ajiyoshi-honten 201611

 酒田市駅東の「三日月軒駅東店」に行ったところ、店舗改装中? やってなかったので、東町の「味好本店」を初訪問してみました。
 「味好」は、本店のほかに酒田の「駅東店」と鶴岡の「淀川店」があるようで、これでこの3店は制覇できたことになります。

 五目ラーメン830円。
 五目あんが醤油ベースのラーメンにどん!とかけられた、五目ラーメンの定番のルックス。
 あんかけラーメンを食べるときの儀式として、まずはレンゲであんが溶け出していないスープを10口。豚骨と鶏ガラがベースだというのですが、コクの深い、それでいて飲み口のいいもの。こうして、スープそのものを味わい、その後は五目あんの密度を高めてあんとともに味わう、という手順なのです。
 麺は、中太サイズのストレート麺で、ラーメン専門店としては珍しくやや茹でが強めだったでしょうか。

 五目あんは、若干甘め方面に振れた本格派。中華あんのこの旨み、ステキです。
 投入された豚肉は厚みがあり、噛めばジュワッと豚肉そのものの味。長方形にカットされた筍は調理前から何らかの味付けが施されているようで、これも美味。うずらの卵やエビなども添えられて、いいパフォーマンスです。

 格別特徴があるラーメンでもないのですが、味好という店は昔からのラーメン店らしい独特の雰囲気があり、ここなら絶対においしいラーメンが食べられるという確信のようなものが湧いてきます。すぐにまた食べに来たくなるような。

 この店の看板商品のマーボメンはもちろんのこと、ここの野菜ラーメンのみそ味というのも食べてみたいな。空腹のときならば、プラス300円で食べられる半チャンセットという手もあるでしょう。
スポンサーサイト
chisanchisho 201611

 わが職場では月に1回、給料日に「地産地消弁当」の斡旋があるのです。
 単身赴任生活をしているので、毎給料日は出張等がない限りできるだけこれを食べることにしています。

 地産地消弁当600円。
 どこでつくっているか知らなかったのですが、このたび確認したところ「庄内給食センター」製だそうです。
 食べていていつも思うのは、ごはんの炊き具合がとてもよく、量も多くておいしいこと。見た目がつややかで、微妙に水を多めにして炊いたのか、ふっくらとしてみずみずしい。自分の場合、このごはんを食べるために毎月注文していると言ってもいいぐらいです。
 酒田産の「ひとめぼれ」。「つや姫」でなくとも、これなら納得できます。

 おかずは、鮭のちゃんちゃん焼きの野菜きのこ添え、食用菊と春菊の和え物、イカと大根の煮物、玉子焼き、白菜と白かぶの漬物、果物はラフランス。
 これらすべてが庄内またはその沖の海で採れたものなのだそう。

 ごはんが多いので、全体としておかずが少なめに感じることと、ラフランスの熟し方が足りず特有のとろりとした味わいがなかったことが課題です。(きっぱり)
ajikura 201611

 「中国美食味蔵」は、昨年10月以来13か月ぶり3回目。これまで麻婆ナス丼、五目麻婆丼と食べてきて、今回は初めてごはんとメインディッシュが分かれている「定食」をチョイスです。

 酢豚定食850円。
 全体としてはまあ上等。前回と同様に、テイクフリーの5つの惣菜が並んでおり、今回もそれらのうちから3種を小皿にとっていただきます。それらはモヤシ、キャベツ、ゆばが主体のものです。
 酢豚は、味は悪くありませんが、調理時間を短くするためか豚肉が小さめ。それに合わせてタマネギなどの野菜類のカットも小さめで、大きいのをパクリと食べる醍醐味が損なわれているのは少々残念なところです。
 これに、炊きこんでから少し時間が経ったごはんと、中華料理店らしい味のする卵スープ、タクアン3切れ、杏仁豆腐という充実のボリューム。

 いろいろ思うところはあるけれども、酢豚定食を850円で食べられること自体はスバラシイ。
 14時過ぎという時間帯だったからやむを得ないのでしょうが、入り込みはさほどではなく、食中の他客の来訪はなし。こちらとしてはのんびりできるからいいのだけれど。

 中国系の夫婦?の経営のよう。食事中、厨房の男性はずっと仕込みの材料切りをしている音。奥様のほうは注文品を運んできてくれた後、小さな娘?をつれて外へ。
 まだ日本語が十分板についていないようですが、異国の地に来てがんばっている様子が感じられて、応援したくなります。これからもおいしい中国料理を提供し続けてほしい店です。

