yamasemi 201704

 大江町の西部、県道大江西川線の月布川の沢をずっと上っていった貫見(ぬくみ)という集落にある手打ち蕎麦屋「そば処山せみ」を初訪問。

 板そば800円。
 主人が朝に打った蕎麦だそうで、適度に太さにばらつきのある太めの田舎蕎麦風。
 しっかりとした硬めの茹で上がりで、噛み応え、喉越しともによし。
 そばつゆは、鰹節と昆布のいい香りが鼻孔をくすぐるやや濃いめのもので、味もよし。
 蕎麦がしっかりしているので、このつゆに浸しても多くのつゆを吸いません。この小さなそば猪口にこの量のたれならば途中で足さなければならないかなと思っていましたが、それは不要でした。

 添えられたのは、菜の花なのかどうか、茎の太い緑葉野菜の漬物と、大根煮の炒め物。
 後者は単なる大根煮ではなく、強めの「てり」が入っていて、初めて味わうおいしいものでした。

 通常の昼食として食べるのならば、適度なボリュームで、過不足はありません。
 蕎麦湯を飲む段階で蕎麦たれを少し足し加えてごくり。さらりとしたタイプの蕎麦湯でした。

 やはり西村山地域は蕎麦どころ。ここもおいしかったけれど、ほかにもいい蕎麦屋がたくさんあるのだろうな。それらをひとつひとつ巡って味わっていきたいものです。
スポンサーサイト
ashitaba 201704

 大江町で仕事があったので、「あしたば食堂」を初訪問。
 正午過ぎの入店のためか店内はほぼ満席状態で、2階の宴会場らしき座敷に通されました。

 あしたばラーメン550円。
 中華そばと同じ価格で、とんこつ味のもの。
 キャベツなど具が入っていますが、むき海老なんかも入っていてたいしたものです。
 チャーシューではなくベーコン様のものが入っていますが、忙しいためか、3枚分がくっついていました。3枚別々にトッピングすれば見栄えもするのに、そういう小ざかしいことはあまり考えていないようです。

 どのメニューが最も出るのか女将さんに聞いてみたところ、「何でも出るんですぅ~」とのこと。
 ふつうなら店のウリをアピールするところでしょうが、正直なところを隠しだてなく言っちゃいましたといった風な、あっけらかんとした話し方が面白かったです。
 地元の老夫婦や作業着姿のオジサンたちが集う、地元密着型の店でした。
marugame-yamagata 201704

 独立系の店を攻め続け、未訪の店を地道につぶしていこうとの考えで食べ歩きをしていますが、この日はそれにこだわらず、久々にあれが食べたいと思って、山形市嶋南の「丸亀製麺山形店」を4年8か月ぶりに再訪しました。ターゲットはかけうどんと野菜かき揚げです。
 なお、初訪時の様子はこちらをご覧ください。

 親子丼定食+野菜かき揚げ、680+130円。
 親子丼定食は、かけ並+親子丼小、290+390円の組み合わせになります。

 かけうどんは安定したうまさで、セルフのネギ、つゆをたっぷり。
 今回はどでかい野菜かき揚げをテイクしたので、天かすは遠慮したところ。

 親子丼は、「小」とはいえ侮れないボリュームです。
 味はそこそこかもしれないけれども、うどんと一緒に注文して、支払いを済ませるまでのわずかな時間にきちんと調理してはいドウゾと配膳されるのは立派。若いアルバイトではなく熟練のおばさんがつくっているところがよく、それなりに納得できる内容です。

 親子丼が想像以上の量だったので、このコンビネーションでは自分にとってはちょっと多過ぎました。天ぷらが明らかに余計だったな。
uogashi 201704

 寒河江市西根、R112沿いにある「魚河岸寿司」を初訪問。以前から目には留まっていたのですが、これまで入る機会がありませんでした。
 某水産品卸会社がやっている店なのだそうで、近隣の人たちからも悪くないよとの情報を得ていたので。
 「らっしゃい」と板場の大将。奥には何人かの女性従業員がいる模様。いちおう回転寿司店のようですが、ターンテーブルから皿を取っている人は見かけず、もっぱらランパス使用の人とおまかせ海鮮丼狙いの人ばかりです。

