oukaen 201608

 日曜日なのに、酒田でお仕事。この日の酒田市の最高気温は37度超。むわぁ、あ゛づい。
 勤務を終えた夕刻、メシをたべようかと考えたものの、熱いものには食指が伸びない。ではまあ、噂に聞いていたあそこかな。
 ということで、酒田市緑町、酒田勤労者福祉センター内にある「レストラン凰花園」を初訪問。本格的な中華料理を食べられる店のようです。

 炸醤麺(ジャージャー麺)900円。
 なかなかにゴージャス。注文時、900円は割高かなと思いましたが、供されたものを見て、まずは納得です。
 大きな皿です。中華麺の上にはぽってりとしたあんがたっぷり。大サービスではないか。
 そして充実の極みは、写真の上部。レタス、白髪ネギ、千切りニンジン、細切りキュウリがごっそり。これにプチトマトが加わって、野菜陣形がきっちりととられています。
 これって、あんや麺と絡めて食べるのだろうな。

 ちゅうわけで、野菜たちをあんの上に散開させて全体をぐりぐり。麺と細切り野菜との食感が異なるので、箸だけではそれらをうまくまとめて口に運べませんが、えいやっと豪快に咥えこんでしまえば問題なし。ときどき口の周りをナプキンで拭けばいいだけのことなのだ。

 過去に食べた他店のジャージャー麺の記事を読み返してみると、昨年11月に食べた「中華料理桃園」(鶴岡市)のそれは、熱い麺に熱いスープを少量かけて、その上に熱い肉味噌をかけるというつくりだったので、少々驚いたものでした。
 それまでに食べてきた「桂林」(山形市)、「五十番飯店上海厨房」(同)のジャージャー麺はいずれも冷製でしが、両方とも品名に「冷やし」が入っているのでした。
 今回は品名に「冷やし」がつかないシンプルな「炸醤麺」でしたが、冷製。

 してみると、オーソドックスなジャージャー麺とは温・冷どちらなのだろうとの疑問が湧いてきます。ま、いずれにしてもおいしいことには変わりはないのだけど。

 鳳花園のジャージャー麺は他と比較してグレード感は極めて高い。噂どおりとてもおいしく、立派でした。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1261-0c6363ba