kikuya 201605

 職場の人間が、「きく屋」のエビラーメンが絶品だと激賞していたのを思い出し、初訪問。

 湯野浜集落の山手のどんづまり、地元のS原さんもよく知らなかったような場所に小さな店がありました。厨房と4人掛けのカウンター。カウンターにいた先客と思しき人物は出前担当のおじさんでした。2階も使えるようで、あとでやって来たグループ客は狭くて急な階段を昇っていきました。

 噂のエビラーメン700円。
 予備知識なしで頼んでみましたが、ははあ、五目ラーメンの塩仕立てですね。
 大ぶりのエビが3個。これとともに白菜、ホウレンソウ、タケノコ、ヤングコーン、マッシュルームなどが片栗粉のあんでくるまれています。
 中華そば600円に100円足しただけでここまでグレードアップするってスゴイ!

 スープを数口啜って、塩味って自分にとってはどうしてもインパクト薄く感じられるので、卓上のラー油を少々、ブラックペッパーを多めにかけてみました。邪道かもしれないけど、自分が美味ければそれに勝るものなしなので。

 この店の真骨頂は、実は海老ではなく麺なのではないか。
 太めのものを手もみして、もっちり感ばっちりのいい食感です。茹で加減は浅めでとてもおいしい。自家製なのでしょうが、この狭い建物のどこでつくっているのでしょうか。この麺だったらシンプルな中華そばでも絶対にイケルはずだよなあ。

 出前の電話が頻繁にかかってくる様子や、ぱらぱらとやってくる客が海老のラーメン、海老のうま煮飯、海老焼きそばを注文する様子を見るにつけ、地元では評価され、定着している店であることがよくわかります。S原さんも行ってみるべきですよ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1213-7f7983f8