 おまかせ海鮮丼630円。
 この価格ではどういうものがくるのだろうかと少し不安になるぐらいの格安さではないか。

 15分ほど待って着丼。ほほう、価格以上だな。
 穴子は大きくないし、刺身の切り方は薄めだけれども、文句は言えないグレードと言っていいでしょう。
 寿司めしは酢が弱めで、ややパサついています。
 えび汁、漬け物が付いています。
 ガリは食べる分だけお取りください。茶袋は一人2つまでに願いますとのこと。

 内陸に来てこういうことを言うと嫌われそうですが、やはりネタの鮮度、大きさ、味などは庄内レベルを凌駕するものではありません。
 しかしそれにしても、「オヤジ、この値段はないだろ!」と言ってしまいそうになります。もちろん、安すぎて。
michinoeki-asahimachi 201704

 2015年10月にオープンした、道の駅あさひまち「りんごの森」を初訪問。
 西村山1市4町にある5つの道の駅で「山形どまんなか道の駅丼ぶりバトル」というイベントをやっているので、そのあさひまち版の「あっぷるニュー豚焼き肉丼」800円を食べました。

 りんごを飼料として与え、放牧で育てたストレスフリーの地元ブランド豚を使っているのだそう。
 甘じょっぱくてちょっぴり辛いオリジナルのたれが絡めてあり、なかなかおいしかったです。
 「りんご冷麺」というのにもそそられましたが、これは次回にしましょう。

 食後に外の「アップルマルシェ」で売っていた生乳ソフト300円を食べ、売店でアップルパイを買いました。
bunbun 201704

 居住地が内陸地方に移ってからも、近隣の未訪店を積極的に開拓しているこの春。
 ある休日、山辺町大塚地内のR458沿いにある「そばやぶん文」を初訪問。

 ぶっかけそばがお勧めのようなので、天ぷら、えび天、とろろ、ネバネバ、納豆おろしなどのぶっかけメニューから「納豆おろしぶっかけそば」800円をチョイス。
 ご覧のとおり納豆、大根おろし、温泉卵、ワカメ、かまぼこ、ネギのトッピング。これに徳利に入っているそばたれを適量ぶっかけて啜るという趣向になっています。

 手打ちの蕎麦がしっかり硬めできりりとした食感があり、たいへんに美味。街道沿いの小さなそば屋とアナドッテいたことを反省します。
 そばたれはこころもち薄め。このぐらいの味だと家庭的なレベルの範疇で店屋物としてはインパクトが弱いように思いましたが、食べ進めるうちにこれぐらいでいいのだなと感じるようになりました。塩辛いそばたれも、たれのみの味で食べているようで考え物ですからね。
 付け合わせの小皿はキクラゲの辛子醤油煮で、コリコリしていて旨し。

 もうひとつ絶賛すべきは蕎麦湯。食べ終わる頃に小椀とともに運ばれてきたそれは、とろりと白濁した熱々のもので、そぱたれを少々加えて飲めば最高においしく、全部飲んでしまいました。

 冷たい蕎麦がおいしい季節になってきました。
 村山地域に戻ってきてからは、蕎麦を食べる機会がぐんと増えてきています。
oreno-tanaka-hon 201704

 5回目の訪問。この店ではこれまで中華そばと味噌ラーメンを食べているので、今回はつけ麺しょうゆとまかない飯、710+130円にしてみました。

 見た目が素晴らしく、食欲がそそられます。白髪ネギのシャキッとしたルックスとゴージャスなチャーシューあたりがウリのポイントになっていると思う。
 ここの麺は極めて上質なので、つけ麺で食べてもおいしくないわけがありません。多加水太麺の手もみ縮れ。山形地域ではトップクラスを走り続ける麺と言っていいのではないでしょうか。

