mika 201406

 天童の味香(みか)食堂を初訪問。

 味香ランチ900円。
 分厚いポークソテーとイカフライがメインで、それらに厚めスライスのプレスハム(イカフライの下にあって見えないのが奥ゆかしい)、ポテトサラダ、キャベツ、レタス、トマトなどたっぷりの野菜類、型どりされたライスが添えられたものがメインディッシュ。サイドには中華スープとキュウリの漬物。

 沖縄でよく食べるA、B、Cランチを思い出させます。あちらの場合は豚カツ、ハンバーグなどがメインを張ることが多く、サイドものはたとえばフライドポテトやウインナーソーセージやポークランチョンミート、サラダにはたっぷりとサザンドレッシングがかけられるなど、これでもか的な風情があります。しかし、味香のランチはそれよりもずっと落ち着いているというか、くどくないレベルに治まっています。

 ポークソテーは脂身が少なくややパサパサした感じ。できればこれに、ソテーしたときの油を使った自家製ソースがかかっていればうれしい。
 イカフライはかぶりついてみると案外でかくて充実感あり。これにはとんかつソースでもいいのだけど、できればタルタルソースだな。

 ここは洋食系のメニューが多く、ランチにはナイフとフォーク、スープ用のレンゲが付いてきましたが、自分の場合これらを使わず、すべて箸でいただきました。スープも器を持ってずずーっと。

 洋食を箸で食べる。ここに日本人としての密やかな美学を見出しているのですが、どうでしょう。だって、大衆食堂でポークソテーやフライものをナイフで切ってフォークで口に運ぶなんて、しゃらくさいではないか。
スポンサーサイト
koushiki 201406

 5か月ぶり6回目の訪問。わりと近いところにあるので、帰宅が遅くなったときの夕食に、たまに利用します。

 冷麺880円。
 夏季限定。いわゆるひとつの冷やし中華ですな。この店にしては高めではあるけど、見た目も涼しげでよろしい。

 醤油味と胡麻味のいずれかが選べるので、胡麻味をチョイス。
 別皿で登場する胡麻ダレを手加減せず最初から全部麺の上にぶっかけていただきます。
 タレが多すぎだぁ!ってぐらいの、このでろりん感が好きなのだ。
 で、箸で麺を持ち上げようとすると、いやいやをするように麺がびにゅ~んとつっぱって、最後はもうダメとばかりにわずかばかりの胡麻ダレの飛沫を飛ばしながら切れる。服に飛んだ飛沫をナプキンで拭き取りながら、「愛い奴よ、フフ・・・」などと独り言つ。

 で、たいへんに美味いのだが、遅い帰宅時に食べるにしてはちょいと多いのである。いわば、嬉しい悲鳴ですね。
 なお、画像下方のにゅるにゅるした物体は中華料理食材の「くらげ」で、麺ではありませんので、念のため。
kitakata-benibana 201406

 店が老野森にあった頃に一度訪れていますが、2013年になる頃だったかに北目に移転してからは初めての訪問となります。
 この店舗、かつては燕三条系ラーメンを出す「らぁーめん亭愛ちゃん」だったところです。

 味噌ら~めんの大盛り、700+100円。
 ご覧のとおり、いかにも味噌ラーメンといった感じの第一印象です。

 トッピングの野菜はモヤシ、キャベツ中心で、ほかにニンジン、ニラに加えて白菜も。白菜が入ると野菜らしい甘みが増して、自分は好きだ。
 その野菜たちは、挽肉ではなく小さく刻んだチャーシューを使って煮出しされているのがココの特徴。

 スープは、やや赤味噌が勝った感じのコクの深いもので、その奥には微妙な甘さも持ち合わせています。また、ラードが全体をいい味にまとめています。
 麺は極太の手もみで存在感のあるもの。この味噌スープにはこのぐらいの力強い麺が合う、と思う。

 いい味噌ラーメンを食べることができたと思わせてくれた店。
 ここもまたジャンボレンゲ。どんぶりかデカいので、全体としてバランスがとれているようにも見えるのだけどね。
 このところジャンボレンゲの店が続いているけど、そうなると高畠の「雷ラーメン」にも行かなければならなくなるのだろうな。
nubou2 201406

 4カ月ぶり2度目の訪問。
 前回はやみつきラーメンという汁物を食べたので、今回はがっつりつけ麺の大盛り900円をいってみました。
 店員さんの間では「ガッツ」と呼ばれ、もうひとつの「昭和つけめん」と区別されているようです。

 「うどんのようで うどんでない 自家製の超極太麺 節系つけだれで ガッツリと お召し上がりください」とのこと。
 「並盛300g 850円、大盛400g 900円、特盛500g 950円。
 自家製味玉入り、熱盛りも出来ます、食後スープ割りでお楽しみください。」

