mikazuki-imamachi 201601

 酒田市内で店舗展開している三日月軒の今町支店を初訪問。

 中華そば(大)550円。
 メニューはシンプルで、中華そばの小、大、大盛りと、中国ラーメン。
 「大」はいわゆる普通盛りなのですが、かなり量がありました。固茹での麺がスープを吸って増えていく感じがあり、そうなると大変なので、わしわしと食べ進めます。

 その麺、旨し。細めの縮れ麺はいかにも支那そばですといったホロホロした感じがあり、この食感は昔から続いているのだろうなと思わせるトラディショナルな風味で、とてもステキ。
 してまた、スープ、トッピングも簡素かつ素朴で、これらもまた支那そばとはこういうものなんだよと独りごちたくなるような塩梅です。
 チャーシューはモモのパサリとしたものが3枚。スープも飛魚系だけどそれに偏向し過ぎていないアッサリ系で、レンゲがついていないのでこれをどんぶりを捧げ持ってこくりと飲めば古のラーメン特有の至福感が満ちてきます。

 テーブル2、カウンター席4ほどの狭い店という昭和の風情も手伝って、ノスタルジックな気持ちで食べました。
 これで550円というのは安いよなあ。

 三日月軒はこれで中町店、東中の口店、高砂支店に続いて4軒目。残すところは駅東店。三日月軒はいずこも客を裏切りません。いずれ駅東店も制覇しようっと。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1120-98b5a0b2