sapporo 201304

 市内北町にあるさっぽろは、古くから手打ち麺の店として知られていて、米沢ラーメンのような細めの縮れ麺は醤油味の中華そばで食べれば最高。“麺”好きにとってはたまらない逸品なのです。
 が、今回はそこのみそラーメンの大盛り700+150円を食べてみました。
 
 ご覧のとおりの、野菜炒めの煮出しスープ系。スープは淡泊で極めてあっさりしていて、炒め野菜に加えられた塩味のほうが強いぐらいです。
 そのスープに、おばさんが持ってきてくれた辛味噌をちょっぴり加えると、味が締まってまた美味い。
 
 下に隠れた麺は、中華と同じ細縮れ。大盛りなのでこれがたっぷり。のびないうちにと急ぎ加減で食べます。
 これが味噌味と合うのかと問われればすこし考えなければなりませんが、ココの場合、麺は麺として味わっているので、大きな違和感はありません。
 
 麺と野菜をあらかた食べ尽くしてからは、レンゲをのけてどんぶりを持ち上げて美味なるスープを堪能。底に残る炒め油がわりの挽肉もいただいて、完食。
 それでも胸焼けがするわけでもなく、喉が渇くわけでもなく、後味はすっきり。ここまで体にやさしい味噌ラーメンは珍しいのではないか。
 あと50~100円安ければ、多少距離があっても通うのだけどなあ。
スポンサーサイト
nojiya2 201304

 横濱家系ラーメンとともに注文した、チャーマヨ丼250円。
 トッピングの刻みネギがからんで絶妙に旨い。個人的には麺よりもこちらのほうが評価が高いです。
 ごはんの量がたっぷりで、これだけでもけっこう腹がくちくなります。
 そういう意味では価格も良心的と言えるのではないでしょうか。
 
 ただ、ラーメンと同様にこちらのほうもチャーシューがしょっぱい。
 麺と丼の相乗効果で喉が渇くというか、水が大量に欲しくなるのが玉に疵なのですな。
nojiya1 201304

 「さわばた」があったところに昨年12月にオープンした「のじ家」を初訪問。
 
 初心者なので、看板メニューの横濱家系ラーメンの並650円を注文。
 味の濃さ、油の量、麺の茹で方を3段階でオーダーできるシステムのようですが、自分としてはこういうのはしゃらくさくて面倒なだけと考えているので、オール普通でいってみました。
 
 味のほうは、これが普通なのかと感じるぐらいとんこつの脂が強くて、何よりもえらく塩辛い。基本、スープは全部飲むのを身上としているのだけど、ここまで濃いとそれは無理だよなあ。
 
 それ以外については、なかなかに充実。メンマが入らないのは惜しいにしても、具も一つひとつ立派だし、このあたりではあまり類を見ないストレート麺もイケル。
 
 おれ、山形のラーメン以外はあまり詳しくないのだけど、こういうのを「家系」っていうの?
kiryu 201304

 上山の弁天交差点付近から国道458を北側に入ったところにある、隠れ名店系の店。
 
 ラーメン大盛り、550+0円。店内で食する場合はいつでも大盛りサービスのよう。
 ここは麺を味わいに来る店なのだなと思わせる、極太、縮れの自家製麺。山形の「ひろや」や「たわら屋」、さらには「ケンチャンラーメン」系の店と形状に類似性がありますが、味わいはそれらとはまた別物です。存在感が大きく、喉越しもよく、極めて美味。クセになる系だな、これは。
 
 スープにはオイリーな感じを醸し出すためか揚げ玉が浮かんでいます。ちょっと見、邪道かとも思いましたが、他店でも最後に旨み添えのために油を足すところもあるわけで、これはこれでアリなのかなと。
 しかし天ぷらというのは、味を和風方向にもってくる力があるのですね。ダシ自体は中華風なのですが、なんだかそば屋で鳥中華でも食べているような気分になりました。
 
 具も立派。たん焼きのような舌触りのチャーシューが2、溶ける海苔、メンマもたっぷり、ネギ、そしてゆで卵。
 
 丼は、一見かけそば用?と思わせる小ぶりのもの。この器ならば、大盛りにしたって量は知れています。なので、迷わず大盛りにすべし。この麺はたっぷり味わいたいし。
 いずれにせよ、これが大盛りで550円ならば文句はあるまい。
ryu-en2 201304

