umedonan 201610

 鶴岡市千石町の「うめどん庵」を初訪問。古くからあるように見えるうどん屋です。
 この季節になると品物の湯気が撮影を邪魔するようになるのだよねえ。だから、立ち上がる湯気を口でふうふうしてよけながら撮影することになります。(笑)

 かき揚天丼セット780円。
 値段にしてはかなり立派です。
 ワカメ、山菜、なめこ、揚げ玉、蒲鉾、ネギなどの具材が入ったうどん。卓上の袋入り七味を振りかけて食べれば、体が温まって美味。うどんは、讃岐を冠するチェーン店のものと比べるとやや細身で丸麺風。強いコシは感じず、むしろこのあたりで昔から食べられていた玉うどんに近い食感です。出汁も、洗練された薄味ではなく、醤油の香りがしっかりしたこげ茶色のものです。

 天丼は、めずらしく平皿。つまりは、底の深い小どんぶりではこの大きなかき揚げはのっけきれないからということのようです。
 大きいなあ、かき揚げ。油が強く、天ぷら好きにはたまらない逸品ですが、こうも大きいとちょっぴり油酔いしそうです。

 ほかに、ネギと鰹節を施した冷奴。油ものの添え物としては最適ですね。厚く切ったたくあんも美味でした。

 ほかにもワカメうどんセット、納豆うどんセットが700円、天むすび600円など、セットものが安く食べられるようなので、うどんが食べたくなったら再訪してみましょう。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1308-cdddb185