 つけ汁もキリリと熱く、それの表面が脂で覆われて冷めにくいので、中盤以降まで食べ進めても熱さが失われません。
 丁寧なつくりで魚介風味が勝る濃厚な味わい。摺り胡麻が効いています。
 中華そばの場合は塩辛さが強めですが、こうして食べる分にはちょうどいい味わいでしょう。

 まかない飯は、これで130円?という高いグレード感。ここに来たならこれを食べなければ損をします。
 セルフの漬物とともにうめえうめえとかっ込みます。

 フィニッシュは残ったつけ汁にたっぷりとわりスープを注ぎ、やや薄味ぐらいにしてレンゲでずずっと啜ります。
 ああ、うまかったなぁ。食ったなぁ。
 高い至福感は健在。いい店ですよ、ここは。
toiya-honami 201704

 河北の本店は行ったことがあるけれど、寒河江の「といやほなみ分店」は初めての訪問となります。

 といやセット、平日限定780円。肉そば、カツ丼のハーフセットで、「一度に2種類食べられないお客様にぴったりの量です」とのこと。
 確かに量は多いとは言えませんが、少なくもありません。仕事の合間に食べる量としてはこのぐらいが適量でしょう。

 肉そばは、先に食した一寸亭のそれを一様に薄めのインパクトにしたような印象。鶏脂は少なく、色の薄いそばたれで、甘さはマイルド。麺はやや白っぽく、鶏肉はやさしい歯触りのものとなっています。

 カツ丼は、こんがりと揚げられたカレー風味のする薄いとんかつと真っ赤な紅生姜で構成されています。どんつゆは濃いめのものが少量で、ざぶざぶせずなかなかに美味です。
 これもまた真っ赤な赤カブの甘酢漬けが付いており、全体として「赤」の色合いが強調されていました。

 正直言うと、肉そばもカツ丼も自分にとっては量が中途半端な印象。それぞれ食ったなぁという気にはなれません。
 自分に合うのは肉そばの単品もしくはその大盛りかもしれません。
michinoeki-nishikawa 201704

 「道の駅にしかわ」での食事は初めて。
 「山形どまんなか道の駅丼ぶりバトル」という企画をやっており、道の駅河北の「河北肉そば風タコライス丼」、寒河江の「さくらんぼ鶏の親子丼」、大江の「山菜天丼」、朝日町の「あっぷるニュー豚焼き肉丼」とともに道の駅にしかわがエントリーしている「西川産牛丼」980円を食べる。
 実は昨晩も牛丼だったのだけど、4月27日までの限定企画であれば、これを食べるべきなのでしょう。

 肉質のいい部分を使った薄味の牛丼。
 牛丼って、基本的に肉がそれなりで味が濃く、ごはんも丼つゆに浸って箸でつまめないけれども、丼を持ってがしがしとかっ込めばそれなりに食べられる――というものだという意識がどこかにあります。
 したがって、このような高級かつ上品な牛丼は、もうすでに一般論で言う牛丼の範疇を逸脱しているのではないかと思ってしまいます。

 むしろいいなぁと思ったのは小鉢類。春の到来を告げるうるい、こごみ、あさつきの3点セットが西川町らしくていいのです。
 おみ漬けも美味、味噌汁はなめこ。

 食券を買うと自動的に厨房に注文が入り、機械音声で呼び出される仕組みですが、あの機械音声はせっかくの立派な店内の雰囲気が壊れてしまうので、やめたほうがいいと思う。
chottotei-hon 201704

 肉そばといえばココが人気ナンバーワン、谷地所岡にある「一寸亭本店」へ。
 いつも混んでいるので敬遠してきたけれども、平日のこの日はさほど並ばずに着席できました。その後行列ができていたけど、店内には空いている席が散見されます。つまりは客さばきのオペレーションがよくないということなのかもしれません。多くの店を見ていると、そういうことって何となくわかってくるものです。
 前回の入店はおそらく20年ぐらい前のことになるのではないかな。店内が多少改装されているようで、以前の印象とは異なります。

