miyako 201608

 酒田市街から出羽大橋を南下してきた緑ケ丘にある「味也好」を初訪問。
 「みやよし」と読むものとばかり思っていましたが、「みやこ」が正しいようでした。
 建物は古く、格別交通量の多くない旧街道沿いにありながら、客は多く、昼前にはほぼ満員になりました。客を裏切らない手堅い仕事をする店だからなのでしょう。

 仕事中ではないので、熱いものを食べて汗をかいても構わない。でも、こう暑いとあっさりといきたい。そう考えて、日頃あまり食べない塩系の五目タンメン770円をチョイスしてみました。
 この選択は誤りではなかったようで、なかなかおいしいタンメンでした。適度な塩味。タンメンには胡椒がよく合うと思っているので、「白」を多めに振りかけていただきます。

 茹で野菜類はキャベツ、白菜、タケノコ、シイタケ、キクラゲ、ニンジン、ホウレン草。ふと思ったのだけど、タンメン系にはモヤシは使われないケースが多いのかもしれません。あれが入ると味が「モヤシ」になってしまいますからね。
 ほかにワカメ、ハム、半熟卵1/2、大ぶりのむき海老、ネギ。そして、チャーシュー代わりにこれは形状、使用部位、味付け、仕上がりのいずれの面から判断しても、沖縄のラフテーです。それが柔らかくてとても美味です。
 あまり大きくない丼を使っていますから、これらの具材が丼の表面をみごとに覆った格好になり、全体としての器量もバッチリです。

 麺は、自家製なのかどうか、太さもウェーヴのかかり具合も標準的な見た目ですが、口に含んでみると、もっさりとした感じのある低加水麺。時間が経つにつれて徐々にスープに馴染んでくる感じの麺でした。

 ここもなかなかいい店。
 この店の品名「ヤキソバ」は一般的に言うと五目あんかけ焼きそばで、あんがたっぷりのおいしそうなもの。これを注文する人が多く、人気のほどがうかがえました。
 また、「エビチャーハン」を絶賛する向きもあり、これらについてもいずれチェックしてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1273-ae3c5832