yazawa 201301

 初訪問。市内北部、桧町にある定食屋で、夜は居酒屋にもなるという店のよう。
 
 旗艦メニューの一つとおぼしきチキン南蛮定食650円をいってみました。
 ご覧のとおり充実の一品。
 甘辛いタレとタルタルソースで食べる鶏の唐揚げは、ノーマルの「鶏唐揚げ定食650円」よりもバタ臭い雰囲気があり、しっかりした味付け。
 それに、切り干し大根煮、自家製のキャベツの漬物、ワカメと豆腐の熱々の味噌汁、そして蜜の入ったリンゴ2切れ。
 
 しっかりした味の唐揚げが7個もあるので、ごはんが足りない感じ。100円プラスの大盛りのほうがよかったもしれません。
 いや、でもこれは、ごはんが足りないのではなく、おかずが多いのだな。
 そのごはんも、透明感を湛えたいい炊き具合でした。
 
 味、量、値段などについては定食屋としてパーフェクトだと思いますが、ひとつだけ難点を言えば、メインの揚げものが揚がってから客にサーヴされるまでの時間がかかり過ぎています。
 おじさん一人でやっているようなのでやむを得ないところがありますが、一流の定食屋(という表現には矛盾がある?)は、「熱い」を大事にしています。そして、素早くサーヴするその手際を眺める楽しさ――というのも、定食屋にはあるのだろうと、自分は思っています。
 
 てっきり、矢沢さんという人がやっているので「矢沢食堂」なのだろうと思っていましたが、店内には矢沢永吉のポスターやスポーツタオルなどが飾られ、BGMは永ちゃんのブルースが。
 どうやら店主は矢沢永吉「命」!のようです。
スポンサーサイト
takedaya 201301

 食べログに載っていた竹田家手打ラーメン店の天津メンの画像が旨そうに見えたので、行ってみました。
 ここの手打ち麺はサイコーなので、本当はもっと早く再訪したかったのですが、なかなかその機会がなくて。
 
 天津メンの大盛り、630+100円。
 見て見て、この旨そうなビジュアル。コイツにレンゲを差し込んでとろみの塩梅を確かめると、ほどよい酸味があってよろし。
 そして、その差し込んだ中からこれより薄い色の中華本来のスープが滲み出てきて、あんと混じり合う。う~む♪・・・、そんな様子を眺める楽しみというのは、天津麺ならではであろうな。
 
 玉子の部分は、面積は広いものの、期待したほどの厚みはありません。まぁ、この料金でそこまでの高みを期待するほうが悪いのですけどね。
 しかし、たっぷりのシイタケやカニ蒲鉾などが入っており、パフォーマンス自体は悪くありません。
 
 玉子の下に隠れているのは自慢の手打ち麺。
 ・・・のはずでしたが、今回は、開店直後の最初の客だったためか、麺の茹であがりと卵の焼き上がり時間にラグが生じていたようで、麺が少々伸び気味だったのは惜しまれるところ。
 
 おいしかった。これで麺さえ本来のデキだったら、文句なし。安いし、量も満足できる。
 ほかにカレーラーメンとかネギ味噌ラーメンなんかも美味そうだし、焼肉、麻婆豆腐などの定食もあるよう。
 次回はこのあたりを攻めてみるか、基本のラーメンに立ち戻るべきか、楽しみつつ悩むところです。
mentatsu 201301

 1か月ほど前に麺辰を訪れて、ここの中華そばのデキの素晴らしさに感激し、ある土曜日に再訪。
 食べようと思っていたとっつぁんラーメンは、土・日・祭日は午後3時からで、訪問時にはやっていない。ならば、前回と同じものを食べては芸がないので、坦々麺とミニ鶏そぼろ丼をセットにしてみました。780+180円。
 
