昼休みにGO。
 マイフェイバリットラーメンショップのこやなぎの近くにある店。市内の北東寄りにある職場から、西の端まで、昼休みの1時間内に易々と往復できる、米沢という地方都市のコンパクトさがなかなかいいですね。

 メンマラーメン650円を注文。
 このメンマ、タケノコを縦に割いた長いもので、柔らかくてとても美味い! いわゆる穂先メンマというヤツ。
 それに、ラーメンに100円プラスしただけでこれだけたくさん乗っかってくるのもうれしい。

 某サイトでは「特徴がなく、米沢のラーメン屋100軒のスープを全部混ぜるとこのような味になる」などと酷評されていますが、そんな平凡なものではなく、主張は控えめかもしれませんがその店らしい十分なうまみも備わっていました。
 やっぱり自分の舌で味わってみなければわからないものですね。

 写真ではよく見えませんが、チャーシューも老舗風のパサパサ系のものが入っているし、ナルトはもっちりしていたし、わりと高いレベルでバランスがとれていると感じられます。
 麺は、まあ、米沢ノーマル。こちらのほうは特徴がないといわれればそうかもしれない。
 希望を述べれば、ネギは刻みたてのものを入れてほしいなぁ・・・。

 広めの店内にカウンター席も多く、昼の時間にしては客は少なめ。騒がしくない雰囲気を好み、一人でふらりと赴く人なんかには案外コンフォータブルかもしれません。

(2009年9月記)
スポンサーサイト


 今回の琉フェス東京行きで宿泊したのは大塚。その繁華街から少し離れたところにある大塚大勝軒で、中華そば700円を食べてみた。

 2回目の来店。前回はもりそばを食べた。それも美味かったが、となりの人が食べていた中華もうまそうだったので、今回はそれを。

 午後の時間帯なので、幸い待つことなく着席。しばらくしてどどーんと登場。
 ひゃあ、ボリューム満点!! 麺が泳いでいない。フツーの店の大盛りのボリュームだ。

 自慢の自家製麺は、太くて、すこーし縮れが入っていて、透明な艶も感じられて、こりゃあ美味。もりそばもいいが、こうして食べてもこの麺は美味い。存在感がとてもあってよろし。龍上海の麺にも相通じるところがあると思った。

 スープは、節が強く、いろいろなものから取ったと思われる、ややとろみすらあるコク深いもの。上手に臭みを消しているなという印象。反面、ダシがきついからなのか、醤油本来の味や香りは後ろのほうに引いている感じがします。

 チャーシューは、ごっついものが2枚。美味いけれど、スープとの相性はどうかなぁ。また、メンマも逸品という風格はあるのに、メンマらしい味がしないのは少し残念。

 でも、このハイレベルでこの量なら、この店が徒歩20分の彼方にあったとしても、おれなら近くの他のラーメン店はすべて素通りするだろう。
 うまいのだよ、大勝軒は。

(2009年9月記)


 9月20日、琉フェス東京を観に行きました。
 そのインプレは明日あたりから掲載することとして、まずはメシで~す♪
 京王線千歳烏山駅近くにあるオリジン東秀チェーンで。

 どこでも食べられるようなチェーン店なのに、とりわけココの支店にわざわざ出向いて食べるのには、深~いワケがある。
 いにしえの昔、おれは世田谷のこの地に2年近く下宿していたことがあるのダ。

 金がなかった学生時代、この店は、バイト代が入って、ちょっと今日はフンパツしようか・・・というようなときに行った店だった。
 麻婆豆腐やホイコーロー、酢豚などの各種定食がウリで、いずれもたしか400円前後で食べられたと思う。

 その店に何十年ぶりかで訪問する、という趣向。
 店は、まだ同じ場所にそのままの姿で、あった。感激である。
 喜びすぎて、店に入ったのが開店数分前だったことを知り、いったん辞去して、数分後に再入店という体たらくでアッタ。(笑)

 時空を超え、かつてを思い浮かべながらこの店で食べる、ということが眼目だったので、べつにメニューにはこだわらない。
 注文したのは、Bランチ620円。単品でたのむと710円、ランチタイム以外の時間帯でセットでたのむと670円。この刻みが学生のフトコロに微妙に訴えるものがあるのだろう。

