新潟市長岡の安福亭(あんぷくてい)のラーメンです。

 このところのマイブームは、新潟は燕・三条系のラーメン。背脂チャッチャ系とか言ってスープが一部のマニアから大絶賛を受けていますが、それよりも、特長はぶっとい麺。これが実に食べ応えがあり、これこそが我が満足感につながるのですな。
 濃厚なスープはあくまでもそのような麺とのマッチングのために培われてきたものと思うのですが、地元新潟の方、いかがお考えでしょうか?

 燕・三条の有名店で、フードバトル決勝の舞台になったこともある杭州飯店でも食べました(これも美味かった!)が、おれはココよりも安福亭のほうが好きだ。

 その理由は、ただでさえ美味いラーメンに、なんとネギが入れ放題なのだ!
 はい、もう、たっぷりと入れさせていただきました。食べ始めにどさっ! 途中でどさっ! という感じで。(笑)

 安福亭のラーメンを食べるだけのためにまた長岡に行きたいなと思っている今日この頃でアリマス。
スポンサーサイト