 坦々麺は、麺自体は中華そばと同じもの。スープは、辛さをはじめとしたスパイスを効かせた近時流行りの坦々スープとは異なり、辛さを抑えた芝麻醤の風味豊かな、甘みのあるもの。これはいい。美味い。
 そして具は、煮玉子1個分と、挽肉を甘辛く炒めたものがたっぷり。素晴しいのはネギで、刻みたてと思われシャキシャキ感があり、噛めばネギの辛さがたっぷりと堪能できます。
 坦々麺なので仕方ありませんが、あの立派なチャーシューや太硬いメンマが入っていないのが惜しい。
 
 鶏そぼろ丼は、キュートと感じられるぐらいに小ぶりな器に入ってきますが、量が少ないわけではなく、ごはんよりも具が多いようなつくり。具の味がしっかりしているので、よその店の賄い丼よりも具の比率を高めにして食べ進めるとちょうどいいと思います。
 
 麺そのものを味わいたいなら中華そばをチョイスするのが順当でしょうが、麺辰の場合、何種類かある麺メニューは単なる中華そばのバリエーションの域にはとどまっていず、それぞれがオリジナルな存在感を持って、戦略的に設定されているように思われます。
 麺辰、恐るべしです。
goichi 201301

 雪が降る寒い日。こういうときは味噌ラーメンが食べたくなるもの。それも、ギトギトしたものでなく、体が温まるやさしい感じの。
 で、思いついたのが、寒河江の五一ラーメン。これと決めたら、寒河江ぐらいまでならまったく労を厭わない。
 
 五一ラーメンはかつて山形市内に数店あった。おそらくその走りとなった松波店には、平成3年の頃に何度も通ったものだ。
 あのクソ暑い真夏の日々、仕事で半ば自棄になっていた頃なのでよく覚えているのだが、県下の市町村から派遣されてきた職員たちとともに、当時流行りはじめた辛味噌の入った大盛りのラーメンを、連日ワイシャツをずぶ濡れにしながら食べたものだった。
 その味を思い出してみようと。
 
 みそラーメン大盛り、700+100円。
 変わらない見た目。白味噌のやさしい味や、背景に感じられるラードのようなコク、辛味噌を溶かすとガツンな味に豹変するところなども同じ。
 麺も、手もみの具合こそ少々足りない感じがするものの、スープと親和するようなひちゃひちゃとした独特の食感は健在で、ああ、この味だったよなあと懐かしい。
 噛むと甘みが感じられる茹でキャベツ、なぜか五一の味噌にはマッチするワカメ、しっかりつくり込まれたチャーシューなども、昔ながらのものでした。
 
 通った当時は550円だったけれど、今は相応に700円。
 大盛りの麺量も健在で、100円増しは据え置き。
 食後に大量の発汗に襲われるあたりも、以前と変わりませんでした。
asunaro 201301

 よく行くがっつり系食堂。
 ここでのオーダーは、愛好者なら「あすなろ定食」と決まっており、自分も、これまでどうしてもカレーが食べたかったときの一度を除き、すべてあすなろ定食で通してきたクチだ。
 
 日替わりのあすなろ定食には唯一、得手でないメニューがある。それはレバニラで、小鉢にレバーが使われるのはやむを得ないにしても、メインディッシュ全部がレバー味というのはどうも・・・。
 それでもそれを一度食べたことがあるが、比較的レバーの味や舌触りがうまく処理されており、無難に食べることができたのではあるが。
 
 で、久々、今年初めての訪問となる今回は、このレバニラでさえなければ、当然あすなろ定食でいくつもりでいた。
 しかし、なのだ。
 不安を言葉にすればそのとおりになるというか、言霊は確かに存在するというか、この日のあすなろ定食はズバリ、レバニラ炒めであった。く~っ。
 
 では、やむをえまい。長年通い続けてこのかた2回目となってしまうあすなろ定食以外の発注は、しょうが焼き定食830円だ。
 店のオバサンは、いつもとちがってなかなかオーダーしない自分を「注文、いつもの?」という顔で窺っていたが、「しょうが焼き」を宣告した一瞬、ほぉ~♪という表情を浮かべたように見えた・・・のだが、それは自分の思い違いだろうか。まぁ、思い違いだったに違いない。
 
