tonta-amarume 201603

 ある日の昼休み時間帯に、第1~第3候補店まで考えて余目へ。しかしそれらは、既閉店、不定休の休み、定休日と全敗。なんなんだよいったい・・・。
 で、目についた「ラーメンとん太余目店」に飛び込んで、ようやく本日の昼メシにありつけたところ。

 初訪問。とん太と言えば、あれは四半世紀以上前になるのかな、店舗展開を始めた当時は具志堅用高が専属キャラクターになって、東北地方には珍しいとんこつラーメンを出したのでした。山形の家の近くにも店舗があって、何度かそこで食べた記憶がありますが、いつのまにか別の店舗になり、何回か代替わりして今は肉そば屋の「つる福」になっています。

 野菜味噌ラーメン780円。ごはんがサービスだというので、それも。
 全国どこでも通用するであろう太め、ストレート、黄色の角麺。これ、山形の「札幌ラーメンどさんこ駅前店」とよく似ています。
 トッピングの野菜は、豚挽肉とともにラードを効かせて炒めたもので、いいボリューム。スープとは別につくっていて、炒めたものにスープを注ぐいわゆる煮出しはしていません。

 スープは、とん太共通のようで、かなり塩気の強いこってりしたもの。
 こうなると、これにご飯をぶち込みたくなります。
 小さいながら下膨れの器に入ったご飯は思ったよりも充実した量。これの全部を残ったスープに投入し、レンゲを使ってかっ込みます。スープの味が強いので、量の多さもなんのその、あっさり完食となりました。

 正直言って大きな期待はしなかったのですが、店内には様々なラーメンが写真とともに掲げられていて、何を食べたらよいか目移りしてしまいました。
 ラータンとかNEOとか、一見の者にはにわかに理解できないものもあったので、いずれ再訪してそれらの一部を確かめてみたいと思います。
 年中無休でやっているというのも、安心感があっていいですね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1162-fd235de5