 シンプルかつ安直なデキではあったが、まあ納得。
 店のつくりや雰囲気も昔のまま、というのが泣かせる。

 それにしても当時駅周辺にあった店のうちで残っているのは、ココと菓子舗のたちばなぐらいのものではなかろうか。
 よく行った喫茶店「ペニーレイン」も、踏切近くの蕎麦屋も、南口のサンマーク書店も、バイト先の京王メガネセンターも、徹マンした雀荘も、はずれのほうのインベーダーハウスも、すべてなくなっていた。
 そして、駅前の繁華街は以前よりも数段パワーアップしていた。
 少し残念な気がするが、時の流れとはそういうものなのだろうな・・・。

(2009年9月記)


 故あって、店名を伏せる。

 ある水曜日に深酒し、明けて木曜日は今度は山形で酒飲みの予定。
 これもまた、顔ぶれから想像するに深酒になることが必至のよう。しかも夜6時からなので、終業後に米沢を発つと開始時間に間に合わない。
 なので、“このまま行きたいけどダメ!少し休ませて、ハアハア・・・”ということで、午後に休暇をもらい、山形に戻るときに立ち寄ったのがこの○○。

 前夜の余波で朝めしなんぞ食べる気分ではまったくなかったのですが、午後2時近くともなれば多少食欲も湧いてくるというもの。昨夜はラーメンだったし、メシだよな、昼は。

 アジフライ定食700円。
 量が少なそうなものを選んだつもりだったのですが、良心的な定食屋にはそんな甘っちょろく惰弱な精神性は通用しない。ご覧のとおり、しっかりしたものが運ばれてきました。

 フツーの大きさのアジフライ3枚。それには今切ったばかりですというような新鮮な千切りキャベツとレタス、トマト、ポテトサラダが添えられます。
 小皿には自家製と思われるタルタルソースとカラシ。魚のフライにカラシという組み合わせは初めてお目にかかる組み合わせだな。
 浅漬けの白菜と、モヤシ・ホウレンソウのおひたし。
 ここもまたごはんはふっくらで美味。味噌汁もいい味出しています。

 ココは魚が得意の店のよう。店内にはサバやサンマ、カツオなどの魚をメインとしたたくさんのメニューを掲げたボードがあり、来店した客たちは皆さん、このボードをしばしの間睨み、意を決して注文していました。

 しかしデスネ、おひたしに青虫が入っていたのにはゲンナリ。
 おれは大人だから取り立てて文句を言ったりはしないけど、初来店の印象としてはちょっと・・・。
 それだけ減農薬なのだろうと自分に懸命に言い聞かせて、静かに退却です。

 魚料理が食べたくなったらまた行こう。
 今度青虫が入っていたら、そのときは容赦しないから、覚えておくように。(笑)

(2009年9月記)


 米沢市内で、いわゆる本社(山形市)からやってきた仕事関係者と痛飲。
 料理付き、呑み放題で5千円で、冷酒を含めて何を飲んでもいいなんて言うから、ついガバガバ呑んでしまったではないか。都会の方、羨ましいでしょ、この値段。

 1次会は21時過ぎまでやっていたと思うのですが、それをあがったあたりから記憶が曖昧模糊に・・・。(笑)
 で、2次会処は地元のオマエが案内しろとか言われ、じゃあギョール(餃子とビール)でもやりますかということで、ワケワカラン状態のままたどり着いたのがこの「ラーメン博(はく)」。地元ってあーた、それ、違うぞ! おれも初来店ナンスけど、ココ。

 そんな状態で食べたラーメンなので、明快なコメントなんてできるはずがない。(笑)
 値段も不明。味も不明。・・・でも、写真だけはしっかり撮っているおれっていったい。

 呑んだ後の締めのラーメンとしては米沢の夜の街のメジャーのようなので、そのうちまた行く機会があるでしょうから、詳しくはまたそのときに・・・。

 ホテルの一室にたどり着いたのは24時近かったと思う。(それすら曖昧(笑))

 翌午前2時まで営業です。

(2009年9月記)


 職場で主催した会議の際に、お集まりいただいた方々にお出ししたお弁当です。
 せっかくですので、仕出し屋のものではなく、元気な奥様方が地元産の食材を使ってつくっている手づくり弁当にしてみました。