 写真一面に湯気が写り込むほどの出来立てほやほや。ま、今は真冬だからね。
 美味い! 味が濃くないところがいい。
 たっぷりの千切りキャベツ、そして、味噌汁にこれまたたっぷりと入った白菜。このあたりにあすなろ食堂の真骨頂がよく表れていると思う。
 ただやはり、メインディッシュと漬物のほかに山盛りの小鉢が2つ付いてくるあすなろ定食のほうが、コスパは断然、上。
 
 教訓。各種定食もおいしいけど、やっぱりここに来たならつべこべ言わずにあすなろ定食をたのむべきなのだろう。たとえそれがレバニラであったとしても。
suzukishiten2 201301

 寿々喜支店の「お得なセット」のうちのミニカツ丼について。
 
 ミニカツ丼は、ご覧のとおり。
 クオリティとしては、他店でよくサイドメニューとして設定されているようなチャーシュー丼とかの、いわゆるまかないメシのレベルを数段凌駕しており、またボリュームについても、ミニとは軽々に言えない迫力があります。
 
 一丁前の厚みをもったロース肉が使われ、大きく3つにカット。その揚げ方、カツの周りのタマネギや卵などにも手抜かりはありません。
 入店後に漂ってきた丼つゆの香りがそのままここにあり、いい香りを湛えています。あぁ、たまらんなぁ。
 
 中華そばの麺をすべて平らげた後、おもむろに丼のふたを開けて、カツを噛み切ってはどんつゆをまとったご飯をすくい上げて、あわせて咀嚼。幸福な時間だなぁ。
 合間には、濃いめの味が付いたおみ漬けも。そしてまた、紅生姜を。
 ――というふうに、きちんと「カツ丼」として楽しめる質と量を提供しているのは立派と言えるでしょう。
 
 お得なセット、全体としては多少の塩辛さが残りましたが、腹9分5厘の満腹感があり、納得度は高水準でした。
suzukishiten1 201301

 市内五十鈴にある寿々喜支店を初訪問。
 
 「お得なセット」というものがあって、中華そば、かけそば、味噌ラーメン、鳥ソバなどの麺類と、ミニカツ丼またはミニ親子丼のいずれかの丼ものの2つを、900円から1,000円の範囲で食べられるようになっています。
 その中から、中華そばとミニカツ丼のセット900円を食べてみました。
 中華そば単品が550円なので、ミニカツ丼はプラス350円。
 
 店内は、いかにもそば屋のダシの香り。加えて、注文してしばらくすると、厨房から甘辛い丼つゆの香りが漂ってきて、食欲を一層増進させます。もうこのあたりで、店の策略にすっかりはまってしまったかのよう。
 
 まずは中華そば。
 写真を撮ろうとしたところ、上がりたつ湯気がカメラのレンズに向かってしまい、ちょっと失敗。
 醤油味がひきたつ澄んだスープは、ラーメンというよりもかなりそばつゆのテイストに振れたものとなっており、あっさりしていて美味。鰹節、鯖節のほか、シイタケも効いている。
 なのでつい、テーブルにあった七味をかけて食べたくなったりしましたが(笑)、ぐっとこらえて白胡椒をかければ、味にコクが出て少しはラーメンらしくなりました。
 そば屋の副業らしい、こういうラーメンスープもアリなのだろうな。珍しいが、嘘をつかないとても正直な人間と話したあとのようなさわやかさがあり、気に入った。この店には金の斧を贈呈したい。
 
 麺は、特徴らしいものはないオーソドックススタイルのウェーヴ麺。
 細裂きのメンマに溶ける海苔、蒲鉾に老舗スタイルのチャーシュー1枚。
 スープの印象が深く、麺やトッピングはこのスープにさりげなく馴染んでいるので、最早それで十分ではないだろうか。
touri 201301