 未食のものでは生姜焼き定食800円、麺類と炒飯のセットなどが魅力的。次回はこのあたりが狙い目でしょう。
405 201611

 ある休日、山形に戻る途中の昼前の時間帯に、村山市の「ラーメン405(よんまるご)」を初訪問。たしかここは二郎系だったはず。朝食を食べていないので、がっつりいこうかということで。

 山らーめん味噌800円。店員さんにニンニクをどうするか訊かれ、つい増量してねと言ってしまう。なお、野菜増しはココの場合有料です。

 どんと登場。想定どおり大迫力です。
 特徴を端的に言えば、「大きな山」にこそなっていませんが、1袋分かと思わせる大量のモヤシ。まずはこのモヤシの独特の香りがやってきます。
 そして大量のニンニク。その辛さがじんと感じられるほどにフレッシュで、食べてから1時間後に自宅戻ったときの母の一言めは「生ニンニク食べたか」でした。(笑)

 ぶっとい麺。他の二郎系に見られるようなこれ見よがしのえげつなさはありませんが、もっちりでうまい。茹で時間がかかりそうなものだけれども、わりかしすんなりサーヴされました。茹でをどうしているのだろうな。

 背脂たっぷりのスープ。どこぞに焦がし風味が感じられます。この焦がし風味こそが日本人の味覚を強烈に刺激してくる一大要因だと思うのですが、どうなのでしょう。
 濃厚さに負けないようにするためか、かなり塩辛いものになっています。おいしいのだけど、これを全部飲んだら腎臓によくない、と思う。
 分厚いトロチャーシューが2枚。重厚さ十分で、肉マニア以外の方は肉増しは不要でしょう。

 最近食べた二郎系、鶴岡の「ラーメン風林火山」と酒田の「麺や土門」と比べると、野菜は心持ち少なめで、麺の色は茶色くなくおとなしめ。けれどもバランス的にはむしろ好感が持て、極端に尖がったところを求めないのであれば十分な満足感が得られる二郎系だと思います。

 それにしても満腹。腹をさすりつつ店をあとにしたところです。
kicchin 201611

 ある夜、無休と謳っている酒田市東町のとあるラーメン店に赴くと、18時台なのにやっていない。なんなんだよ、おい。
 それではと、大町の「中国料理吉・亭」(きっちんと読む)を初訪問してみました。抽斗は多いんだもんね。

 メニュー表に「サッポロ麻婆メン」800円というのを発見して、それをオーダー。
 店のお母さんは厨房に向かって「お父さーん、サッポロ麻婆メン」とオーダーを通します。家庭的な店ですな。

 庄内地方には「サッポロラーメン」と名のつくラーメンメニューが広く膾炙しており、店によっては味噌、塩、しょうゆと3種類のサッポロラーメンを用意しているところもあるのです。
 それって何? ということについてはいまだに確たるイメージをつかんではいないのですが、察するところ共通点は、札幌味噌ラーメンがやるような、野菜炒めにスープを注ぎ込んで出汁をとるつくり方なのではないか、と思っていました。

 しかし、この店のサッポロ麻婆ラーメンには野菜など入っていず、スープも煮出したものではありません。単純に味噌スープのラーメンに麻婆豆腐をぶち込んだようなつくりになっていて、庄内の「サッポロラーメン」の謎はますます深まっていくばかりです。

 麻婆豆腐のかけ具合は控えめだけど、実にいい味を醸し出しています。ピリ辛風味のスープがおいしい。
 ここはラーメン店ではなく中華料理店。したがって、麺に対するこだわりはあまり強くないようで、細めのおそらくはどこぞの製麺所のものを、しっかりと茹でたものが供されます。柔らかすぎて、麺が絡み合ってしまっています。

 麺をあらかた食べ終えたところで、おいしい麻婆スープをすべていただくため、半ライスを追加注文。通常の一膳分以上は優にある量の、粒の小さいつやつやごはんには海苔塩がさらりとかけられ、タクアンも。
 会計時にわかったのだけど、これが120円だというのはオドロキ。200円、もしかしたら250円かなと思って食べたので。

 サーヴされるまでかなりの時間を要したのはマイナスでしたが、コーヒーまでサービスしていただき、920円で満腹感とともに高い満足感が得られました。
yodazen 201611