 ぬーぼうのウリの超極太麺が美味。麺に持ち上げられたつけだれが、すするたびに飛沫をつくります。
 そのつけだれも、どこぞのドロドロ系とは一線を画し、適度な濃度にとどまっていて美味。
 左下はご自由にドウゾのもやしのナムル風。

 量に関しては、大盛りとしては極めて多いほうです。食べられない量ではないですが、自分の場合は並で十分だな。
 ただ、わずか50円プラスで1.3倍になるのならばと客はつい欲張ってしまうもの。
 そんな価格設定が客の心をくすぐり、リピーターをつくるのだろうな。

 「油そば」650円、大盛りなし、お代わり350円というメニューをチェック。こういうのって、夏になると何がなしそそられるものがありますな。
uchoten-sagae 201406

 初訪問。自分にとっては山形市北部にある本店(?)と荒楯のEVOLUTIONに次いで3店目の有頂天となります。

 味噌ラーメンの大盛り720+100円。ここも50円値上げしていますね。
 どんぶりのデザインも似ているし、中身の姿かたちはまったくの有頂天ですが、味もまた、食べてみれば有頂天系列とすぐにわかるものになっています。そう、イワシや飛魚をこれでもかと投入してつくったのであろう、油分たっぷりの濃厚ブシ・スープなのですな。

 平久保の本店の麺はたしか平打ちだったと記憶していますが、こちらの麺は、自家製には変わりありませんが、やや白っぽい普通の太麺で手もみが施されたものとなっています。プリンとした食感で、麺の端っこがスープをあちこちに飛ばすような硬質な感じがします。

 これにゲソ天を添えるのが有頂天のお約束ですが、そうすると自分にとってはちょっとしつこくなってしまうので、今回は回避してみました。
 他の有頂天と同様、大盛りで適量。普通盛りは有頂天以外の店と比較してやや少なめなのではないかと思料します。

 漬物は自分で小皿に取ってくるタイプの店。
 チャーシューをもう少し厚くするとか大きくするとかして客におもねれば、リピーターが増えてもっと流行ると思います。いわば、ラーメン愛好家の「美学」をちょっとばかり刺激する付加価値をつけてあげればいいわけです。
sakaiken 201406

 天童駅前にほど近いところにある大衆食堂「さかい軒」を初訪問。

 中華そばの大盛り600+100円。

 よいところがたくさんあるラーメンです。
 山形界隈では一般的な牛ダシの中華で、その牛のコクがマイルドですばらしくいいスープです。でっかいどんぶりにそのスープがたっぷりと。味わうほどに好印象は増していきます。
 麺は、自家製とおぼしき、白っぽくて透明感のある中太麺。長さがそう長くなく、箸でサッと掬ってずずっと食べるのにいい感じです。
 トッピングは、2枚の肉っぽいチャーシュー、細く裂いた多めのメンマ、カマボコ、海苔ではなくワカメ、ネギで、いずれもいい位置取りを確保しています。
 盛りは天下一品。100円プラスでこの量はステキです。

 想像していたよりも数段上のレベルの、伝統的かつ正統派の優れた中華そばでした。
 こういうことがあるから、食べ歩きは楽しいのですな。
keirin 201406

 帰宅が遅くなったので、桂林へ。
 桂林ではもっぱら五目焼きそばで攻めてきたが、こうも暑くなってくると熱いものを食べて汗をかきたくない。で、今回はこれを一点狙いで訪問。

 冷やしジャジャ麺850円。
 旨い!
 このように、麺が見えないぐらいにたっぷりと肉味噌がかけられています。見た目も涼しげです。
 豆板醤や唐辛子の刺激は控えめでやさしい味。麺は製麺所風の形の崩れないプリプリ系。
 肉味噌が温かく、麺は水で締められてきりり。このコントラストが炸醤麺らしいところです。

 中華料理店は、ラーメン専門店のような「麺屋」ではないので、麺にオリジナリティを求めるのではなく、中華料理の持つ多彩な料理展開やバリエーションを楽しみましょう。

 ああ、うまかった。
 今年の夏は、このジャージャー麺をはじめ、冷やしラーメン、冷やし中華、まぜそば系、冷やし肉そばなどの「冷やし物」を意識的に食べ歩いてみようかと思う。
shimako 201406

 初訪問。この店のラーメン画像って、どんぶりが大きくスープがたっぷりなためにトッピングなどが貧相に見えてしまううらみがあり、訪問の機会が巡ってこなかったのでした。しかし、その実力は間違いないらしい。・・・というのでGO!