 「よしじま四季の市」の紅大豆弁当。お茶つきで1,000円、なのかな?
 ごはんには大粒の紅大豆が入っています。ふっくらしていて美味。やっぱり山形はごはんがうまい! これだけでかなりのアドバンテージがあります。
 おかずは、地元米沢牛のすき焼き風や、菊の葉のおひたしと枝豆の和え物など。地場の食材を上手に使って、なおかつとてもヘルシー。
 ご高齢の方が多いお客様にはとても好評でした。

 お近くの方は利用してみてはいかがでしょうか。
 予算に応じてオードブルなどの注文も受けているそうで、数がまとまれば配達も。
 今回は会の代表の方から、グループ紹介や食材の内容などについて説明までしていただきました。どうもありがとうございました。

 おかげさまで会議は和気藹々。加えて、お客様から地場の茸を使ったおこわや漬物、地域に伝わる珍しい保存食の差し入れなどもあって話は弾み、多くの方々から県政に対する意見を聞くという目的は概ね達せられたように思います。

(2009年9月記)


 市内中心部のきよえ食堂に行ってみました。
 けっこういい評価を得ているようなので、期待して。

 ワンタンメン700円を。
 米沢ラーメンだけあって、ほとんど待つことなく運ばれてきます。
 極細のちぢれ麺。いわゆるひとつの米沢~っというような独特のクセが少なく、米沢ラーメンというものはねぇ・・・なんてことすら意識させないような、シンプルな細麺です。まぁ、うまいの範疇。
 ワンタンもトロプルでうまい。メンマもしゃきしゃきしてうまい。

 でもなぁ、なんというかその、スープですなぁ・・・。
 一口目でスープの凝りようのなさがわかってしまうというか。
 はじめこそ生姜の香りが感じられてよかったのですが・・・。
 言ってしまえば、とても淡白なスープなのです。コクがないというか。
 黒胡椒を振って香りとコクを加えてみたのですが、どうにも・・・。

 ラーメンはあっさりが一番!!と思っておられる方向けかな。
 おれはあっさりは嫌いではないが、深い味わい自体まで否定するものではない。そのため、ココは自分には合わないかもしれない。

 見た目はいいのだがなぁ・・・。期待が高かっただけに、あなくやし。

(2009年9月記)


 某サイトで見たさかえ食堂の麺は、なんだかにゅるにゅるでうどんのような見た目。これはそのうちぜひ食べに行ってみなければならんなぁと思っていましたが、そのチャンスが到来。

 運ばれてきた中華そば大盛り650円は、予想どおりオリジナリティ高い逸品でした。
 麺は中太というよりも、これは太麺の範疇。形状はストレート系ですが、それなりに手もみがほどこされているようで、微妙な縮れを伴っています。
 風味は、まぁ、ラーメンなのですが、うどんに近い感じ。にゅるっとした感じはなんとなく長井の新来軒の麺に似ていなくもない。

 スープは極めて薄味。そのこと自体は嫌いではないのですが、それゆえか、ラーメンとしての存在感がいまひとつという印象。もう少しコクを演出すればいいものになるのかもしれません。
 チャーシューは月並みですが、メンマはグッド。

 クセになる人は結構いるようで、店内は客が耐えることがありません。
 しかしまぁ、その店たるや、えらく狭い。
 テーブル席2、座敷席2。肩寄せあってぎゅうぎゅう詰めで15名が限度でしょう。
 おれの座った席は3人掛け。4人目の場所となるはずの位置には冷蔵庫。おれのすぐ後ろに給水器があるのですが、水をゲットするには体をひねって目いっぱい腕を伸ばす必要がある。
 さらに、トイレの入口は、テーブルのすぐ脇。着席している2人が立たなければ入れないのではないだろうか。

 厨房はドアで仕切られていて、発注はそのドアを開けて、中の人に○○ねっ!と声を掛けるのがしきたりのようでした。
 客のおじさんが食べていた焼きそば700円がおいしそうだったナ・・・。

(2009年9月記)