 ギョーザ350円。
 この店を訪れたのはこれを食べたかったから。
 みてくれからして申し分ありませんね。(笑)
 
 アツアツというわけではないけれど、予想を上回っておいしい餃子でした。
 写真ではわかならいかもしれませんが、かなりの大ぶり。だいたい1個は1口では無理。確実に2口分です。
 こころもち厚手の皮はもっちりしており、キツネ色の部分はカリカリ。それを齧ると中にはたっぷりの具が入っており、そこから出たほどよいニンニク臭が鼻腔を駆け抜けていきます。
 具については、ジューシーとか肉汁ジュワーとかのほとばしり系のカテゴリーではなく、きめの細かい具が稠密に詰まっているという感じで、たっぷり感抜群。全体から醸し出されるイメージは「豊穣」とか「ふくらみ」とか「弾力」などの語で表せるでしょうか。
 そうなあ、芸能人の女性でたとえるならば、柳原可奈子といったところかなぁ。
 
 350円の価値、十分にあり。
 ギョーザのほか、チャーハン、焼きそばなども得意とする「焼き」系の店なので、店内は油のぺたぺたでお世辞にもきれいとは言えませんが、またギョーザを食べにくる可能性は極めて高いと思われます。
ryu-en1 201304

 初訪問。
 「中華とギョーザを」とオーダーすると、この商売を限りなく誇りにしていますといった顔の女将風が「は? ラーメンとギョーザですか?」と、今忙しいんだよ風に訊き返します。
 うふふ・・・でも、おれのほかに客は二人しかいないじゃない。その態度は人間としてのキャパの問題なのかも。
 
 で、改めて店に貼り出してある品書きを見ると、ラーメンは「中華ラーメン」と書いてありました。
 ギョーザとともに運ばれてきた中華ラーメン550円は、ご覧のとおり。
 たっぷりとしたスープがいいではないか。
 
 これは意外にも、と言ったら失礼ですが、すごく上等のラーメンでした。
 スープのデキが秀逸なのです。油分が強く、表面部分をレンゲで飲むと唇にぺたぺた感を感じるほどに濃厚。
 そして、これだけオイリーなスープなのに、醤油そのもののいい味がしっかり感じられるのだからすごいと思う。そうそう、ダシの味は違えども、スープ全体の通奏低音のようなものは、龍上海山大医学部前点の醤油ラーメンとよく似ているような気します。
 そのスープとともに浮いている刻みネギを少々レンゲで掬ってこっくりと味わえば、至高の幸福感が得られるというもの。
 この店はギョーザが有名ですが、たっぷりのスープには、その餃子とともにスープもとことん楽しんでくださいねという店側の心意気がこもっているのかもしれません。
 
 しかしながら、油分が強いということは他の味も強めなければ負けてしまうもので、食中の中盤あたりからけっこうな塩辛さに辟易し始めることになります。旨さと強さとの二律背反にどう折り合いをつけるか。このあたりが課題となってくると思われます。
 たとえば、ひとつのアイデアとして、つけめんの割りスープのようなサービスがあったりしたらいかがなものでしょうか。そうすればあの美味なるスープを残さなくても済むのではないかな。
 
 ギョーザについては改めて記します。
mizusawaya 201304

 クリスタ宮城で開かれる、楽天イーグルスのホームゲームを観に行く途中に寄った、JR仙山線の陸前落合駅近辺にある店。
 同行者の一人が言うには、「ココは行列ができる有名店なんです」とのこと。ほほう。で、11時過ぎに行ってみると、11時30分の開店なのに早くも駐車場が埋まりそう。大慌てで駐車スペースを確保し、並ぶ。列はすでに10人ほどが並んでいました。
 
 煮卵入り中華そば(大)770円。
 食べてみて、ははぁ、と。
 麺が激細なのですな。白石うーめんの中華版といった趣。ソイツを大盛りで頼んでしまったのは果たして正解だったのだろうかという疑問。
 懸念したとおり、どんどんのびが出て、食べても食べても減らないという状態に。同行者全4名のうち一人はギブアップ。細麺は苦手だったようです。
 