 夕食を、初訪問の桃李(とうり)で。市内北部、今塚を過ぎて、あそこは馬見ケ崎になるのかな。
 店内が明るいので、夜でも写真は比較的きれいに撮れる、というのも、ブロガーにとってはうれしい。(笑)
 
 メニューのトップに記されているのは、五目焼きソバ。これを大盛りにして750+100円。100円増しでの大盛りは良心的だ。
 
 一見したところ、浜っ子一番(山形市)や七福ラーメン(天童市)の焼きそばを髣髴とさせるなぁと思う。ここの料理人はもしかしたら、浜っ子一番の関係者なのかも。
 
 味はよし。五目あんのとろみ、というよりも「どろみ」もいい。しめじが入っているというのもちょっと珍しい。
 多めの油で一揚げされた中華麺は、一部が揚げ麺になり、一部が焦げ麺になり、一部がそのままという絶妙の配合。これにどろみをまとわせてつい熱いのをそのまま口に入れてしまうので、アチチである。
 さすがトップメニュー。これは美味い。
 量は、大盛りらしい量になってはいますが、美味いので特に多すぎるということはありません。
 
 あんかけ焼きそばって、どうしても強めの油に負けないように塩を多用するのか、食後は舌に塩辛さが残ってしまいますが、ここも御多分に漏れないようです。
 人によっては、食後の十分な水分摂取が必要になることがあるかもしれません。
 
 五目焼きソバを食べるための再訪可能性は、高い。否、確実に再訪アリです。
 また、中華の各種一品料理に200円プラスして定食にできるのだそう。プラスになるのは、カップスープ、漬物、納豆、小鉢、ライス。大盛りもサービス。これはいいんじゃない。
 一品料理の中には酢豚もあるので、このあたりについても体験する必要がありそうです。
katsura-kitamachi 201301

 寒河江由来、肉そばメインの店ですが、ここの中華はなかなか旨いという話を聞いたので、行ってみたところ。
 
 中華そばの大盛り、600+100円。
 噂に違わぬ美味なる中華でした。澄んだスープにきらきらと黄金色に輝く鶏脂。他店とは一味違い、鶏ダシが引き立つ逸品。醤油味も抑制が効いてあっさりしており、鶏ダシのよさを如何なく堪能できる形に仕上がっています。
 
 これに自家製麺機でつくられたと思われる縮れ麺がよくマッチ。中華の麺までも侮れないとは見上げたもの。
 刻みネギがたっぷりというところも高評価。コイツを麺にまとわせ、多少の白胡椒をあしらって口に運べば、至福感は極めて高いものがあります。
 
 虚飾を排した上で、細裂きのメンマがたっぷり、豚のチャーシュー2枚、溶け出さない海苔2枚というトッピングの充実もよし。
 麺量も十分だし、古き良き時代の中華そばの面影を残しつつ上手にソフィスティケイトさせたという印象の、オススメの一杯です。
osakaosho-yamaminami 201301

 お目当てのそば屋が予定時刻になっても開店しない。客商売なんだから時間ぐらい守れよ。
 で、次善の策として、最近オープンした大阪王将山形南店へと赴いてみる。
 
 なかなか繁盛してるな。
 かつて天童店で餃子とラーメンのセットを食べたことがあるので、今回は好物の酢豚を食べてみよう。
 
 酢豚+ごはんセット、690+230円を、ごはん大盛り(無料)で。
 う~ん、ちょっとしょぼい。格別皿が大きいわけでもないのに、酢豚が盛られた皿はスキマが多い。
 酢豚特有のローズ色の炒め油が美しく、味のほうは満足できる。肉はたっぷりだが、タマネギ、赤・緑のピーマン、キクラゲなどの野菜系は少し足りないかな。パイナップル、ニンジンは含まれず。
 