 味噌チャーシューめんの大盛り、830+100円。
 Ummm、立派。でかい擂り鉢型どんぶりにジャンボレンゲ。大盛りにすればトッピングも喫水面からきちんと出ているではないか。
 味噌ラーメン730円はチャーシューが入らないそうだけど、プラス100円でおいしいチャーシューが5枚。ならば味噌チャーシューをたのむよな。

 きわめてたっぷりのスープを大きなレンゲで掬って飲むというのは、至福感が高いものだ。まあ、もう少しスープは熱くてもいいはずなのだが、この暑さの中で食べるのであれば多少温くても支障は感じない。
 優しい味噌味。合わせ味噌だが白味噌が勝っているかな。優しすぎる向きは、卓上の七味唐辛子を多めにかければ味のインパクトも大きくなるだろう。

 麺は、硬めの茹ででよろし。断面の四角形がはっきりしている、おそらくは自家製。
 コーンたっぷり。その下に隠れているモヤシはシャキシャキ感があってよい。

 この店、メニューにはバタポテらーめんなんていうものもあったりして、レンゲの大きさ、すり鉢状のどんぶりなどから察して、「手打ちラーメン紅花」と何らかの関係があるのではないかと察しますが、どうなのでしょう?

 あまりのおいしさに、大盛り麺もたっぷりスープもすべてジャンボレンゲで掬って完食・完飲。超満腹です。
motoki 201405

 東根市の「もと木」を初訪問。向かいの「こう路」に入れなかったからというわけではなく、味噌ラーメンがいいと聞いたので、最初からココがターゲットです。

 味噌ラーメンと半かつ丼650+280円。
 やはり味噌ラーメンがいいです。コクの深い甘めの合わせ味噌。調味料を用いて味をまとめているのかもしれませんが、旨いことは間違いありません。
 麺も自家製と思われ、黄色みを帯びた平打ち麺は中華麺らしい香りを湛えており立派。
 チャーシュー、メンマなどは入りませんが、豚挽肉がたっぷり使われており、これがラードとたくさんの野菜で炒め煮になっています。

 半カツ丼もグー。カツは適度に脂分も含まれていて、切り身を半分かじってどんつゆをまとったご飯をかっ込めば至福。カツの下のごはんのボリュームも十分だし、まったく文句ありません。

 水金日はしょうゆ、味噌、塩ラーメンのいずれかが390円、火木土は日替わりランチが650円という格安価格で提供されるようです。
 また、半チャーハン、半カレーは180円です。
mari 201405

 四半世紀近く前、職場の同僚とよく通った、職場近くの「コーヒー&キッチンびいどろ」という店でランチを食べてみたくなって、昼休みに散歩がてら行ってみる。しかし、店のたたずまいこそ変わっていないが、すでに別の店になっていた。街は表情を大きく変えていないけれど、その担い手は着実に移ろっているものなのだな。

 で、もう少し歩いて、「レストラン真理」を初めて訪問し、ここ一番のウリのマリ特製カレー850円を食べてみた。
 セットにするとサラダとスープが添えられますが、千円を超えてしまう。ポケットに千円札1枚を突っ込んでの外出だったので、単品での注文となりました。

 実に濃厚、というか、ルーにたくさんの味が凝縮された感じの、ここでしか食べられないような、オリジナリティに富む逸品。
 右側のカタマリはジャガイモで、その芯までカレーの飴色が行きわたっており、どうやってつくったのだろうと思わせます。
 左側は、ニンジンかと思ったらさにあらず、豚肉? いや、これは鶏肉だな。筋張った硬めのブロックでした。

 量は標準的。しかし濃厚さが手伝ってか、空腹は完璧に満たされます。
 料金は高めですが、一度は味わってみて損はないと思います。
 吹き抜けになっていて天井が高く、レトロで静かな雰囲気の中にジャズがさりげなく流れています。
kounanshun 201405

 お気に入りの店の一つ「江南春」でごはんものに挑戦。
 今週のB定食700円は「豚肉とトーフの正油煮」。

 それはご覧のような一品。3×4センチぐらいの豚バラ肉を使っていて、豆腐と共に長葱、筍、キクラゲ、ニンジン、青菜などが中華餡にくるまれています。油や味付けの面でとんがったところがなく、上品ささえ感じる、体にやさしい仕上がり。
 惜しむらくは、この店だけのことではないけれど、煮取り法でつくられた絹ごしの豆腐が柔らかく、できれば木綿豆腐などの固めのものを使ってほしいと思ったところ。

 平皿に盛られたライスというのは量的な面で信頼していないのですが、ココの場合は立派。おかわり自由の設定なので、最初からドカ盛りなのです。自分の場合、おかわりしなくても十分でした。