 2回目の訪問。
 腹減ったな~、今日は職員食堂じゃないところでちょっとおいしいご飯ものを食べたいな~、と考えたときになかなかフィット感がある店。

 座敷が主ですが、カウンター席が4席ほどあって、これがまたゆったりとした椅子。
 目の前で揚げ物を調理しているので少々油っぽいのですが、それさえ我慢できればくつろぎの時間が得られます。

 この日の日替わり定食800円は、鶏の唐揚、しめ鯖、揚げピーマン、ホウレンソウとモヤシのおひたしなど。
 ドウデスカ、これでたったの800円。

 唐揚は、それだけゴロゴロと出てくるのではなく、ドレッシングをまとった野菜(キャベツだけでなくキュウリやタマネギなども入っている)とともに、クルトンをトッピングして。
 しめ鯖には新鮮なミョウガが添えてあり、これとともに口に運べばウマウマ。
 ごはんは真っ白でいい焚き加減だし、味噌汁もダシが効いていてうまい。
 食後は、地元産と思われるブドウの剥き身が入ったワイン味のゼリーで一息です。

(2009年9月記)


 同名の店が米沢市にもあるのですが、こちらは南陽市郡山の幸来軒です。
 米沢の幸来軒が典型的な米沢ラーメンなら、南陽市の幸来軒は典型的な赤湯ラーメンである、というところがおもしろい。

 中華そば580円。
 小さいラーメンどんぶりに目いっぱいという感じの盛り付け。これもまた赤湯風?
 写真では麺が極太に見えますが、それはどんぶりがとても小さいからです。

 その麺、中太の手もみ風の縮れ麺です。美味しいのですが、いかにも製麺所製らしいなあという印象が強いもの。
 それはどういうものかというと、まず透明感がありすぎること。それに加えてあまりスープを吸わないタイプのようで、かっちりとした硬めの食感。そのため麺とスープの渾然一体感が薄いです。
 伸びないという長所はあるのでしょうが、スーパーから買ってくるラーメンを食べているような感じがしないでもないのですね。

 それでもデキが悪いかというと、そうではありません。
 自己主張のつつましやかなスープが啜るほどに美味だし、細割きのメンマや小ぶりのチャーシューはなかなか通好みのするものでした。
 しっかり感があり、くどくないあっさり系の赤湯ラーメンが食べたいときには、この店はいいかもしれない。

 スープがあまり熱くないところは、本来はマイナスなのですが、夏のこの季節ならばそれも許せるのではないか。

 カレーライスとのセットで千円以下のメニューなんかもありましたよ。

(2009年9月記)


 ラーメン激戦地の山形県にあって、とりわけ南陽市の宮内地区は、小さい独立系ラーメン屋が百花繚乱。奥が深いというか、各店はこれで経営が成り立っているのだろうか。

 そんな店のひとつ、こうちゃんラーメンの中華そば大盛り550+100円を食べてみました。

 夕食時の訪問でしたが、客はいず、おじさんが一人で店を切り盛り中。おれが発注したあとに地元高校の男子生徒がどやどやと5人ほどやってきて、店内はにわかに活気づきます。

 運ばれてくるや、赤湯ラーメン独特の魚介系の強い香りがあたりに漂います。そうそう、これこれ、赤湯ラーメンはコレですよ。
 麺は、このあたりには珍しく平打ち。ある程度の太さがあり、縮れの具合もいいのですが、赤湯地域ならばもっと太くて存在感のあるしっかりした麺を使ってほしいというのが個人的な感想。食感としてイマイチもの足りない感じがします。

 スープについては、香りこそグッドなのですが、口に含んでみての印象は、「コクがない」ということ。これを単なる「薄味」「あっさり」と言っていいのだろうか。それぞれの感じ方なのでしょうが、おれはそうは感じませんでした。絶対に何かが足りないゾ。入れ忘れか?!

 メンマ、ナルト、チャーシュー、ネギに加えて、ワカメ、青海苔、最初から黒胡椒。きゅうりの漬物4切れつき。

 期待が大きかっただけに残念。
 初物としてはこういうのもアリかということでなんとか納得できましたが、再来店の可能性はあまり高くないかもなあ。
 あ、好みは人それぞれですから、美味いかどうかはぜひ自分の舌で確認してくださいね。

(2009年9月記)