urekko 201603

 長野県を過ぎて新潟県の柏崎まで戻ってきて、昼の時間。老舗ラーメン店の「うれっ子」を訪問。
 表通りの看板を目当てに細い路地に入ると、そう広くない間口の建物に人が何人か並んでいます。看板には「味のホームラン」の文字が。そうか、ホームランの味なのか。(笑)

 チャーシューメン800円。
 ラーメンが570円とあり、230円プラスしてどれほどのチャーシューの増量があるのか興味津々でしたが、運ばれてきたものを見て納得。平たい形をしたどんぶりの表面全体がチャーシューで覆われています。
 そのチャーシューは、薄切り生ハムのようなやさしい味と食感。数えてみたら9枚ありました。

 その下に隠れていた麺は、ぷりぷり感のある細めのもので、近くの製麺所でつくる自家製麺とのこと。格別優れた麺とは思わないけれど、昭和にタイムスリップしたかのような店の雰囲気とも相まって、クセになりそうな印象。
 塩辛めのスープは、醤油の色の濃くない、塩で味を整えていると思われるもの。適度に雑みがあり、鶏ガラや野菜風味の庶民的な味で好感が持てます。

 店で働く親子と思われるおばさんとお姉さんが新潟美人。
 焼きそばやタンタンメンなども人気のようでした。
 柏崎駅前で見かけた「そばよし」というラーメン店でも行列ができていましたが、「うれっ子」はその姉妹店なのだそう。ナルホドね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1168-aa1d0956