 余目町内にある寿司・うなぎ店「依田善」を初訪問。
 以前から、行ってみたいと思っていた店。寿司店なのでちょっぴり敷居が高く感じられ、今まで未訪問となっていましたが、入ってみると、平日のランチタイムは価格もリーズナブルだし、店内もこぎれいで、職人の皆さんもきちんとしていて、とてもよかったです。

 寿司を食べればいいものを、メニュー表に載っていた「天丼 味噌汁、お新香つき」930円に目が行き、思わずそれをチョイスしてしまいました。これがランチの中でも最安メニューとなるようです。

 天ぷらは、海老2、キス、ピーマン、カボチャ、タマネギ(大きなリング状)、ナス、サツマイモ。さっくりとした揚げ加減で、どんつゆは塩辛さ、甘さが抑えられて、いい塩梅です。
 地元産ササニシキを使ったごはんもまあまあの炊きあがり。漬物も3種あり、彩りもきれいです。

 もっとも称賛したいのは、なめこと豆腐の味噌汁。小粒のなめこがたっぷり。なめこがまとっていたぬめりがきりりと熱い汁にたっぷりとにじみ出ていて、また味噌の塩梅もよく、すごくおいしかったです。
 味噌汁のおいしい店は、メインディッシュを変えてもおいしさの面では安心なので、リピート率はぐんと上がるものなのです。

 いい店を見つけました。再訪したときは、ランチの「江戸前にぎり」1,000円を食べてみることにしましょう。
palette 201611

 休日なのに酒田で朝から仕事。一仕事終えれば10時半。ちょっと早いけど、午後からも業務が入っているので、昼メシを食べておきたい。
 というのでチョイスしたのが、10時からオープンしている酒田市大町の「グルメ館パレット」。よし、やっている。開いててヨカッタ。初訪問です。

 店のつくりは喫茶店風。高い天井に付けられたファンが回り、南側の窓からは小春日和の陽射しが入り、室内は暖かめの温度と、文句のない寛ぎ空間になっています。
 メニューをめくると、ピラフやパスタ、カレー、ケーキセットなどの喫茶店のメジャーメニューに加えて、フライものの定食や、果ては天ぷら定食、そば・うどんまであるという、不思議な店。そういう需要もあるということなのだろうな。

 今回は無難に、「オリジナルカレー(サラダ)800円」を所望。メニューにそう書いてあるもので。
 配膳されるや、スパイシーないい香り。いいなあ、喫茶店のカレー。
 先に運ばれてきたサラダは、刻みたてで新鮮。単なる添え物ではなく、存在感のある見栄えがします。ドレッシングはフレンチですが、独特の甘みがあります。砂糖の甘さなのだろうと思いますが、ひと工夫されている感があってよろし。

 メインディッシュは、この時間に食べるものとしては適量。もっとはっきり言えよということであれば、少なめです。
 具はほとんど溶けていますが、それに薄く切ったタマネギを加えて味を調えている様子。大きな豚のブロック肉が2個。それは噛むほどに豚肉の味がぎゅぎゅっと染みだして、食べながら大きくうなずいている自分。これもまたスパイスの中にも微かな甘みがあります。
 ライスは、ふっくらと炊き上げられた真っ白の上質なもの。窓から入ってくる光を浴びてきらきらと輝いています。
 福神漬もたっぷりで、納得でした。

 喫茶店特有のたゆたうような寛ぎが得られ、よかったです。ここで天ぷらそばを食べるというのもオツなものかもしれません。

menya-sakata 201611

 「麺屋酒田」は庄内に3軒あり、これまで酒田港の「inみなと」と鶴岡の「inほなみ」には行きましたが、本店的な亀ヶ崎の「麺屋酒田」にはまだ行っていませんでした。かつて、みなと、ほなみよりも前にお邪魔しようとしたのですが、たまたま休業だったのでした。
 というわけで、初訪問。

 みそラーメン500円。
 これほどの充実度で500円ということに、まずは感銘を受けます。
 例によってこぶこぶの自家製極太麺。これひとつを取ってもでもスゴイと思わせるものがあります。
 スープは、濃いめの味付けの、いかにもといった味噌味。コク深いものがあり、これに途中から辛味噌をじわじわと足し込んで食べれば、着実に味が変化していくのが実感できて楽しい。