 冷たい肉そば700円。一味をババッと振りかけて、さっそくいただきます。
 他店よりも鶏脂が多く、こってりした味わいのスープだなという印象。
 鶏脂をまとった刻みネギとともに麺を啜ればうまいのなんの、たまりません。
 一方、かつてはえらく硬かった印象のある短冊形の親鳥肉はすっかり柔らかいものになっていて、やや拍子抜けした感じでした。

 スープを全部飲みたいけれども、脂の量を意識して我慢。
 また、ここに来たならカレー味のソースカツ丼も食べたいところだけれども、それはハーフでも450円するので、2つで1,150円は高いでしょ。なのでこれも我慢。
 このように我慢を求める「一寸亭本店」。このジレンマが多くの人の再訪を促す原動力になっているのかもしれません。
asunaro 201704

 4月から勤務地が変わり、山形に戻ってきました。
 戻って初めての外食は、「あすなろ食堂」に行くのが仁義というものでしょう。
 あすなろ食堂は、自分にとってはナンバーワンの定食屋。この質、この量、この速さ、この価格でこれだけのものが供される店をほかに知りません。

 この日のあすなろ定食790円は、肉とキャベツときのこ炒め、冷奴、かぼちゃサラダ――と、ボードに書かれています。そのとおりなのですが、少し解説すると――。

 メインディッシュは豚肉とキャベツ、タマネギ、長ネギにキクラゲ、しめじ、シイタケを加えた塩仕立てのやさしい味がするもので、香りづけにごま油風味のドレッシングがかけられます。炒め汁には少しとろみがついています。
 うっすらと熱がまわってしんなりとし始めたぐらいの長ネギがおいしい。

 冷奴は鰹節たっぷりに万能ネギ。卓上の醤油と七味をかけて食べれば箸休めにぴったり。

 かぼちゃサラダは、かぼちゃ、キュウリ、タマネギをマヨネーズ風味で和えたもの。あすなろ食堂にしてはめずらしく塩を効かせてはっきりした味に仕立てており、おいしかったです。

 ワカメの量がハンパでない味噌汁。これほど具を充実させている食堂はほかではほとんど見かけません。
 漬物代わりのモヤシのキムチ風もピリリとして美味でした。

 ああ、納得。今回は、肉類は豚肉だけの野菜を中心とした充実メニューでした。これなら肉なんてなくていいや。むしろそのほうがいい。
 あすなろ定食を食べて、自分は山形に戻ってきたのだなという感慨が脳裏を駆け巡ったところデス。
kenchan-tsuruoka 201704

 庄内の食べ歩きは3月末日を以って終わったかと思ったら、倅が鶴岡に勤務地を得て引っ越したため、その応援のため4月1日の土曜日、またもや庄内へ。
 その倅がケンちゃんラーメンを食べたいというので、「ケンちゃんラーメン鶴岡店」を初訪問。

 この店はかつて、現在の場所から200mほど離れたところにあった「ケンちゃんラーメン羽黒店」が店舗を新しく移して開いた店だと思う。
 羽黒店の住所は「鶴岡市羽黒町押口字升ノ内」だったけど、新店舗は「鶴岡市大宝寺字中野」なので、「鶴岡店」と名を変えたというわけなのでしょう。

 今は無き以前の「羽黒店」には、ほぼ10年前の2007年5月に訪れており、その時のインプレはこちらになります。
 旧店舗は屋根が低くてしもた屋風の印象すらあったものでしたが、いまの店はそれとはうって変わって、すっかりこぎれいなものになっていました。