 とろ~り煮卵、厚切りチャーシュー、正統派のメンマは高グレードですが、みじん切りのネギと彩りとしてのさやいんげんにはやや不満。ネギは小口切り、彩りはナルトが正しいだろ。緑がほしいなら海苔とかホウレン草。
 
 全体としては旨いとは思うけど、やはり自分は山形の人間であるからして、中太ちぢれの口当りにラーメンの神髄を感じます。したがって、これは並んでまで食べるほどのものなのかどうか、と。
 第一、細麺を扱うにしては店員の茹で上げから盛り付け、配膳までの手際が遅く、食べる前から疑問を感じていたので。
 
 少なくとも、こういうコンセプトのラーメンは、山形ではウケないことには確信を持てます。
 ほかのお客はむしろ、チャーハンとか特盛りそばのようなジャンク系を狙ってきているのかもしれません。
daiou 201303

 以前から気になっていた店ではあるのですが、実際に訪問するまでには何度か逡巡したもの。住宅街にある、古くて入りにくそうな構えだったりするので。
 でも、今回初訪問。昭和レトロだという雰囲気をどうしても味わってみたくなって。
 
 開店時間直後に訪問すると、営業中の看板は出ているものの、店には誰もいず。おやおやと思いつつ大きな声で「こんちわぁ!」と呼べば、すぐ隣の部屋から返事をするおっさんの声。なんだよ、近くにいるんじゃないか。
 出てきたのは70代とおぼしきじいさん。
 チキンカツ定食600円を所望すると、それじゃあ始めっかといった風情でおもむろに調理台に火を入れる。
 なるほどなぁ、確かに昭和だなぁ。しかもそうとうに初期の。
 
 L字型のカウンターに10席弱。火を入れてからだから20分は優にかかって注文の品が登場。
 カリカリの衣に包まれた鶏の胸肉のカタマリが4つ。これに、トマケベースでガーリック風味が鼻腔をくすぐるしょっぱめソースがたっぷりと施されています。
 よくぞこれだけしっかりと揚げたものだというような焦げ茶色のカタマリをそのソースとともにかぶりつけば、アッチッチで至福感は極めて高い。
 
 これを「こんなに美味なるチキンカツは食べたことはない!」などと褒め称えるヒトはまずいないと思いますが、空腹に大量のメシと合わせてつっこんだときの幸せといったらありません。きっと濃い味のソースが食欲を痛烈に刺激するのだろうな。
 
 メインディッシュはこれにちくわのフリッターマヨネーズ添えとたっぷりレタス。ほかには青菜漬けと、ひらひらに切った豆腐、ワカメ、高野豆腐の味噌汁がどんぶり仕立てで登場。
 
 食後は舌がひりひりするぐらいの塩辛さがあります。
 なお、ハンバーグと豚カツのジャンボメニュー850円がありますが、自分は普通のメニューでも十分に満腹になれるので、おそらく一生頼まないで終わることでしょう。
 順当にいけば、自分の一生よりも、じいさんの一生、もしくは大王食堂の一生のほうが先に終わりが来るのかもしれないし。
 
 じいさんは作り終えたらさっさと先ほどの部屋に襖を閉めて戻ってしまうし、ほかに客は来ないし、退店するまで終始一人の食事でした。
 でも、再訪問の機会をつくりたいと思わせる何かがこの店にはある感じ。
 その時は何を食べようかな。カツ丼か豚カツ定食かな? 麺類もいいな。
ishiyama 201303

 初訪問。イチオシメニューの味噌ラーメン700円を。
 本当は大盛りをオーダーしたのですが、天井から水漏れがするとかで店の方々があわてていたようで、普通盛りが運ばれてきた模様。大盛りにしては麺が少ないと思いながら食べましたが、会計時に通常料金だったので、やっぱりなと。
 
 結論から言うと、極めて上等な味噌ラーメンでした。そう考える理由は、
 
1 スープがいわゆるサッポロラーメン系のつくりで、炒めた野菜とともに煮出したもの。なので、野菜とラードの深いコクが感じられること。この正統的なやり方を採用する店は、市内では「札幌ラーメンどさんこ駅前店」、「いさご食堂」など、少数派。
2 使われている味噌は、自家熟成のマイルドなもので、芳醇をそのまま味と香りにしたようなスグレモノであること。
3 麺は、おそらくは自家の製麺機でこしらえたものと思われ、それなりに太さのある弾力たっぷりのものが手もみされて、ほどよくウェーブがかけてあること。蕎麦屋の中華麺だと軽々しく侮ってはいけない。
4 野菜の炒め具合がちょうどよいこと。
 