 チャーシューは、厚みがないけれども、噛んでいるうちにいい味が染みだしてきて、なかなかデキがいいと思うものだし、賽の目に刻まれた端肉も存在感が感じられて、レンゲですくってスープとともに味わえばなかなか美味。
 また、このあたりでは細めの範疇に入るモヤシも、やっとモヤシ自体の生臭さが取れましたというところの浅茹でになっていて、シャキシャキの繊維質がいい歯ざわりです。
 ほかには、刻みネギが入っていますが、残念ながらメンマは入りません。

 でもまあ、この価格でよくぞここまで仕上げたものだというのが偽らざる印象。人気も高いわけですよ。
 大盛りにしたかったけど、それは200円増し。それではコスパの優越性が薄まってしまうので、普通盛りで我慢だよな。客はコストにシビアなものなのだ。

 スープに沈んだ端肉まで食べて、完飲。食後にはきりりと冷たいみずをコップに2杯飲み、塩辛さを中和して店をあとにしたところ。
 たまたまなのか厨房には男性が不在で、女性4人が店を切り盛りしていました。こういうことも庄内としては珍しいんちゃうかな。
bistro 201611

 「食の都庄内」ブランド戦略会議の企画で、食の都庄内親善大使の太田政宏シェフが監修した「庄内ビストロ弁当」を食べる機会を得ました。
 この弁当、ミートデリカ・クドーのほか、クックミートマルヤマ(鶴岡市)、みずほ(庄内町)でもつくっています。(要予約)

 庄内ビストロ弁当 1,300円。
 ちょっと贅沢なコース風。やや高価だけど、うふふのおいしさです。
 メニューは、次のとおり。

 前菜 ・・・ 庄内野菜の特製手作りドレッシング和え
 メインのお魚 ・・・ お魚のふんわりソーセージ 庄内野菜添え、紅ズワイガニたっぷりクリームコロッケ トマトフォンデュ添え
 メインのお肉 ・・・ 庄内産豚と梨の洋風角煮 庄内野菜添え
 ライス ・・・ 庄内産茶豆のつや姫バターライス
 季節のデザート ・・・ プリン 苺とぶどう添え

 じっくり味わって食べました。
 男性にとっては多少ボリューム感に欠けるところがありますが、大きな不足感はなく、この程度でやめておいたほうが無難デアルということなのでしょう。

 添えられていたカードには次のような文章が記載されていたので、移記しておきます。
 こういうことを知った上で食べれば、なおおいしいと思います。

「庄内の洋食文化」
 庄内地域には、フレンチやイタリアンなど多くの洋食屋さんがあり、洋食の街とも言われる酒田を中心に発展を遂げた庄内の洋食は、「食の都庄内」を彩る食文化一つとなっています。
 庄内の洋食文化の始まりは、故・佐藤久一氏(フランス料理欅、ル・ポットフー創始者)と食の都庄内親善大使の太田政宏氏(レストランロアジス・グランシェフ)が創造した「フランス風郷土料理」にあります。この料理は、庄内の食材を活かし、フランス料理に庄内の昔ながらの郷土料理の技法を加えてお二人が作り上げたもので、開高健氏や土門拳氏など多くの文化人から絶賛されました。
 この二人が目指したのが「酒田を食の都リヨンにすること」であり、その意志を受け継いだ食の都庄内親善大使の奥田政行氏(アルケッチァーノ・オーナーシェフ)が提唱したのが「食の都庄内」です。
 また、太田政宏氏が中心となり、洋食料理人の組織「庄内DECクラブ」を立ち上げ、和食と洋食、店同士あるしは世代を超えたシェフ同士が交流し、切磋琢磨しながら、今日の庄内の洋食文化を築いてきました。
 この「BISTRO BENTO」は、庄内の洋食文化の第一人者である太田政宏氏監修のもと、庄内の食材を贅沢に使って一品一品ていねいに手作りしています。庄内の洋食文化を想い描きながらお召し上がりください。

bistro2 201611
gokoku 201611

 ラジオのCMでその存在は以前から知っていた、鶴岡市東新斎町の「五国飯店」を初訪問。
 大通りに面している、古めの建物の店。

 肉とキャベツの味噌炒め定食880円。回鍋肉定食です。
 カウンター席に腰掛けて厨房の様子を見ながら待ちます。店主は70歳超と思われるごま塩頭。このおっさん、「おしっ」とか「どっこい」とかブツブツ言いながらの作業です。必要以上にフライパンをガンガン叩くし、「一人劇場型」の料理人のよう。だけど、この際だから率直に申し上げれば、うるさいし、ウザい。でもって、そのわりに作業速度が速くないというのが致命的だと思う。結局30分近くは待ったぞ。