 中華そばの「普通」の味ふつう、750円。
 香り、味、見た目、食べ応えなどはケンちゃん各店共通のインパクト。どの店で食べてもうまいねえ。

 この店独特だと思われる点を2点。
 麺は、ここの場合他店と比べるとさほど太さはなく、平打ちのものをしっかり手もみしてぴらぴらになっているもの。山形店のようにもぐもぐと麺を噛む必要はなく、喉越しという点ではなかなか優れた味わいです。
 また、豚肉のチャーシューがしっかりとした噛み応えのあるもの。近時流行りのトロチャーシューの対極をいくものですが、他店では味わえない存在感に好感が持てます。

 麺量は、さすがのケンちゃん。多いんだな、これが。300gぐらいはあるのだろうな。ということはつまり、「普通」でも一般店の大盛りぐらいはあるということだ。
 では、この店の「大盛り」とはどのぐらいの麺量なのだろう。試してみたい気もするが、自分はもう食べ切れないのだろうな。
narumi 201703

 旧櫛引町の「中華料理なるみ」。2015年4月以来、約2年ぶりの再訪となります。
 前回は五目焼きそばを食べたので、今回はラーメン類だな。

 地元民からの信頼が厚く、加えて大衆食堂としての実力もあり、評判の店と認識しています。
 18時頃に訪問した今回も、団体の懇親会や家族連れの会食などで大賑わい。座敷、テーブルはほぼ満席でしたが、カウンターが空いていたので、そこに陣取って、中華料理ずらりのメニューを眺めます。

 メニューのラーメン類は、ラーメン(味噌・しょうゆ・塩)・・・という形の表記になっており、モヤシラーメンもネギラーメンもマーボーラーメンも、みんなみそ、しょうゆ、塩が同料金になっています。
 その中から今回は、野菜ラーメン(味噌)750円をお願いしました。

 中華料理店ということで、麺はおそらくどこかの製麺所から取り寄せたものを使っているようで、これ自体には格別の印象はありません。
 しかし、野菜についてはなかなかスバラシイ。強火で浅めにガッと炒めた野菜がとてもおいしいです。投入されている種類も豊富で、気づいたものを書けば、モヤシ、キャベツ、タマネギ、ニンジン、ニラ、タケノコ、キクラゲ、マッシュルーム、そして豚バラ肉。
 タケノコやニンジンはモヤシの形状に合わせて細くカットされており、そのあたりにも中華料理本来の細やかな気配りが感じられます。

 味噌味のスープはサッポロ風。ラードで味が調えられていますが、口当たりはまろやかでくどさがなく、やさしい感じがしました。

 アパートを引き払い、庄内での勤務をすべて終えた2017年3月31日の夜。車に荷物を積んで自宅に戻る途中に寄った、庄内での食べ歩きの平成28年度最後の店となりました。
fukusen 201703

 昨年の年度末に職場でここから寿司の出前を取ってたべた記憶があり、その以前にもかつ丼を賞味しているので、これが3回目。
 今回も、平成28年度末の3月31日に職場の親睦会で注文したものです。

 ちらし寿司と弁当の2種から選べるようにしたというので、今回は弁当のほうをチョイスしたところ。
 今回は1つ2,000円でと注文したのだそう。
 この地に限らず田舎の仕出し料理にありがちなのは、金額をアップすると質が上がるのではなく量が増える方向に進むこと。それは必ずしも提供する店のほうだけに問題があるのではなく、注文するほうも少なからず期待をしていることなのではないか。
 量の充実は当方も望むところなので、まったく支障はないのですが。

 届いた弁当は、長辺が30cmを超えるデカい容器で、しかも持つと重い。期待と不安とで(笑)ふたを取ってみると・・・やっぱり目論んだとおりだあ! いっぱい入ってるゾ。
 天ぷらは、大きな海老を筆頭に、春の到来を告げるこごみ、しめじ、キスで、いずれもネタが大きい。
 刺身は3点で、それぞれ2切れずつぎゅっと。ツマには大葉、大根のほかにワカメも配され充実です。
 しょっぱめの味付けの豚焼き肉も分厚く大きいのが3切れ。ふだんならこの焼き肉だけでごはん1膳は軽くいけそうな感じです。
 それにうるいのおひたしマヨネーズ添え、ラーメン用を援用したと思われるメンマ、この地方らしい胡桃豆腐のあんかけと、しば漬。
 海老の頭がたっぷり入った海老汁が添えられるのも、海の近くならではの贅沢でしょうか。
 おかずも多彩で楽しいけれど、ご飯の炊き具合がふっくらとしていて秀逸だったことはぜひ付記しておきましょう。

