hanamaru-teppou 201612

 「手打ちうどん鶴」から弾みがついてすっかりうどんづいているこのごろ。
 今年オープンした「はなまるうどん山形鉄砲町店」を初訪問です。「はなまるうどん」自体は「山形桧町店」で何度か食べたことがあり、1年11か月ぶりとなります。

 かけ(小)+牛肉ごはん+さつまいも天、130+380+110=620円。
 かけうどん130円は驚異的だと思う。それなりにおいしくて、揚げ玉や生姜もご自由にどうぞだし、これはお得感たっぷりです。なにせ、やさい天1個(140円)より安いのですから。
 うどんの仕立ては万人向けの感があり、もう少し硬めでエッジの効いた麺線にしたらいいのになとの感想を持ちました。また、いつも思うのだけど、湯切りが甘いのか、せっかくの出汁が茹で汁の味がして少々残念。まあ、やっているのが二十歳そこそこの女性アルバイトなのだから、やむを得ないのかもしれません。

 しかし、ここで儲けているということなのだろうけれども、牛肉ごはんが380円というのはいかにも高い。自分が考える貨幣換算価値としては、せいぜい250円ぐらいがいいところではないでしょうか。
 第一、つくり方がよくありません。注文を受けると、客の目の前で前もって小鉢に分け入れていた牛肉を何らかの調理器にカパッと移し、数秒後にそれを引き上げてただごはんにかけて出すという速攻メニューで、見ていてがっかり。こういうことはせめて見えないところでやってほしいものです。
 ごはんの量も肉も少なく、これを食べるぐらいだったら少々手間でも、ここでかけ(小)のみを食べて、近くの牛丼屋に走って「並」を食べたほうがずっと満足いくことでしょう。

 天ぷらは、おそらく「丸亀製麺」のほうが上なのではないのかな。さつまいも天も、格別の感慨はありません。
 そうだ、「丸亀製麺」にも行ってみなければナラヌなあ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1364-4b083961