ajiwai 201605

 ついこの前に鶴岡市内宝田にある「あじわい食堂」を初訪したわけだけど、そことは別の店で、同市の町はずれの井岡(いのおか)集落塔の腰にある「味わい」を初訪問してみました。
 テーブルが1基ごとに大きく、ゆったりとしたスペースで食べられるのがいいです。ここは鶴岡高専あたりの学生の需要もあるのかな。

 ラーメン650円、カツ丼900円、チャーハン800円などのほか定食類は4桁と、各メニューは相場よりも50~100円ほど高めに設定されている印象。ならば中身はどうなのか。
 写真メニューの最上段右側にあったので、このあたりが自信作なのかもと考えて、チャンポンメン850円をたのんでみました。

 結論から言って、まあ、マルでしょう。
 第一、このあたりで長崎風のちゃんぽんが食べられるってのはステキです。
 クリーミーな豚骨スープが美味。ラードを使ってバタ臭い味を出していて、その奥に焦がしニンニクの風味が見え隠れするような仕上がり。あまりにおいしいので、最後はレンゲを除けてどんぶりを持って飲み干したところ。

 具も、キャベツやタマネギなどの甘さが引き立つものとなっており、縁がピンク色の蒲鉾を短冊切りしたものやアサリなども入って本格的。豚バラ肉が多めに投入されているところもポイントが高いです。トッピングされた紅ショウガも味わいと彩りにいい役目を果たしていました。

 麺は、本場のちゃんぽんで見かけるような太さはないものの、エッジの立ったストレート麺で、その食感は極めてもっちりの長崎ちゃんぽん風。独特な味わいでとてもおいしかったと思う。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1217-ee077768