gassanken 201510

 9時過ぎに庄内を発ち、山形に行く途中のどこかでメシを食べて、昼過ぎには山形市内での用事に間に合うようにしなければならない。どうしよっかな~♪と考えて、そうだ、旧朝日村の「月山軒」ならば11時にならなくとも店は開いているはず――ということに思い至る。もうそこしかあるまい。ということで初訪問。
 R112を走っていていつも見かけてきており、かなり昔から気になっていた店なのでした。

 入ってみると、きっと昭和の香りぷんぷんなのだろうなとの予想を覆し、はるかにモダンで明るい印象。やはり店は、実際に自分で体験してみないことには、真髄はワカランものですねぇ。

 カツ丼を食べようかと思いつつメニューを見ると、カツ丼が800円に対してトンカツ定食は850円。50円増し程度だったらトンカツ定食だなと、急遽方針変更です。

 どんぶりにのっけたならジャストフィットではないかと思われる楕円の形をした揚げたてのとんかつ。これ自体は不可となる部分のないスタンダードなデキです。
 それにマヨをたんまりつけて食べてねと言わんばかりの線切りキャベツとマヨ。なぜかその脇には真っ赤な紅ショウガが添えられています。

 菜っ葉の煮びたしの小鉢と、おいしい仕上がりの漬物、裏山もしくは庭からさっき採ってきましたという感じのミョウガの味噌汁。いずれもなんだかほっとする田舎風でよろし。
 ごはんもどんぶりにたっぷりでグー。

 カツに、たとえばデカいとか厚いとか揚げのショリ感とかもうひと工夫あれば、トンカツ定食そのものでも十分再訪可能性アリ。今回のような好機があれば、その時は麺類も試してみたいところです。
 その後は高速ですぃーっと山形へ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1057-516f18b1