ginka 201609

 2度目の銀華飯店。昼の混雑時の入店で、しばらく並んでからの着席です。
 前回は旗艦メニューのあんかけチャーハンを食べたので別のものをと、「五目ヤキソバ(什景炒麺)」610円をチョイス。
 しかし、この店、安い。今どきラーメン480円、チャーシューメン610円だものな。全体として昭和料金というか、現代の一般店よりも200円ぐらいは低めの設定になっています。

 五目ヤキソバは、運ばれてきたものを見てナルホドと。つまりは、あんかけチャーハンのチャーハン部分が軽く揚げた中華麺に代わったものでした。
 いやはや、ボリュームは見事。次々にやってくる客の大部分が若者から壮年、中年の男性だというのも頷けようというもの。味のほうはまあ、格別すごいというわけでもないけれど、この価格でこれだけ食べられることに喜びを見出している男性は多いのでしょう。

 野菜炒めが420円。これに150円のライスを付けて570円。こういう組み合わせもいいなと思ったところ。
 次回があるならばこれら炒めもののライス付きか、もしくは同行者が絶賛していた五目ソバ610円あたりが狙い目だろうな。

 この日の酒田は県下最高の32.5度。銀華飯店内は風がない分外より暑く、食べる前から汗ふきふき状態だったので、食後は推して知るべしの結果となりました。
 大将の特徴のある「あぁりやとぅ・・・」の定番セリフに送られて、店をあとにしたところです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1278-46fd06ea