 で、運ばれてきたものはご覧のとおり。
 キュウリの麹漬けとミョウガの甘酢漬けはこの季節の庄内の定番のようだし、フルーツは柿でこれもまた庄内らしくてグッド。

 しかし、メインディッシュはどうなのだう。味的にはしっかり回鍋肉してはいるものの、このキャベツの量はどうなの? 平皿に薄く平らに盛り付けてあり、明らかにボリューム足んねぇよといった風情ではないか。
 また、切り方も小さめなので、箸に絡んでこないのも難点。口を皿に近づけてパクリとやらないとうまく食べられません。
 さらに、上のほうに写っているサンチュのような葉っぱは、しんなりとなったものが2枚。単なる場所取りなら置くなよといった感じです。

 柔らかめに炊かれたごはんはおそらくは山形産の「はえぬき」で、これはマルなのですが、もっとわしわしとキャベツの味噌炒めをほお張りたかったのだけどなぁ。

 ああ、山形あすなろ食堂の夫婦連携によるスピーディーで寡黙な調理と配膳が思い出されて懐かしい。

ichifuji 201611

 酒田市二番町の「一富士」を初訪問。街の中にあって長い間営業してきたかのような老舗店。
 その名もズバリ「中華」550円を。

 いい感じ。
 自家製だという麺は、しっかり熟成させたのだなと思わせる透明度を湛えた、やや細やや縮れ麺。独特なつくりで、卑近な例で例えれば、カップラーメンのノンフライ麺に感じが似ています。が、これがうまい麺なのだ。
 550円という今どき格安な料金なのに、四角いチャーシューが3枚も。老舗らしくパサ系で、これまたそれなりにおいしい。メンマは5~6本と、箸休め的な位置づけ。

 秀逸なのはスープで、どこをとっても奇抜さがない優しい味のするもので、味も濃くなく、かと言って薄くもなく、最近はやりのスープのようなくどさもありません。わずかに昆布の風味が感じられ、他店にない味だなと思わせます。
 あまりのおいしさ、飲み口の良さに、レンゲをお盆に置いて、大きくないどんぶりなので左手で持ち上げてごくりごくりとやってしまいました。ああ、うまい! 完飲です。

 やっぱり店って、実際に行って自分で味わってみなければわからないものです。
 まったく酒田ラーメンらしくなく、むしろ米沢あたりのラーメンを彷彿とさせるものがありましたが、自分的にはかなり納得のいく一杯でした。
 中華のほかには炒飯が人気のようです。
mimi 201611

 ある日の昼、旧羽黒町にある日帰り温泉施設「やまぶし温泉ゆぽか」で温まってきました。430円で身も心も温まれるなんて、いいよな、日帰り温泉。
 でもって、この施設に併設されているレストラン「美味(みみ)」を初訪問。ここには「山伏ラーメン」という名の不思議なラーメンがあると聞いていました。

 山伏ラーメン650円。(食券には「やまぶしラーメン」とあり)
 ユニーク!
 これは何なのだろうな、白湯スープ。豚骨スープというには豚骨臭がしないし、巷間酒粕とか言われているけど、そういう塩梅でもありません。味噌が多少入っているのかな。
 あ、そうだ、「めん蔵」の「味噌とんこつ」のスープに似ているかも。ピリリとした辛さは唐辛子で、ずいぶんニンニクが効いています。ってことは、つまりはこれってキムチの味だよな。
 うまいスープです。白湯特有のやさしい口当たりがあり、一方で唐辛子とニンニクの刺激があり、そのせめぎ合いがおもしろい。

