daian 201609

 仕事が終わったある日の夜、ラーメンが食べたいなぁ。ということで、未訪の店の中から城北町の「喜多方ラーメン大安食堂鶴岡店」をチョイス。
 喜多方ラーメンならば、基本の醤油ラーメン630円でしょう。それをプラス270円で焼き豚丼セットにして食べました。

 チェーン展開の店なので、店員は女性の学生アルバイト風で厨房も若い男性。若いこと自体は何ら悪いことではないのだけど、自分はやはり壮年ないしは老年の夫婦者なんかがやっている大衆食堂のほうが、アットホームな感じがして好きだ。チェーン店は店内こそ小ぎれいかもしれないけど、そこに漂う「気」のようなものがどうも希薄なのだな。
 大衆食堂は言うなれば、店の人にとっては生活の場。一方のチェーン店は職場。そのあたりが両者を分ける重要なファクターのような気がします。

 ラーメンは、大きくないどんぶりだけど、スープの表面にうっすらと背脂が浮き、ほぼ全面を豚バラチャーシューが覆っているルックスはなかなかそそるものがあります。
 多加水でもっちり感たっぷりの平打ち麺が喜多方ブランドであることを主張しています。
 喜多方ラーメンは久しぶりで、なかなか旨いなあ。サイドメニューを頼まずにコイツの大盛りを食べるべきだったかもしれません。

 それは、焼き豚丼がよくなかったという意味では全くありません。こちらも味付けがよく、適度にタレの油が効いていておいしかったです。格別のお得感とまではいきませんが、全体として妥当な値段設定だと思います。漬物もどんぶり上にトッピングされています。

 ほかにはオレンジ味のゼリー。
 大きめのグラスにたっぷりの氷が入った水がウレシイ。しょっぱいものを食べたあとにごくごく飲む水って、うまいんだよねぇ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1284-8d4b7a75