 ああ、満腹。うまかった。
 新年度からは内陸地方に勤務地が変わるので、庄内の食べ歩きもそろそろ終わり。いろいろあったけれど、庄内での単身赴任生活は総じて言えば楽しかった。これで終わってしまうのかと思うと寂しさも募ります。
 箸袋には庄内弁で「いつもありがとの」との記載が。いえいえ、こちらこそ、ありがどの、庄内。
 まさに食の宝庫、食の都だった庄内。それを締めるのにふさわしい質と量の食事になったと思います。
itagaki 201703

 今年2月にオープンしたばかりの鶴岡市家中新町「麺屋いたがき」を初訪問。
 平日12時ちょい前の到着でしたが、7台分ある駐車場は何台か空きがあり、暖簾の外で1組が並んでいる程度の混み具合。これだったらラッキーなほうかな。

 得入りらぁめんの大盛り、930+10円。
 普通盛りは麺200g、大盛りは300gですが、大盛り料金は10円! これは大盛りをいくしかないでしょう。

 醤油らぁめんが680円で、これにトッピングセットの「得入り」250円を入れたものということのよう。
 それらは、厚手のチャーシュー3枚、メンマ、味玉1/2、板海苔、味付ネギなど。
 それぞれ手抜きのないラインナップでしたが、とりわけ味付ネギは全体の味を引き締めていたと思います。

 そして、麺がいいなあという印象。わりかし太めの多加水で、そのもっちり感がとびきりで、絶妙です。
 背脂がたっぷり入ったとんこつ味のしょうゆスープ。スープの量が少なめだということもあるけれども、おいしいので全部いただいてしまった。
 でもこの強めの脂は、胃腸にはあまりよくないかもしれません。大盛りで具沢山なので腹もちもやたらとよく、食後は彼らが懸命に消化に当たっている様子がアリアリでした。
ginga 201703

 初訪問。温海の名店「久太」で修業した人が旧櫛引町の下山添に開いた店。テレビで紹介されたばかりなので、開店時間直後の時間帯でもけっこう繁盛していました。

 ここに来たならはじめは基本の中華そば700円を食べるべきでしょう。
 麺は縮れとストレートから選べ、好みの縮れをチョイスです。

 運ばれてきたときの香りがすごくよく、店の気合の入り方を実感。かなり凝った感じのスープですが、口当たりがあっさりしていて、ああうまいなと素直に感じられるもの。複雑なくどさが寸分もないにもかかわらず、含めば思わず目をつぶってしまいそうな恍惚感のあるスープです。こういうスープを求めている人は多いのだろうなと思料したところ。

 麺は細麺。手もみが効いていて、のど越しがすごくいい。このあたりも実はしっかり計算されてのものなのでしょう。
 分厚いトロチャーシューが2枚というのも人気の秘訣。

 このやさしい味を若い者たちはもの足りないと感じるのかもしれませんが、あっさりでありながらこの奥深さをつくりだしていることに、自分は舌を巻きます。
 前日「龍上海」の赤湯ラーメンを食べて“くどい旨み”を存分に味わっただけに、その対極にある“あっさりの旨み”もこれまたアリだよなあと思ったところです。
 ま、700円って、けっこういい値段ですけどね。大盛り200円だし。
ryushang-tsuruoka 201703