 トッピングは、モヤシ、ピーマン、ニンジン、キクラゲ、豚肉の炒め物中心で、多め。キクラゲの存在感が強いでしょうか。
 麺は、細麺ウェーヴで、前出の「とりみ亭」に続いてここもまた残念ながら業務用と思われる特徴のないもの。
 麺が足を引っ張って総合力はまあまあといったところですが、それにしてもこのスープは一度は味わってみてヨカッタなという思いがしています。食べてみなければ語れませんからね。

torimitei 201611

 ある休日の昼、遊佐の西浜まで足を伸ばして、「あぽん西浜」そばの「とりみ亭」を初訪問。
 狙ってみたのは、トンタン麺830円です。それってどんなものなのかと。

 どっひゃあ、でかいどんぶりだぁ! 
 思わず運んできてくれたおばさんに「すげぇどんぶりですね」と口走ってしまうと、ウレシハズカシ風情のおばさんはくくっと笑って、「でも麺は一玉なんですよ」と、少しホッとするコメントを残して去っていきました。
 それにしてもデカい。帰りのクルマの中で気づいたのだけど、このどんぶりの直径はわが愛車フォレスターのステアリングホイールのそれとほぼ同等でした。そのため、どんぶりにレンゲや箸を置くと油断した隙に全体がスープの中に入ってしまいそう。これは箸から手を離せないぞ。
 湯気がもうもうと上がって、そそられちゃうよなあ、これ。
 食べ始めると、どんぶりの底が浅いことがわかり、食べきれないことはないのを確認して今度こそ安心です。

 でもって内容。
 これは不思議なスープ。とんこつ味の担々麺ってこと? いわゆる白湯といわれるようなスープに、あとは何を入れたのだろうな、味噌か?
 よくわからないのでうまく表現できませんが、独特の味。言い方を変えれば、この味は他店にない味で、これが好き!となればこの店に通うほかないといったもの。
 うまいです、これ。この味に再び巡り合うのがいつになるかわからないので、しっかり味わい、全部飲み干しました。

 モヤシやタマネギなどの野菜を豚バラ肉と炒めたものが具のメインで、それに茎ワカメや紅ショウガ、ネギが添えられています。
 また、スープ内に点在する青いものは、このあたりのラーメンならば青海苔だろと思ったらさにあらず。青菜を乾燥させたものなのかな。高菜でもないし、格別の香りがあるわけでもないし、それってどういう意図を込めてこのラーメンに加えたのでしょう。これも不思議の種のひとつでした。

 麺は、業務用の袋麺的なもので、ここだけは残念。
 ですが、サプライズもあるし、変わりラーメンが好きな人は必食でしょう。
kaede 201611

 2カ月ぶり3回目の、鶴岡市桜新町の「楓」。「チキン南蛮定食」、「唐揚げ定食」ときて、今回は「天ぷら定食」950円を。これ、値段はやや張るけれどもお客の食べているのを見ると充実度は高そうなので、前回から目をつけていたメニューなのです。(笑)

 天ぷらのネタは、海老2、大きなかき揚げ、キス、イカ、マイタケ、ピーマンの7個だったかな。格別いいネタを使っているわけでもなく、揚げ方が優れているわけでもありませんが、油が強くなく素朴な味がして、家庭的なのがいい。
 天つゆが受け皿になみなみと注がれ、添えられたおろし大根もたっぷりなので、家で天ぷらを食べるときのようにばくばくいけて、このように飾らずに食べられるのが定食屋のいいところなのさと一人ほくそえみながらいただきます。これってほとんど「孤独のグルメ」の井之頭五郎だよね。

 幸い店内の客は自分一人。ご家族と思われる店の方3人ももの静かで、途中お茶を出してくれたりと、ホスピタリティは高い。本音をいうとおれはこういう店が好きなのだろうな、きっと。

 大盛りサービスのご飯もすべていただいて、満腹のゴチソウサマ。
 そばや麦切りもありますが、定食類としてはほかに「焼肉定食」900円、「ミックスフライ定食」800円など。これらもいずれ制覇しようと心に決めました。
ikkou-kanonji 201611

 「一幸」と名のつく食堂は、余目駅前と酒田市広野にあり、これらは制覇済み。ほかには旧八幡町の観音寺と庄内町の狩川にあるようで、今回はこのうちの観音寺のほうを初訪問したところ。

 この店のメンマラーメンの画像がおいしそうだったので、それを頼もうかと訪問したのですが、「メンマラーメンにはチャーシューが入らないのよぅ」と店のおばさん。
 そういうことなので、しばし考えて、ラーメンのメンマ増量600+100円にしてみました。わがまま言ってスミマセンねぇ。

