yoshitei 201608

 ある日の昼、仕事の関係で庄内から山形に向かう途中、刀削麺を食べようと思って高速を寒河江で下り、「双福飯店」に向かったものの、あいにく休業でやんの。なんだよまったく。
 それではその向かいにある「そば処吉亭」で蕎麦でもたぐろうか。

 16カ月ぶり3回目。過去2回はいずれも肉そば(冷)を食べた記憶があるので、今回は「げそ天ざる」780円にしてみました。

 いいデキ。ゲソ天そばでは随一と言っていい山形市荒楯の「そばのまるごまるご」と比較すると、げそ天はボリュームこそ劣りますが揚げたてしょりしょりで美味。色黒の蕎麦もまたボリューム的には劣るものの、山芋が入っているのか口当たりは滑らかで、味的にはこちらのほうが上かもしれません。刻み海苔がふりかけられているところがプレミアム感あり。
 薬味のネギは不足感なく、まるごでは付かない漬物がグッド。
 これはいいと思ったのは、たれに落とす卵。まるごよりも大ぶりで黄身がしっかりしているため、たれのマイルド感が極めて高く、これぞ山形で啜る蕎麦だなあと感激しました。

 配膳されたもののビジュアルはきれいで清潔感があり、まるごより上。(笑)
 蕎麦湯も温度が高めでおいしくいただけました。

 吉亭、レベルが高いです。人気が高いのもうなずけます。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1259-b7c7cf94