 スープも、油の浮きは全くないと言ってよく、極めてあっさり、上質。
 サザンドレッシングがかけられたサラダも新鮮でよろし。
asunaro 201405

 約3か月ぶりに、あすなろ食堂へ。

 あすなろ定食790円。
 消費税率が変更されて40円値上げです。でもまあ、これまでしばらく値上げせずに頑張っていたし、この充実の内容であればやむを得ないでしょう。800円にしないというところも泣かせるしね。

 だがしかし、前にも書いたけど、20種類ではきかないた~くさんの日替わりメニューがあるはずなのに、このところほぼずっと、おれが行くときはなぜか、あまり好みではないレバニラなのだ。いったいどうしたというのだろう?
 なので、写真も2013年12月28日掲載分とあまり変わり映えしません。
 今回の小鉢は「ぜんまいの煮物」と「ハムサラダ」。
 あとは、写っていませんが、さいの目切りの豆腐に白胡麻をあしらった味噌汁とごはんです。

 ああ、腹いっぱい。
 でも、レバニラ以外のあすなろ定食が食べたかったなぁ。
takahashi-shoten 201405

 初訪店。
 中華そば(大)+煮玉子、680+90円。
 大盛りでも並盛りと同額だというのがちょっとウレシイ。

 もう、見事!と言うしかないでしょう。
 スープは煮干しで丁寧にとったダシがすばらしい。
 力強い麺線を持つ太くて食べごたえのある麺も秀逸。
 でっかくて分厚い、肉々しい豚チャーシューも文句なし。
 穂先メンマのユニークだし、オプションの煮玉子は白身だけが茹でられて黄身はとろとろ。
 非の打ちどころがありません。これはいいラーメンだ。

 おいしい麺は、大盛りでももっと欲しいと思うくらい味わい深かったし、スープはレンゲで掬うのがもどかしく、後半はどんぶりを手で持って飲み干しました。

 次は味噌ラーメンをいってみないとな。
suiren 201405

 翠蓮は、過去2回レポートしていますが、入店は4回目。
 ここのウリは五目焼きそば。大盛りがありえないぐらい特大で、反対に、セットについてくる場合はやや少量。で、よく考えてみると普通盛りを食べたことがなかったので、その量はいかに?!というのが今回の探訪テーマなのですな。

 什景炒麺(五目あんかけ焼きそば)750円。
 う~む、多い。普通盛りでも一般店の大盛りの量を凌駕しています。
 麺も多いけど、ご覧のとおり何といっても五目餡がめっちゃ多いのですよ。けっこうな量の麺が完全に覆い尽くされていますからね。

 すごく美味い!というわけではありませんが、麺がいい具合に焦げていて、それにやや硬めに仕上がった餡をぐりぐりと纏わせ、添えられた辛子をちょんとつけて頬張れば、アッチチの、ツーンので、もう、でらウマです。

 この量で、消費税アップの4月以降も料金据え置きで、この価格なのは立派です。
 あんかけ焼きそばをたっぷりと堪能したいという願望を持つ者にとっては、極めてありがたい店デアルと言えるでしょう。
 しかしまあ、いかなあんかけ焼きそば好きであっても、一人であの大盛りを食べるのは無謀というもの。皿の面積から判断すればこの3倍ぐらいの量はある印象です。だからやめておきましょうね。
shimbori 201405

 時々無性に食べたくなるたこ焼きというシロモノにありつくために、この店がチョイスされます。
 しんぼり食堂ではこれまでに煮込み定食、中華そば、みそラーメンと食べ進めてきて、4回目の今回は五目らーめん750円を。当然、たこ焼き@90円を2串付けて

 うまい! 煮込み定食とともに当店オススメの品になっているだけあります。
 中華のダシが効いた塩味のスープはゆるやかなとろみを湛えており、一口すすった感じは極めてスグレモノ。
 その中にもっさりとしたタイプの中華麺がかなり浅めに茹でられて投入されています。スープと麺の相性は悪くありません。

 「五目」と謳われる具は、白菜、タマネギ、ニンジン、ピーマン、タケノコ、シイタケ、豚肉の7種。軽く炒められた白菜は、大きめにカットされた茎の白い部分の食感がとてもよい。タマネギは、焼肉屋で見かけるようなある程度の幅を持った半円弧状にカットされておりユニーク。ピーマンも緑が鮮やかで、それぞれの素材の新鮮さ、よさが損なわれていない印象。

 濃厚ソース味のたこ焼きとの相性という観点からすれば、麺類では醤油や味噌よりもこれがいちばんマッチするのではないかと思います。
 しんぼり食堂、いい店です。