sakaeya 201107

 上山の名店は、見つけにくい小さな路地にある――ということを実証するかのような店が、もう1店。
 ココも上山の人気店のようでしたので、追加して電撃訪問。

 中華そば600円。
 前出のいく代やぶそばのラーメンと比較してみると・・・。

 麺は、まったくちがっていて、細ちぢれ。自家製麺らしく、麺によけいな味がついていなくて好感。そしてまた、米沢ラーメンのようなほろほろ感が感じられて、い~い喉越しです。
 自家製麺こそ麺の王道と考える自分としては、細ちぢれのこの感覚とあいまって、最高評価を下さざるを得ないでしょう。
 まぁ、外形的にはこれほどに両者は別物のように見えても、食べていていずれも山形ラーメンだなぁと感じることができるのですけれどもね。

 スープは、2店に類似性あり。いずれも旧来型の店としては非常にこってりなのです。
 どちらかといえばいく代やぶそばのほうがその度合いは高いですが、それぞれの麺との相性を考えれば、いく代はいく代で、またさかえやはさかえやで、それぞれベストマッチだと思います。
 さかえやの麺といく代のスープがひとつになったらと考えると、あまり合わないような気がするしなぁ。

 ほうれん草のおひたしが添えられて、いかにもこのあたりのラーメンといった佇まいです。
 ネギが豊富に載っていて、メンマはいかにも筍といった感じのシャキシャキもの。チャーシューは、小ぶりながらも厚みのあるしっかりモノ。

 申し分なし! また来たい!!
 今度は大盛りでいきたい!!!
 こういう店こそ、いつまでも営業していてほしいと思いますね。
スポンサーサイト
ikuyo 201107

 ウェブでこの店のラーメン画像を見て、あまりにもうまそうなので、電撃訪問。

 ラーメン600円。
 山形ラーメンの範疇なのでしょうが、オリジナリティがきわめて高い名品でした。

 まず特徴ありありのスープ。盛り付け後に注入したものなのか、ラードと思われる脂分がたっぷり。
 新作系の店の中にはありえないくらいの量の脂を加えるところもあったりしますが、そのような極端さではありません。しかし、従来型のラーメンとしては、このくらいこってりのスープはめずらしいと思うなぁ。
 ワイルド感のなかにもある種の繊細さが感じられて、これがまた美味なのだ。

 麺のほうは、これまた独特。太さこそこの界隈のノーマル程度ですが、ちぢれのない、まったくのストレート。
 食べる前こそ、見た目がなんだか東京や横浜、果ては博多あたりのまっすぐ系と類似していて、自分としては興ざめだったですが、食べてみれば、山形ラーメンなのですなぁ、これが。
 この不思議感ははじめての体験です。

 メンマは割り箸を3センチ間隔で刻んだような形状で独特だし、チャーシュー、海苔ともに2枚だし、最後に添えたナルトが鮮やか。

 さすが、上山の人気店。申し分なし! また来たい!!
 今度は大盛りでいきたい!!!

 上山の名店は、見つけにくい小さな路地にあるものなのですねぇ。(感嘆)
kencho 201107

 昼食は、ココから弁当を取り寄せて食べるパターンが多い。その他のメニューについても、つゆもの以外は部屋まで出前してくれるのでとても便利なのです。
 ここから以外では、別の宅配弁当屋に注文するとか、近所の食堂から出前をとるとか、売店等からパンなどを買って食べたりしています。

 さて、午前中。今日は弁当というよりもカレーとかが食べたいなぁと思っていると、同僚がオムライスを注文するとのこと。あ、それ、おれも乗った!

 ということで、オムライス590円を。オムライスを食べること自体、十何年ぶりなのではないかな。
 サラダ付き。右上のスイカは、たまたまいただいた到来物を添えてみただけですので、料金には含まれません。

 いやはや、すごいボリューム。なにせ卵の下のごはんがぎゅう詰めで、そうだなぁ、ドンブリ飯1.5杯分以上ぐらいは軽くあるゾ、これ。十分すぎるくらいに納得できる量だ。(嬉・恥)
 卵はふわふわでよろしいし、ケチャップライスに含まれている具の量もたっぷりで、味自体も家庭的な感じすらして問題はありません。

 できれば熱々のうちに食べたかったけど、ま、昼休みの時間に持ってきてもらって食べるのだから、それは高望みというものかな。
yachiyo 201107

 先だって山椒そばやに行って以来、上山にはけっこう中華そばの名店があるのではないかと思い当たり、週末には再び上山へ。

 このたびは市内中心部の八千代食堂に赴き、ラーメン&ミニ天丼セット750円を試してみました。
 ラーメン単品が550円。これに200円プラスして天丼が食べられるというので。(嬉)