 鶴岡市日出にある「龍上海鶴岡店」を初訪問。
 龍上海は大好きで、その名を全国にとどろかせた辛味噌ラーメンもうまいのだけど、自分はここの醤油ラーメンも好きなのだ。
 龍上海だったらなにも庄内地方で食べる必要性は薄く、山形の自宅近くには山大医学部前店があるし、なんならちょっくら赤湯本店までドライブがてら行ってもいい。そんな考えで、これまで鶴岡店はナナメ見するにとどまっていました。
 しかし、この店の味を知らずして龍上海の全貌は語れないではないかと思い直し、このたび行ってみたところデス。

 職人肌のオヤジが無口、無表情で黙々とラーメンをつくる――という店ではなく、夜でも照明が明るく、ジャズのBGMが流れ、きりっと薄化粧をほどこした女性ホール担当がいて、テーブルが脂っこくないという、居心地のいい店です。
 メニューは味噌と醤油。それらのノーマルとチャーシューメンの4種で、大盛りは100円増しと良心的です。

 赤湯ラーメンの大盛り、680+100円。
 メニューに書いてあるとおり「赤湯ラーメン」と頼むと、店のオネーサンは「醤油でよろしいですね」と確認し、厨房には「中華一丁」と伝達。そうだよな、ここでは「醤油を」と頼めばよいのだった。

 結論から言って、すごくいいラーメンでした。
 龍上海は、本店と同様の味を追求する店と、やや独自の味を求めていく店の2タイプがあるように思います。山大医学部前店や米沢店などが前者に入るのですが、この鶴岡店もそのようです。だから、龍上海好きにはドストライク!

 龍上海各店に共通する独特の煮干し風味を湛えたスープは、表面全体に厚めに脂が浮き、湯気が立ちません。それにレンゲをさし入れ啜れば、醤油の香が立ち美味。
 自家製手もみのもっちり太麺は、おれの好きな麺ってのはこれだったのだなと思い出させるスグレモノ。大盛りにすればそれをいかんなく食べられて幸せな気持ちになれます。この麺を我慢して腹八分でとどめるなんて愚の骨頂だと言いたい。
 デカいバラチャーシューが2枚、龍上海らしくメンマがザクザク、無骨に切った輪切りのネギも本流龍上海と同じです。

 ホンモノの龍上海の味をいながらにして食べられるようになった庄内地方の皆さんは果報者の集団です。
 ああ、んまかったなあ!

 ちなみに県内の龍上海は、赤湯本店、米沢支店、山大医学部前店、栄町支店(南陽市)、宮内店、山形店、高畠店、東根店、鶴岡店と9店ある模様。これで未訪店は東根店のみとなりました。
yaguchi 201703

 旧温海町の中心街にある「矢口食堂」を初訪問。
 以前からここのラーメンとかつ丼がうまいと聞き及んでいたところでしたが、このたび鼠ヶ関に用事があったのを幸いに行ってきました。

 昼前なのにほぼ満席。自分たちを待っていたかのように1つだけテーブル空いていたので着席。隣りのおじいさんが食べていた味噌ラーメンにもそそられましたが、計画どおりかつ丼900円を注文。
 メニュー札に「丼類は時間がかかります」とはっきり書いてあったので心の準備はありましたが、20分以上は待ったでしょうか。後で来た客の麺類が先に配膳されるのをじっと堪えるのもなかなか辛いものです。

 で、運ばれてきたかつ丼は、なかなかの美人です。なめこ・豆腐・麩に刻みネギを散らした味噌汁と、赤かぶの甘酢漬けと黄色いタクアンの彩りもよし。
 肝心のかつ丼も、小ぶりに見えるけれども深みのあるどんぶりで、全面がカツで覆われています。

 豚カツは、さほど厚みはなく、赤身が多めの上品なもの。もう少し脂身があってバタ臭い感じのほうが自分は好きです。
 タレの甘辛のバランスが絶妙で、うまいと評判をとっている理由はこのあたりにあるでしょうか。どちらかというとつゆだくに振れており、味はやや濃い程度。タマネギはそのタレを吸い、茶色に色づき始めたところといういい塩梅です。
 反面、とき卵の使用量は少ないのかもしれません。

