torimitei 201611

 ある休日の昼、遊佐の西浜まで足を伸ばして、「あぽん西浜」そばの「とりみ亭」を初訪問。
 狙ってみたのは、トンタン麺830円です。それってどんなものなのかと。

 どっひゃあ、でかいどんぶりだぁ! 
 思わず運んできてくれたおばさんに「すげぇどんぶりですね」と口走ってしまうと、ウレシハズカシ風情のおばさんはくくっと笑って、「でも麺は一玉なんですよ」と、少しホッとするコメントを残して去っていきました。
 それにしてもデカい。帰りのクルマの中で気づいたのだけど、このどんぶりの直径はわが愛車フォレスターのステアリングホイールのそれとほぼ同等でした。そのため、どんぶりにレンゲや箸を置くと油断した隙に全体がスープの中に入ってしまいそう。これは箸から手を離せないぞ。
 湯気がもうもうと上がって、そそられちゃうよなあ、これ。
 食べ始めると、どんぶりの底が浅いことがわかり、食べきれないことはないのを確認して今度こそ安心です。

 でもって内容。
 これは不思議なスープ。とんこつ味の担々麺ってこと? いわゆる白湯といわれるようなスープに、あとは何を入れたのだろうな、味噌か?
 よくわからないのでうまく表現できませんが、独特の味。言い方を変えれば、この味は他店にない味で、これが好き!となればこの店に通うほかないといったもの。
 うまいです、これ。この味に再び巡り合うのがいつになるかわからないので、しっかり味わい、全部飲み干しました。

 モヤシやタマネギなどの野菜を豚バラ肉と炒めたものが具のメインで、それに茎ワカメや紅ショウガ、ネギが添えられています。
 また、スープ内に点在する青いものは、このあたりのラーメンならば青海苔だろと思ったらさにあらず。青菜を乾燥させたものなのかな。高菜でもないし、格別の香りがあるわけでもないし、それってどういう意図を込めてこのラーメンに加えたのでしょう。これも不思議の種のひとつでした。

 麺は、業務用の袋麺的なもので、ここだけは残念。
 ですが、サプライズもあるし、変わりラーメンが好きな人は必食でしょう。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1325-792c6ab4