 この店、手打ちラーメンがウリのようです。ラーメンは麺が最も重要と考える自分にとっては僥倖。
 ひと目で手打ちとわかる麺は、黄色、クリーム色というよりも白色に近く、わずかに色にくすみがあって、不要な塩分などが加えられていない淡白な味。いいなぁ、手打ちだなぁ。
 長さは短く、豪快にすすり上げるにはショートめ。ちょっと油断すると、箸でつまみあげたときにプツンと切れたりするところが多少ネックになっているかな。

 手打ち系の店にありがちですが、スープについてはあまり吟味がなされていないようで、醤油味が強すぎ。ダシは強調されていませんので、醤油だなぁという印象です。
 もしかしたら手打ちの店には、手打ち麺を堪能させるためにスープはわざとシンプルにする、というような法則性があるのだろうか?!

 天丼ほうは、イカ、海老、えのき、シソ葉、ちくわ、蟹かまぼこの6種。丼つゆが多めにかけられており天丼のテイストを十分に楽しむことができますが、具のグレードや揚げ具合、ごはんの炊き具合などをどうこう言うものではないフツーのものです。

 これで750円!ということに感謝して、ありがたくいただかなければなりますまい。

 これから行こうと考えている上山の店は、いく代やぶそば、さかえやそばや、さぶちゃんラーメン、ラーメン処おいわけなど。
 上山で中華そばのおいしい店やメニューがあったら教えてください。
sankou 201107

 初訪店。やや値段設定が高めのようなので、B級愛好者としては敬遠していたところがあったのでした。
 ところがですよ。実際食べてみると、その値段もうなずけてしまうような内容だったですね♪

 メニュー中、あえて最安値クラスのカニクリームコロッケ定食900円を。
 くどいようですが、B級愛好者はどの店においても基本メニューから入るのが鉄則です。そば屋ならもり、ラーメン屋なら中華そば・・・というふうに。
 カレー南蛮とか味噌バターラーメンなんて、たのんじゃいけない。
 それがいちばん、その店の実力を図るためにも正しい行動だということを身にしみて感じているもので。
 まあ、高いメニューを頼んでみたらてんでおいしくなかった、ということを最も嫌う、というふうにも言えますけどね。

 で、この定食、グレードが高いです。
 コロッケは、カニがたっぷり。そんじょそこらの、たとえばファミレスあたりの冷凍モノとはワケが違います。
 そして、それにかけられているのはフレッシュな酸味が際立つトマトソース。
 添えられた野菜にも紫タマネギのスライスが載るなど一工夫あって、ゴージャス感を醸し出しています。

 小鉢の冷やっこは、醤油で食するのではなく、和風ドレッシング様のタレがかけられ、小エビがトッピング。料理はこのひと手間が大事なのかもね。
 味噌汁、漬物も手が抜かれておらず、評価高いです。

 難点としては、カウンターがないなどのため、ちょっと一人では入りづらそうなところ。
 グルメの同僚や友人などと2人で、というシチュエーションが理想かもしれません。

 様々な洋食とラーメンがセットになったメニューもいくつかあって、そっちのほうも美味そう。
 この店の実力が高いことがわかったので、今後はそのあたりをねらって再訪することになるでしょう。
sanshou 201107

 所用のため上山市へ。
 台風一過で北よりのいい風が吹き、気温が低くてしのぎやすい。ならば、昼は中華そばだね。

 ということで向かったのは、葉山温泉の入り口にある山椒そばや。いいラーメンを出すという噂なので。
 基本メニューのラーメンよりたった100円高いだけのチャーシューメンを、大盛りで。
 650+100円。

 いいですなぁ、この醤油の効いたスープ。
 ちょっとしょっぱめではあるけれど、さまざまなダシを投入して何がなんだかわからなくなってしまったスープなんぞを供する店が増えている中で、こういうシンプルで香ばしいスープを味わえるのはシアワセだ。黒胡椒を少々ふりかけてしみじみと味わってみる。

 麺は、この地区ではノーマルな、つややかな中細麺。
 シナチクなんて、古臭い感じがするほどのもので、しっかりと繊維質を感じることができる逸品。
 チャーシューについても、何の特徴もないモモ系の薄切りが6枚。
 これに海苔1枚と細かめに刻んだネギがやや多めにトッピングされているだけ。

 それぞれに特徴がない、ということはむしろ中華そばの世界では褒められるべきことであって、それらが渾然一体となったときにどの程度の満足感を食べる側に伝えられるかが勝負となる。
 そういった意味では、ここのラーメンは完成度が極めて高いと思いますよ。