 などが挙げられます。
 
 食べ終えてすぐに、もう一度味わいたいと思わせるような出来映え。
 最近のギトギト系味噌ラーメンとは一線を画し、だからといってパンチ力がないわけではなく、食べる者の首を縦にふらせるのに十分な総合力。これはオススメです。行ってみてよかったな。
 
 この頃はあちこちで意識して味噌ラーメンを食べているところですが、味噌系は、基本の中華そばよりもずっとバリエーションに幅があることがわかってきます。
 いろいろな店の中華そばの微妙な違いを解明するのも楽しいことですが、各店のオリジナリティを楽しむという面からは、味噌ラーメンを極めてみるというのも面白いのではないかと考えるようになってきました。
asunaro 201303

 どこかの店でごはんものが食べたいなと考えると、どうしてもここに落ち着いてしまう、あすなろ食堂。
 
 あすなろ定食750円。
 日替わりとなるおまかせ定食で、今日は何かなという楽しみとともにコストパフォーマンスが極めて高い逸品。
 
 この日は、焼肉、白菜煮、春雨サラダだそう。
 メニューだけ見ればなんてことないような組み合わせですが、サーヴされたものを見て普通の人なら驚くと思う。
 
 ごはんと味噌汁を省略して撮影してみました。
 たっぷりキャベツの上に焼いた豚細切れを載せたものがメインディッシュ。わりと頻繁に供される、あすなろ定食の主力メニューと言っていいでしょう。
 小鉢にこんもり盛り付けられた2品は、もうこれだけでどんぶりメシが食えるほどのボリューム。
 
 というわけで、標準的な食堂のおかずとごはんの比率を5:5とすれば、ここの場合は優に6:4を超えており、よほど調節して食べないと、たいていの人はおかずが余る、またはごはんが足りないといったことになります。
 
 付け加えれば、味は全体的にマイルドで家庭料理のようだし、ご覧のとおり野菜類を多用していますから、食後に脂にやられるようなことはありません。しかし、量は多いので注意が必要でしょう。
kinchan-kami 201303

 金ちゃんラーメンの味噌が食べたいと思い、上山店をチョイス。
 
 みそラーメン大盛り、650+100円。
 ここの麺はサイコー! 自家製の中太で、手もみの効いた縮れ麺。その縮れ具合がじつにステキで、口当たりが素晴しい。
 城西の金ちゃんラーメンもかつてはこのような麺だったが、製麺機が変わったのか、麺を揉む職人が変わったのか、このごろはかつてよりも太め、ウェーブ状のもっさりしたものになってしまい、嘆いていたところ。そのかつての風味が上山店では十分に味わえます。
 
 トッピングのネギは、輪切りではなく乱切りにしたものなのがユニーク。たっぷりのメンマとコーン、しっかり味のナルト、ワカメ、そして青海苔。辛味噌もほどよし。
 チャーシューは3枚。これが城西店のような肉厚のものだったなら、きっと通い詰めてしまうことでしょう。
 
 ラーメンは500円というコスパにも惚れぼれしますが、プラス100円で得られる麺量にはもっと惚れぼれ。美味い麺を一杯食べていってくれという、店側の心意気のようなものを感じます。
 大満足で、ゴチソウサマ。
iseya 201303

 安価にたっぷり蕎麦を食べさせてくれそうな未踏の店はないか考え、流通センター内にある伊勢屋を初訪問。
 
 あい盛り天の大盛り、730+100円。
 ご覧のとおり充実のボリューム。
 
 一つひとつ左上から時計回りに説明すると、まず揚げたての天ぷらは、かぼちゃ、春菊、かき揚げ、それと食べやすく細切れにしたゲソ天がいっぱい。ゲソ天は衣に多少味がついています。天ぷらの量はまるごそばあたりよりもずっと多く、出色と言えるでしょう。
 あい盛りは、蕎麦は細めで白っぽいもの、反面うどんは太くてコシのあるもの。このアンバランスが食べる者にどう食べ進めるべきかを考えさせます。個人的には、ある程度太さを揃えてあったほうが食べやすいのですが。
 卵は、麺類1食に1個サービス。2個目から100円なのだそう。
 タレは、まるごの甘じょっぱいものほどのインパクトはなく、万人向け。
 ネギは少量。もっと欲しい。縁に練りワサビが付いています。
 漬物は、中国産のくすんだ緑色のキュウリ。
 さらに、ポットに入れられて登場するそば湯は、きりりと熱くてグッドでした。
 
