tsubakuro 201612

 庄内生活が2年近くになり、この地域の飲食店めぐりもだいぶ進みました。しかしまだまだ未訪の店が多くあるのです。
 というわけで今回は、鶴岡市水沢、R7沿いにある「ラーメンつばくろ」を初訪問。
 外観から判断して70近い親父さんが一人でやっている店なのだろうという自分勝手なイメージを持って入店しましたが、意外にもまだ若い範疇に入るであろう仲のよさそうなご夫婦(おそらく)での切り盛りでした。やはり店は入ってみなければわかりません。

 メニューのトップに君臨する「味噌ラーメン」700円を注文。
 配膳時にはわりと強めのニンニクの香り。スープには多めの脂が浮いており、一見刺激が強そうな印象でしたが、啜ってみればとても優しめな味噌味。塩分が強くないので飲み口は軽快です。言うなれば、おふくろの味に油分を少しだけ多めに加えたものといったところでしょうか。

 ご覧のとおり、コーンがトッピングされ、メンマがざくざく。キャベツとモヤシを主とした野菜はシャキ感が温存されていて、多めの豚バラ肉とともに炒められています。
 具材全体として見ても、なかなか立派と言っていいと思います。

 自家製を謳う麺は、形状こそ格別のインパクトはありませんが、しっかりした硬さと弾力を兼ね備えていておいしい。これだったら100円増しの大盛りにすればよかったなと食べながら思ったところです。

 街道を走っていてよく見かける店なのだけれど、昼を過ぎた少し遅い時間になると麺が売り切れておしまいになるようで、これまでなかなか入れないでいたのでした。
 店構えこそ古いですが、店内の設えも悪くなく、給水機の水もきりりと冷たくて、不満なし。
 いいラーメンに出会えました。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1347-4bf17d82