 金ちゃんラーメン城西店の中華そばとよく似ている感じ。金ちゃんよりあっさりしていたでしょうか。
zaimokutei 201107

 あ゛、あ゛づい。
 毎日こうも暑いと、日ごろはラーメンは熱いのが基本と考えている人間も、冷たい麺がすすりたくもなろうというもの。
 で、この日の昼は、職場近くの材木亭から、夏の定番メニューである冷やしたぬき手ぶりうどんの出前をとってみました。

 冷やしたぬき手ぶりうどん。大盛りで、520+100円。
 このうどん、前から思っていたのですが、時間がたってもあまりのびないスグレモノで、出前で食べてもうどん特有のもっちりした弾力が残っていてなかなかヨロシイのだな。

 「手ぶり」というだけあって、白くて細身の大量の麺がうねうねとどんぶりの中をうごめいている(いないか(笑))さまは、なんだか女性的な儚げさが感じられるものの、その一方で意志の強いへび女のようなところもあるような気が・・・。

 というのも、覚悟はしていたものの、異常に多い盛りのよさがそう感じさせるのだろうと思い当たります。
 わずか100円増しでほぼ倍の麺量、でしょうか。食べても食べても量が減っていかないという事態は始めのうちこそ頼もしく、またうれしかったりするのですが、そのうちそれがだんだん恐怖に変わっていくことがあるのです。

 むぅ、減らない。一体コレハ、ドウナッテイルンダ?ハアハア・・・などと考える段階になってしまったら、完食はほぼ絶望的。
 過去に沖縄の大衆食堂などで何回か味わったこの恐怖感が、ちょっぴりではありますが、久々に訪れましたですよ。なかなかやるナ、材木亭。

 まぁなんとか完食したものの、チョー満腹のため午後からは勤労意欲の減退が著しいことこの上なし。
 もう若くないんだから、今後はこういう暴食は自粛しなければならないなと常々思ってはいるのですけどねぇ・・・。

 味は文句なし。うどんの中に何本か色の異なる日本蕎麦が混じっているところはご愛嬌。
 分厚いナルトが、蒲鉾本来の味がしてグッド。
 七味の小袋が、大盛りだと2個ついてくるというのも、おかしくもあり。

 ですが、これだけの量を食べてしまうと、腹がすっかり冷えてしまうという課題点が出てきます。
agetsuma 201107

 土用の丑の日ごろになると室の全員がそろうことが難しくなるというので、それじゃあ早いうちにうなぎを食べてしまおうと、親睦会の行事としてうなぎを食する会を開きました。

 会費から出すというのであれば、市内のナンバーワンのものをということで、ココをチョイス。
 「揚妻」という名の割烹として古くから続いており、うなぎを食するならこの店と、この地に住む高齢者なら確実に言うであろう名店です。

 配達されてしばらくたってから食べたのですが、香ばしい風味は損なわれておらず、うなぎそのものも他店のものよりふっくら感があったように思います。
 味の決め手は、なんといってもタレ。これまたまねのできない絶妙なうまさです。

 たっぷりのうなぎが載っていたのでごはんが足りないくらい。
 満足感たっぷりの食後、いくらしたのか幹事に訊いてみたところ、3,450円+税とかなんとか。
 ぎょえっ、さすがに高価。
 でもまぁ、納得のいく美味さだったから許せる。会費から払うわけだし。(笑)
asahi 201107

 またまた残業。
 その日の出前はカツ丼でいくことにしましたが、同僚から、カツ丼ならば材木亭よりもあさひ食堂がいいですよとのアドバイスを受け、あさひ食堂に発注。

 カツ丼、たしか800円。
 たしかに肉はいい、と思います。でも、おれの場合、子どもの頃から安い肉を食べて育ってきたので、縁に脂の部分をまとったような上品でない豚肉のほうが好きなのだな。
 そういう意味では、山形市のとんかつの名店「ちん豚」にも同じことが言えると思う。ここのカツ丼も、肉が良すぎるのだ。

 ということで、いかにも豚肉です、獣の匂いも多少残っています、脂身もいくぶんかついています――という材木亭のカツ丼750円のほうが、おれは好きだ。

 インスタント味噌汁と自家製の漬物つき。
 腹を十分に満たして、この日は翌朝3時までがんばれた。

 ついでに言えば、2日前、材木亭の酢豚定食を食べた日は、翌朝の4時半過ぎのあがりでした。家に戻って5時だぞ。
 こんな生活をしていると、そのうち死ぬなぁ。(笑)
zaimoku 201107

 先に栄幸亭のことを書いたときに、材木亭の出前は200回ぐらいは食べているのではないかということに触れました。
 そうしたところ、このごろ仕事が滅法忙しくなり、またまた材木亭のお世話になりましたので、ご報告しましょう。