 開店直後に行きましたが、昼休み時間が勝負となる場所柄、13時半を過ぎると大盛りが無料になるのだそうです。ま、その前に行ってもプラス100円とリーズナブルだからあまり気にしないけど。
 
 量のほうは、自分にとっては十分過ぎました。蕎麦だけならそうでもなかったでしょうが、うどんが・・・。あと、天ぷらは瞠目モノですな。
syuchan 201303

 中華そば580円。
 
 駅前にてある友と深酒をし、日付が変わったあたりの時間帯に食べたもの。
 「アダチフーズ」と書かれた麺ケースから取り出した袋入りの麺を茹で、飲み屋街にふさわしいシンプルな仕上がりにつくりこんだもの。
 具材もイッパシの形で勢ぞろいしているし、この時間としては、量もこの程度で十分だし、まったく文句はありまへん。
 
 酔いのために味の詳細は判断できかねますが、酔っていてもスープから立ち上ってくる魚介系の深い香りが十分に感じられ、あなどれません。
 
 あれだけ飲んだのに、ここでもまたビールを飲んでしまう我々。
 もう若くないんだからさぁ・・・。
yamakawaya 201303

 実家が店に近かったので、小さい頃は中華そばといえば山川屋のそれで育ちました。出前でしか食べたことがなく、エラの張った、小柄で実直そうな店主がカブに乗って運んできてくれるのを今か今かと待っていたものです。
 当時その店主は出前のため近所中を走り回っており、頻繁にその様子を見ていたので、店主の顔は今でも鮮明に覚えています。
 あの頃から何十年。店で食べてみる必要があるだろうということで、初訪問してきました。
 
 12時過ぎというのに店には客がいるでもなく、出前の電話がくるでもなく。
 店番をしていたのは60代とおぼしきおばさんが一人。あまり流行っていないようです。
 
 中華そば550円。
 見た目はなかなかよさげですが、自分の体調もあるのだろうと思いますが、正直言って、内容が伴うものではありませんでした。
 スープは、醤油が効いていず、味が薄く、コクもありません。なんだか茹で汁の味がします。ダシの中に茹で汁が一定量紛れ込んでいるのではと疑ってしまいます。
 
 麺の茹ではOKですが、これは酒井製?
 また、麺の量は、この1~2年食べている中では最少だと思います。
 
 メンマも保存料特有の味が感じられてしまったし、ラーメンを載せているお盆もきれいでないし、ちょっと参ったなぁという感じ。
 
 思い出というものはそのままにしておいたほうがよいこともある、ということでしょうか。
 現実を目の当たりにして、かなりの幻滅感を味わってしまいました。
popura 201303

 初訪問。メインメニューはとんかつ定食的な「ポプラ定食」730円と、カツカレー700円。
 平日のランチタイムはそれぞれ700円、680円になるというシステムなのだそう。
 
 で、今回はカツカレー700円を。
 具がほとんどないスープのようなカレーですが、香りもしっかりしていて本格的。これをライスにまとわせて食べ進んでいくのは楽しい作業です。
 スープの表面高よりも3倍ぐらいの高さがあるライスは、カレーの海に浮かぶ白い大陸のよう。カレーが減っていくのに合わせて「大陸」のほうをじわじわと海側に移動させていきます。これ、カレーを食べるときの極意。こうすると皿をカレーまみれにすることなくきれいに食べられます。
 
 ライスを覆い隠す威容を誇る、細かく切られたカツもなかなかに美味。厚さがあるわけではありませんが、このカレーとライスの量に必要以上、かつ十分なボリュームです。
 この充実したカツカレーがサラダ付き700円で食べられるならば、上出来ではないでしょうか。
 
 なお、これに単品で揚げ物の追加ができるようです。それらはたとえばコロッケ130円、エビフライ150円、ヒレカツ250円など。揚げ物をガッツリいきたい方はドウゾ。