etsuna 201605

 鶴岡警察署のR112を挟んだ筋向いにある「庄内旬味悦波(えつな)」を初訪問。
 靴を脱いで入店すれば、長くて光沢のある木製のカウンター。蕎麦とラーメンの両刀遣いの店のよう。
 そのカウンターの一席に着座して、悦波麻婆ラーメン900円をお願いしてみました。
 ココのマーボラーメンは揚げ豆腐が入っているというのですよ。

 それがコレ。うひゃあ、なかなかのインパクトですね。他店で見かけるマーボラーメンとは完全に似て非なるものとなっています。
 スープのとろみがすごい。口にしてみると、「ぽったり」という表現がしっくりくるぐらいの、中華餡的なつくりです。
 ラー油、豆板醤、鷹の爪などに加えて七味がたっぷりふりかけられています。さらに左上にある辛味噌も加えてみてねとのこと。したがって四川麻婆とはやや異なる味と辛さです。糖類を加えて甘さで丸みをつけているような感じもします。当然ながら、下瞼あたりからじわじわと汗が滲んでくるような刺激。

 この餡様のスープには、挽肉は入っていますが豆腐は入らず。代わりに大きな揚げ豆腐が3個も。揚げ豆腐が単品1個200円で提供されていることを思えば、3個入りの価値は大きいのではないか。
 でかいので、左下の別皿に取り分けて食べましたが、表面の揚げ立ての食感と中の豆腐のふんわり感がとてもステキです。

 この店の優れているところは、麺もまた美味であること。極太、平打ちの手もみ縮れで、存在感が抜群なうえに小麦風味ともっちり食感がたまりません。麺量も、普通盛りで240gというからすごい。
 この麺、次回は辛さやぽったりスープで誤魔化していないふつうのラーメンでも食べてみる価値があると思ったところデス。

 たっぷりの氷とともに冷水の入ったグラスもいっしょに供されるのがうれしく、デザートのりんご付き。

 というわけで、再訪すべき店リストにエントリーだな。
 たっぷりとラーメンを味わいました。どうもごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1206-992af06c