 酢豚定食800円。
 材木亭の定食、麺類の中では最も高価なメニューとなっています。

 まぁ、どんなものがやってくるのかは熟知しているのでそう大きな失望感はないのですが、この酢豚、少ない。そして、具が足りない。(笑)

 タレはたっぷりで酢豚の味がちゃんとするのですが、多めの豚肉のほかは、タマネギとピーマン、わずかのキクラゲのみ。おい、ニンジンはどうした。タケノコやシイタケは入らないのか。――ってな感じ。
 これで800円は高いぞ。

 やはり材木亭は麺類に限るな。材木亭メンとか、冷しラーメンとか、冷したぬき手振りうどんとか、やきそばあたりが定番でしょうか。

 姉妹店の栄幸亭のメニューには酢豚定食750円とあったので、材木亭の800円と比較してみなければナラヌなぁ。ま、大きな期待はせずに。
eikotei 201107

 ご近所。かつてはよくここから出前を取ったりしていましたが、店には入ったことがなかったなぁと、思い当たって訪問しました。

 ココは、材木亭との姉妹店って知っていましたか?
 ちなみに自分の勤め先の近くにある材木亭の食べ物は、残業時にこれまでいやというほど食べています。100回以上、いやそんなものではきかないな、200回ぐらいは軽くいっているだろうな。でもまぁ、それなりにうまくて安い。

 今回食べたのは栄幸亭メン650円ですが、これ、材木亭の材木亭メンとつくりかたは同じ。店の基本メニューであるラーメンの上にピリ辛のあんがかかっているものです。
 キャベツ、タマネギ、ニンジン、筍、キクラゲ、豚バラ肉などに鷹の爪を加えてほどよいとろみをつけたものと思ってください。白菜やモヤシが入っていないので、味がゆるくなりません。このあたりが栄幸亭メンの持ち味でしょう。

 スープはシンプルな鶏がら風味。最近はやりのダブルスープみたいな多層構造にはなっていませんが、おれはオマエと決めたらオマエだけをずっと愛するからな、みたいな鶏がらへの一途さが感じられて、ある意味好感あり。
 うまいので、レンゲではじめに15回ほどすくってじっくりと味わいました。

 ここで、自分なりのあんかけそばの食べ方の極意を披露いたしましょう。それは2つ。
 ひとつは、はじめにスープを多めに飲んでしまうこと。
 ふたつは、箸やレンゲに唾液をつけないように注意すること。
 そうすることによってあんのとろみがいつまでも保たれ、そのあんが掬った麺にまとわりついて、うまいの熱いのって。

 蛇足ですが、ここの餃子350円は、デパ地下のうまいもの店なんかで見かけるようなジャンボなサイズのものがナント5個。これに山形米使用のライス200円をつければもうそれだけで十分腹を満たせると思います。

 また、メニューには酢豚定食が750円とありました。安い! ははぁ、材木亭で食べたあの酢豚定食のような感じなのかな?
 酢豚マニアの自分としては、こんどは酢豚で再訪問しなきゃな。
marumori 201107

 市内上町にある、まるもり食堂を初訪問。
 盛りがいい店だと聞いていたので、前から気になっていたのだ。

 中華そば550円。
 牛ダシの効いた、山形ラーメンらしい逸品です。

 スープは甘めで、中華料理店系のものではなく、むしろそば屋のそれのような印象。しかしながら調味料でごまかさずにしっかりとダシをとっているとみえて、なかなかに美味。化学調味料にありがちな食後の悪い後味もありません。

 麺はおそらく製麺所のもの。硬めに茹でてあり、しっかりした喉越しがありました。
 喉越しといえば、山形ラーメンにしてはやや細めのこの麺は、蕎麦を食べるときのようによく喉を流れてくれます。昨晩は日付が変わるまで痛飲(というより暴飲(笑))したので、この喉越しはなかなかにウレシイ。
 この喉越しの感覚は、米沢ラーメンの、たとえば桂町さっぽろの細麺を啜りあげたときのことなどを彷彿とさせます。うむ、あれもうまかった。

 全体として見れば、奇を衒うようなところは微塵もない極めてノーマルな山形ラーメンですが、いやはや、噂のとおりボリュームにはかなりのものがあります。
 普通盛りでも、他店の大盛りと同程度、いや、それ以上の麺の量があります。普通盛りでこれだけの量を食することができるのは、市内ではまるごそば屋、そば処ひろ、やま七あたりぐらいではないかな。
 ココの大盛りはスゴイらしいですが、おれは普通盛りで十~分に満足できました。
 怖いもの見たさで大盛りを頼んでみるのも一興でしょうが、そーゆー人は最後まで残さずに食べましょうね。(笑)