ikari 201608

 夏休みに佐渡島を攻めてみました。向かう途中の昼時、鼠ヶ関の「イカリ食堂」を初訪問。以前から興味があった店でした。
 入店すると、予想以上に多くの客で賑わっています。しかも漁業者中心で男性が多い。これはかなり期待できるのではないか。

 多くの客が広東麺を所望している中、自分はマーボー飯750円をチョイスしてみたところ。
 いやはやすごい。一般的な店で供される丼物との比較で言うと、それらの1.5倍の量は軽く凌駕しています。つまりは、自分の「ケ」の食事の摂取量の2倍程度はあることになります。
 深めの平皿にごはんと麻婆豆腐がたんまり。ナルホド、肉体労働者系の男性が多いわけだ。こんなに食べられるかな。

 絹ごし豆腐を使って、挽肉味噌あんがたっぷり。椎茸と筍も入っていて、刻みネギがトッピング。
 四川風味ギンギンといったわけではなく、日本人の舌に合わせた感じの比較的まろやかな味がします。が、山椒があとでジワリとくるような仕掛けになっていて、食後は唇が少しヒリヒリしました。

 ああ、旨かった。「超」がつくほど満腹であります。
 イカリ食堂ねぇ。なんだか自衛隊の2等海士にでもなった気分になって、敬礼とまではいかなかったけどやさしい感じの女将さんにあいさつをして退去しました。
 ごはん類も大満足ですが、再訪の機会があれば、人気と思しき広東麺でしょうな。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1263-adee25a7