 小ぶりの中華どんぶりにびっしりといった感じで盛りつけられた、愛情もスープもあふれ出す一杯。
 鶏ガラよりも煮干しが勝ったスープはわりとあっさりめ。鶏ガラメインが多い中華そば屋のスープとしてはやや異色かもしれません。中太やや縮れの麺は少しだけ茹でが強めなのが惜しい。
 チャーシューは縁に脂のついたおいしいモモ肉?のものが2枚のほかに、端肉も少々入っています。
 期待大のメンマは、味自体は主張の少ない薄味でノーマルなものですが、3~4cmほどの長さの角材っぽいものがざくざくと。これだけ入れてもらって100円増しなら大サービスの範疇ではないか。

 というわけで、店のおばさんからは「メンマ増量のお客さん」としてしっかりと認知されたようです。(笑)
 ところで、これらの「一幸」店舗群は、のれん分けなどの関係性はあるのでしょうか?
daimon 201610

 余目の三人谷地、庄内町商工会の駐車場の隣にある「中華料理大門」を初訪問。
 12時15分入店。ここのウリは餃子のよう。すぐに餃子ライス800円を厨房のおばさんに所望しますが、「ちょっと混んでてねえ、時間が・・・」と。まあ、多少時間がかかってもしょうがあるめいと、そのまま奥の座敷へ向かいました。

 着座してあたりを見回すと、あれま、テーブル席の人々も含めて客数は20人ほどでしたが、食べている人がほとんどいないではないか。
 でもまあ、どうにかなるさと本を読んで待ちましたが、注文の品が運ばれてきたのは13時5分。・・・って、昼休み終わってんじゃん! なんと待つこと50分!! これにはマイッタ。職場に電話を入れて、戻るのが遅れる旨を告げたところ。

 ようよう運ばれてきたものは、ご覧のとおりの立派なもの。以前「日高屋」で食べたW餃子定食とほぼ同じ構成になっていますが、ご飯の量を除けばこちらのほうが充実しているでしょうか。もっとも価格差があり、日高屋は620円ですが。
 餃子は大きいのが10個。表面パリリの中ジュワリで、にんにくがきりっと効いています。
 中華スープはブシ風味が強いラーメン専門店のそれのよう。キムチも酸っぱくなくて旨し。
 うーむ、できればもっとゆっくりと味わって食べたかったというのが本音だな。

 支払時にはすでに暖簾が下げられていました。なんでも、「今日は客数が多いのに加えて大盛りを頼む人が多かったので材料がなくなった」からだそうです。
 よく見ると、店はおばちゃん一人でやっている模様。うーむ・・・この人数の客をおばちゃん一人でさばこうということ自体、無理があると思うぞ。
 どうやら12時15分に入店した自分が本日最後の客だったようです。不思議な店だなあ、ここは。
zamian 201610

 山形に帰ってくると蕎麦が食べたくなるもので、2日連続の蕎麦昼食。
 蔵王成沢のR13上り車線沿いにこの7月にオープンした「蔵味庵(ざみあん)」を初訪問。ここ、以前はたしか「ごちそう市場」があったところだよな。

 もり天そば700円。
 メニューを見ると、「当店の盛は普通盛りで通常の大盛りの量です。お子様や女性の方は小盛りをおすすめいたします」との威嚇文が。(笑)
 また、「かき揚・下足天がございます。いずれかをお選びくださいませ」というので、かき揚をチョイスしてみました。

 「そばのまるごまるご」のようなあっと驚くサーヴィング・スピードはなく、数分後に運ばれてきたものは御覧のとおり。
 麺量はけっして多いとは言えないけれども、一般的男性にとってはこのぐらいの分量が適量でしょう。断面が長方形をしたそばの切り口です。
 天ぷらは作り置きで冷めていますが、箸でちぎれるぐらいの硬さで、東根「伊勢そば」のように衣で口内を切るようなことはありませんので、ご安心を。(笑々)

 チューブからにゅるっと出しましたと言わんばかりのわさびを見てやや興ざめ感があります。
 格別すごくおいしいというわけではありませんが、まずくなければそれで充分。そもそも昔は蕎麦なんて、米ができないような地域で作付けされて腹塞ぎに食べていたようなものなわけで(認識不足か?)、しっかり食べて満腹になればそれでいいのではないか。
 でもまあここ、コスパはなかなかいいと思います。

 最後に、おばちゃんに蕎麦湯を催促し(催促しないと持ってきてくれなかった)、冷えた腹を温めてゴチソウサマ。
marukiya 201610

 庄内から山形に戻る途中に昼の時間になったため、R112沿い、西川町睦合にある「そば処まるきや」を初訪問。
 村山出身者は村山地域に戻るとなぜか肉そばを食べたくなるもので、ラーメン系ではなく冷たい肉そばの大盛り680+100円をチョイス。