 これに卵スープと市販の黄色い漬物。これで920円というのは、けっして安くはないと思う。
 ごはんの量は、大盛りでも国味の普通盛りにやや劣る程度か。
 
 食後、グランドメニューに添えられていたランチメニューを見れば、サラダもつく酢豚定食890円というのがあった。
 そういうことなら店員は、「定食もございますが・・・」と一言いうべきではないか。まあいいけど。
 
 店内は若い店員たちの掛け声やオーダーする声でにぎやか。それはむしろ、元気がいいというよりも、騒然としている感じ。もっと言えば、うるさくて食べた気がしないというか。
 洗練の度合いは高くない。結局、おれは地元独立系の店のほうが好きなんだ、と思う。
 
 今回の昼メシは不発だったかなぁ・・・。
 ところで、酢豚は「古老肉」と書くけれど、どういう意味でそうなのだろうか?
hanamizuki2 201212

 前述の辛味噌ラーメンとともに注文した肉ギョーザ300円。
 
 どうだといわんばかりのボリュームと、肉汁たっぷりの秀逸な餃子です。じつはこの店、この餃子をメインに訪問したと言っても過言ではないのです。
 満員でしたが、このギョーザをたのむヒトの割合は極めて高い様子。評判いいようです。
 
 で、この餃子、ラーメンを食べ終わっても運ばれてこない。それどころか、自分より数段後に来た客に供されているではないか。この店は食券制なので、注文が入っていないということはないはずなのに。
 なので、店員に「こっちにもギョーザお願いね」と言ったところ、なにかの手違いがあったらしく、店主が丁重に詫びを言いに来て、餃子分の料金を返してよこした。
 そういうつもりで言ったのではないので、運ばれてきた際にその金を返そうとすると、いや、こちらが悪いのだからと。
 でもまあ、ラーメンを食べ終えて10分ほども待っているわけだから、もらっておくかと矛を収める。
 
 その素直な応対はいい。しかし、食というのはやはりタイミングや、食べるときの気持ちというのはけっこう味に大きく影響するものなのだ。
 全体としては、あまりいい印象とはならなかった、と言っておこうか。
hanamizuki1 201212

 未踏のラーメン店のひとつだったので、訪問。
 店イチ押しの辛味噌ラーメン700円を。
 
 ご覧のとおり、「有頂天の元祖」辛味噌ラーメンと容貌は酷似。コンセプトも同じ方向を向いているものと思量されます。
 有頂天のほうがあのとおりインパクトが強いものなので、実食してみてこちらはそれを一段階マイルドにしたような印象があります。
 
 マイルドなので身体にはやさしいですが、なんとはなしに物足りないと感じてしまうのは困ったもの。
 そして麺は、小口に茹でるあの小さい笊を使っているのでしょうか、やたらと絡み合っていて、箸で持ち上げるとダンゴのようになってぐにぐにになってしまいます。これは改良すべきだと思うなぁ。
 キャベツの量は有頂天より少なめ、チャーシューは薄い。
 
 なかなか旨いが、??の部分がいくつかあったということです。
maruya 201212

 味付けとり唐揚げ定食、日替わりの○屋定食に次いで、○屋における3品目の注文は、ミニメンチカツ&味付けとり唐揚げ定食790円。
 
 鶏の唐揚げは、生姜が効いていて竜田揚げの風味がいい。肉も比較的ジューシーで美味。これが2個。
 メンチカツは、「ミニ」とはいってもまずまずのボリュームがあり、量的には十分に納得。作り置きなのはやむを得ないとしても、衣が厚めで、軟弱なプラスティック箸では箸を立てても切り分けられないほどの重厚さがあります。中は熱々でジューシー。
 キャベツは、デフォで和風ドレッシングがかけられ、ちょうどよい塩梅。量もたっぷりなのがうれしい。
 ライスは充実の量。
 
 唐揚げだけからの変化を求めてメンチカツを添えることによって100円増しになるのはコスパ的にどうなのだろう。
 いずれにしても満腹にはなります。