESTAURANT Angels」を初訪問。
 店の前の駐車場がちょうど1台空いたところだったのですんなりと入店。しかし店の中は満員で、どの人もカレーを食べているではないか。

 一人なのでカウンターに席をとって、スペシャルカレー840円を注文。
 どーん!と登場。
 いやはや、旨い!
 カレーは非常にスパイシー。口にそのまま放り込むには大き過ぎるような肉の塊が4つほど。ニンジン、ジャガイモなどの素材の姿も見られます。
 ごはんにかけるというよりも、おかずとして食べるような濃いめの味付けで、特にハチミツか砂糖の甘さが強めに感じました。

 「スペシャル」と言うにふさわしいのは、カレーの下に野菜炒めがあること。
 キャベツ、モヤシ、ベーコンなどを軽く炒めたもので、これをカレー、ごはんとともに食せば、これまでに経験したことのない食感。キャベツの大きさや、カレーと野菜炒めの量のバランスも、いいと思う。
 これをスプーンではなくフォークで食べるというのがこの店流なのだそうです。

 大盛り不要のボリュームがあるし、カレーにつきもののトンカツも不要、これで十分に満足できました。

 店の奥に位置する外光の入らないカウンターで撮った写真は、光量が足りずややピンボケ。窓際のテーブル席で食べられたならなおよかったのだけどな。