 この店の味なのか、それとも久々に食べる肉そばだからなのか、スープから漂ってくる鶏脂の香りが強めに感じられ、唾液腺がキューッ! 鶏脂がうっすらと浮いていて、レンゲがないのでどんぶりから直接啜ってみれば、味もまた秀逸です。
 ただ、ちょっと塩辛めかな。麺を啜りあげた後はおいしいそばつゆを全部飲み干したいところですが、そうはいきません。わがままを言って蕎麦湯を所望し、これに足して飲んだらおいしいかもしれません。

 トッピングの鶏肉はいかにも親鳥のそれといった見た目で、どんぶりの表面をまんべんなく覆っています。食べてみればけっこうな歯応えはあるものの、硬すぎず、けっして柔らかくなくのいい嚙み心地。皮の部分が多く、そのこりこりした食感もステキ。肉そばの鶏肉はこうでなくっちゃ。
 そばは、黒くも白くもないミディアムな色合い。太さが多少不揃いなところがあり、製麺所モノではなく手打ちだろうなと思わせるものでした。
 添えられたタクアンは、梅のような風味も感じられて、はじめに供されるそば茶のお供にぴったりです。

 大盛りのボリュームも適度で納得。
 ここ、けっこう費用対効果が高いのではないか。680円という割安価格や、大盛り100円増しというのも良心的だ。
 機会があれば再訪し、もり天そばや味噌ラーメンなども試してみたいなと思ったところです。

kenchan-amarume 201610

 初訪問。これで県内ケンちゃん系列8店舗をすべて踏破したことになります。(ほかに象潟店(済)、秋田店(未訪)があります。)

 中華そば(普通)750円。
 おやまあ、スープが並々と注がれて、お盆にこぼれるぐらい。そそりますねえ、こういうの。
 そのスープは、他の系列店比較でいうと色、味ともに濃いめでオイリー。そのためかガッツリ度が深まり、強いインパクトを感じます。アレンジなし(普通)でたのんだところ、背脂は入っていません。

 おーし、それでは七味を振りかけてがっつこうではないか。
 麺は、ケンチャンらしく「普通」でも大量。ヒラヒラ度は高くなく、太麺がしっかり手もみされているといった形状で、茹で具合もやや硬めでたいへんにいい塩梅です。
 食べてもなかなか減りません。でもまあ、巨盛りではないので、その程度の感覚もまた楽しいもの。

 刻みネギと細裂きメンマが多め。チャーシューはモモのパサ系うっすら脂の縁どりが2枚、それに磯の香りを加える板海苔というふうに、ケンチャン定番のトッピングです。

 さすが、系列店の中でも出色との声も聞く余目店なので、確かな存在感があります。しかし、味が濃いだけに、後で喉が渇くことがあるかもしれません。

 駐車場に停められるかどうかが第一関門との噂もありましたが、10台程度は停められるようで、12時台の入店でも難なくその関門を通過することができました。
kotoichi 201610

 今年7月にオープンした「琴壱」を初訪問。庄内では随一と言っていいラーメン処「琴平荘」の暖簾分けだというので、期待は大きいです。
 が、並んでまでラーメンを食べることに潔さを感じていない自分は、実はまだ琴平荘には行ったことがないのです。

 中華そば680円。
 「中華そば」を名乗るにふさわしいシンプルなルックス。
 スープは、飛魚ダシが勝る深みのある凝ったスープ。麺は、太めのしっかりした食感がある啜り甲斐のあるもので、うまい。
 できる限り、といったところまで細く裂いたメンマが特徴的。メンマ本来の噛んで楽しむ繊維質な感じは失われますが、こうして食べるのも悪くないよなと思わせるもので、それがけっこう多めに入っています。
 ほかには、脂が強めの大きいチャーシューが2、磯の香りがしっかりと感じられる海苔、極薄に刻んだネギ。

 それなりにおいしいですが、ケンチャンラーメンや満び、太麺屋、麺や土門などのような強烈なインパクトはなく、むしろたおやかな印象を覚えたところ。
 同行者が曰く、これは琴平荘のラーメンとはベツモノであるとのこと。うーむ・・・、こうなると並んででも琴平荘を自分の舌で試してみたくなってきたぞ。