higashitei 201606

 庄内に住んでいると、無性に冷やし肉そばが食べたくなる時があります。庄内地方にはこれを食べられるところが極めて少ないもので。
 山形への出張の途中、さくらんぼ東根温泉至近の「東亭(ひがしてい)」を初訪問です。

 げそ天肉そば(冷)880円。
 肉そば(冷)680円にゲソ3本、サツマイモ1の天ぷら皿が付いてこの価格。天ぷらには温かい天つゆがつくというあたり、ちょっぴりウレシイ。それにおろし大根が添えられていたならばなお嬉しかったのですが。

 肉そば特有の甘い味で鶏油の旨みたっぷりのつゆが懐かしく旨い。自分が内陸の村山漢(おとこ)だったことを再認識させてくれます。
 鶏肉は、親鳥にしては柔らかめのものが多めに入っています。肉そばの鶏肉は硬くなければ本当ではないという人もいるようですが、顎がつかれるほどでは困ってしまうし、ある程度食べやすいのも大事なことだと思います。
 蕎麦は、色こそあまり黒くありませんが、ある程度の太さがあって、しっかり田舎そば仕立てになっています。大きくないどんぶりが使われていますが、そのどんぶりに蕎麦は想像を超えてたっぷり。普通盛りとしては量がある方ではないかと感じました。

 写っていませんが、漬物はおみ漬と白いタクアンが人数分、一つの皿に盛られて登場するシステムのようです。
 久々の肉そばに大満足でした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1218-d8dc8ff8