 味噌汁も結構な味でした。
 かつ丼には満足したので、再訪の機会があれば、気になったラード系の香りのよい味噌ラーメンも食べてみたいと思ったところ。同行者が言うには、ここの塩野菜チャーシューメン(メニュー札にはないけどつくってくれるのだそう)もオススメだそうです。
zetton 201703

 鶴岡市道形町の羽州浜街道沿い、今年2月に開店したばかりの「麺や絶豚」を初訪問。
 ここにはかつて「麺処仁」というラーメン屋があったのだけれども、一度も入らないうちに店を閉めてしまい、しばらく空きテナントになっていたのでした。

 この日の最初の客として入店。
 メニューからこく出汁みそバターラーメン700円をチョイス。
 女性店員さんから「以上でよろしいですか?」と訊かれ、その口調にふつうはサイドメニューを頼む人が多いのよというニュアンスを敏感に感じ取り、肉みそ丼(単品150円、ラーメンとセットの場合100円)を合わせてみました。

 ラーメンのほうは、楕円形のどんぶりがユニーク。初めて見ます。
 スープの味は今どきのラーメンのレベルを満たしており上等。
 ミズナをトッピングするあたりが今風だけれども、そういうことには格別メリットは感じていません。彩りは多少よくなるかもしれませんが、味自体がよくなるわけではありませんので。

 メンマは、むしろタケノコの細切りと言ったほうがしっくりくる歯応えのいいもので、ほかでは見かけないオリジナルです。でも、しんなりとして煮汁の味がするフツーのメンマのほうがボクは好きだけどなぁ。
 麺は、自家製だそうで、あまり黄色くない中太ストレート。それぞれの好みがあるのだろうけれども、自分の場合中華麺は黄色くて手もみの縮れが入っているほうが好きなので、まあ、ふーんといったところ。ストレートだと啜り具合もそうめんっぽいんだよな。

 基本のアゴ出汁正油とみそのラーメンが500円というのは安いです。しかしそれがピリ辛になると100円増しだし、“こく”出汁みそになると100円増し。
 そしてそのこく出汁みそにバターが入るとまた100円アップするのですが、入っていたバターの大きさ、厚さははっきり言ってしょぼい。もしこのバターが入るかどうかで100円の違いがあるのであれば、バターはやめておくべきでしょう。

 肉みそ丼は、100円ならばリーズナブルでしょう。おいしかったです。
kuroba 201703

 3月も押し迫ったある日の昼、鶴岡市淀川町の「クロバ」を初訪問。
 仕事の関係からこの3月いっぱいで庄内を離れることになり、庄内地方の食堂めぐりも大詰め。鶴岡市内の店もずいぶん巡らせてもらいましたが、ここはまだだったのです。

 ここに行くなら「田舎みそラーメン」800円を食べようと決めていました。山菜と納豆が入るというユニークなものです。そんなの食べたことないものな。
 「田舎」は方言で「ぜんご」と読ませるようです。

 直径が大きく平べったいどんぶりにて登場。納豆の香りがします。ひきわり納豆を使っていて、スープにうっすらととろみがついています。啜れば美味。
 麺にかけられた具は極めてユニーク。山菜だというから、山菜そばで見かけるようなミックス山菜がそのまま入っているものを想定したのですが、さにあらず。炒めた豚肉となめこ、ワラビ、筍ですよ。豚肉のバタ臭さがいいじゃないか。
 納豆と山菜と豚肉のコラボ。こういうコンビネーションを思いつくヒトというのは、おそらくこの店の主人をおいてほかにはいないのではないか。
 意外性に加えて、不思議にうまいということにもオドロキを覚えたところです。

 麺はやや細で、さほどの特徴は感じませんが、それなりにおいしいです。
 メニューには、中華麺、蕎麦、うどん、餃子を自家製で供していると誇らしく書かれていました。

 いやぁ、食べに行った甲斐がありました。このユニークさは抜群でした。