gunmanodaidokoro 201609

 次は、高崎での本命と位置付けていた、駅ビル内にある「峠の釜めし本舗おぎのや 群馬の台所」へ。
 なかなか見つけられずにショッピングモール内をずいぶんうろついたので、けっこう詳しくなってしまったぞ、「E’site TAKASAKI」。
 「峠の釜めし」のおぎのやがやっている店というあたり観光客に訴えるものがあるし、群馬の食材や郷土料理をベースにしているのがうれしい。
 食事処としてだけでなく、電車待ちの時間にちょいと一杯的な用途にも使えそうな店になっているようです。

 案内されたカウンターでそこをほぼ一人で占領する形でクールダウン。
 ここは慎重にメニューに目を通し、自家製いもがら煮、上州ねぎチャーシュー、それにプレミアムモルツの中瓶としたところ。

 いもがら煮は、自分の暮らす地域でよく食べられているぜんまい煮と似ていて、ぜんまいの代わりにいもがらを入れたようなつくり。いもがらの食感がよく、甘辛い味付けがマッチしています。
 居酒屋のお通しレベルの量を大幅に上回っているし、これが321円というのは良心的だと思うなぁ。

 上州ねぎチャーシューはさらに秀逸。新鮮でシャキシャキッとした上州ネギの辛さが際立ち、それに惜しげもなくたっぷりのチャーシューが投入されています。
 2~3人分はあろうかというボリューム。おいしいと思えるものをたっぷり食べられるのはとてもウレシイことなのだけど、ほかのものが食べられなくなるといううらみもあり、痛しかゆしと言ったところ。

 フィニッシュには釜めしもあるだろうかと考えていたのだけど、なになに、このあたりでもう大満足の域に。費用は1,508円でした。
 高崎がこの旅の最後の夜となるのだけど、十分に堪能させてもらったかな。

 すっかり雨に祟られてしまった今回のドライブだったけど、それなりに楽しいことや驚いたことがたくさんありました。物事にまだまだ嬉しかったりびっくりしたりできる自分がいることを確認できました。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1299-e05f6279