☆末廣ラーメン本舗山形駅前分店の中華そば ~山形市

カテゴリ: 山形市内のラーメン

suehiro-yamagata 201706

 飲んだ後の一杯が食べたくなり、駅前の一角のビルの地下にある「末廣ラーメン本舗山形駅前分店」を初訪問して中華そば(並)700円を食べました。

 末廣ラーメンは秋田に本店があり、東北の各地や東京高田馬場などで店舗展開していて、山形店のオープンは2016年の秋ごろだったようです。
 かつて24時間営業の秋田駅前分店で朝ラーメンを食べたことがありましたが、あの味が山形でも食べられるようになったわけで、喜ばしいではないですか。

 屋台のラーメンと銘打っていて、どんぶり全体から窺える雰囲気はジャンキーな感じですが、スープの色と味の濃さ、そしてピラピラの豚バラチャーシューがこれでもかと入っているあたりに、深遠なる戦略性を秘めている一杯のように思います。
 麺は細めのストレート。

 そして、ココの一番のウリは何と言っても“ネギ入れ放題”なところ。ネギ大好きなこちらとしては、どんぶり全体のバランスが崩れるぐらい、つまりは、ラーメンを食べているのかネギスープを食べているのかわからなくなるぐらいに、たっぷりとネギを投入していただきました。

 〆ラーは健康によくないことを知りながらついつい食べてしまい、深く反省。でも、食べれば満足なんだよナ。

スポンサーサイト

編集 / 2017.06.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆ラーメンゆうじの野菜みそラーメン ~山形市

カテゴリ: 山形市内のラーメン

yuuji 201706

 ウチの子どもが小さかった頃だからかなり前、家族で入店して大盛りをたのんだところかなりの量でマイッタ記憶があります。店主が「ウチの大盛りは2玉使ってっからな」と言っていたのを今でも覚えています。おそらくそれ以来、2回目の訪問となります。

 観光物産館駐車場内にある店は、黄色ベースの色とたくさんの幟、○○で紹介…の文字などでけっこう派手なつくり。外観の派手なラーメン店はいろいろな意味で要注意であることを体験上知っているのだけど、ここはどうかな。店から漂ってくるのは動物系の強い匂い。むむっ、いいんじゃないの。

 店長おすすめだという野菜みそラーメン800円。ところが精算時は864円。ん、800円じゃないの? どこに外税と書いてあったのだろう。まあいいけど。
 普通サイズのどんぶりに目いっぱいのボリュームで、食べ甲斐がありました。
 チャーシュー3枚に煮卵1/2も入って、モヤシ中心の野菜もたっぷりです。辛味噌、青海苔などがあとがけされています。

 意外な点が2つ。
 ひとつは、スープにかなり強めの酸味があること。
 味噌ラーメンというと、味噌の熟成した味や香り、そしてその奥にある甘みなどが魅力なのですが、ここの味噌スープには明らかに酢が入っていて、けっこう酸味がきついです。そのため、コクよりキレが際立ってしまい、正直言えばやや違和感がありました。気にする人には気になると思います。

 もうひとつは、イカゲソの細切れがパラパラと入っていること。野菜を炒めるときに豚肉に代えて入れたものでしょうか。塩・醤油の海鮮系五目ラーメンならいざ知らず、普通の味噌ラーメンにイカとは珍しいと思いました。
 ああそうか、コクが薄いと感じたのは、ラードや豚肉が使われていないからなのかな。

 そういうことで、ここでしか味わえないかもしれないかなりユニークな味噌ラーメンでした。
 消費税は余計だと思いますが。

編集 / 2017.06.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

☆俺の中華たなか家本店の俺のつけ麺しょうゆ+まかない飯 ~山形市

カテゴリ: 山形市内のラーメン

oreno-tanaka-hon 201704

 5回目の訪問。この店ではこれまで中華そばと味噌ラーメンを食べているので、今回はつけ麺しょうゆとまかない飯、710+130円にしてみました。

 見た目が素晴らしく、食欲がそそられます。白髪ネギのシャキッとしたルックスとゴージャスなチャーシューあたりがウリのポイントになっていると思う。
 ここの麺は極めて上質なので、つけ麺で食べてもおいしくないわけがありません。多加水太麺の手もみ縮れ。山形地域ではトップクラスを走り続ける麺と言っていいのではないでしょうか。

 つけ汁もキリリと熱く、それの表面が脂で覆われて冷めにくいので、中盤以降まで食べ進めても熱さが失われません。
 丁寧なつくりで魚介風味が勝る濃厚な味わい。摺り胡麻が効いています。
 中華そばの場合は塩辛さが強めですが、こうして食べる分にはちょうどいい味わいでしょう。

 まかない飯は、これで130円?という高いグレード感。ここに来たならこれを食べなければ損をします。
 セルフの漬物とともにうめえうめえとかっ込みます。

 フィニッシュは残ったつけ汁にたっぷりとわりスープを注ぎ、やや薄味ぐらいにしてレンゲでずずっと啜ります。
 ああ、うまかったなぁ。食ったなぁ。
 高い至福感は健在。いい店ですよ、ここは。

編集 / 2017.04.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

Author:RINSHO
土日の食べ歩きでの、山形のラーメン、定食がメインです。


にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

月別アーカイブ

welcome and welcomeback

now

現在の閲覧者数:

検索フォーム