choja 201701

 鶴岡市三和町の「味の店長者」を初訪問。
 店名は、三和町と道路を挟んでとなりに当たる長者町の町名を冠したものと思われます。「長者町」の名称は、鶴岡市のホームページによれば、「(町内に)おめでたい字名“長者渕”があるところから長者町とした」と記されていました。

 かつ丼セット850円。ラーメンとミニかつ丼のセットです。
 ラーメンは、格別今風の味付けや麺打ちなどに流れていない、ジャンルとしては古典的な範疇に入るもの。麺量に比してスープがたっぷりでうれしい。これには卓上の胡椒を多めにかけることでさらにおいしくなるはずと考え、キャップを取って2ふりほど。
 麺がスープの中で泳げるようになっているラーメンはおいしくないはずがなく、いつもよりも少なめに箸で麺をたぐり、それをいったんどんぶり内のスープで遊ばせてからおもむろにリフトするというやり方で食べ進めたところ。うん、タマラン。
 メンマの量が多めだというところも好評価です。
 まずはラーメンの麺を全部やっつけ、その後カツ丼に進みます。

 カツ丼は、カツが3切れ。ミニだからこんなところでしょう。
 どんつゆが独特で、なんだか天丼のそれのような味です。つまりカツ丼のバタ臭さがやや弱いということなのだけど、不思議なあっさり感があって、これもまた良しでしょう。
 ごはんが柔らかめだったのはご愛敬でしょうか。
 どんぶりをかっ込みながら、時々ラーメンのスープを啜るという食べ方も、セットものの醍醐味と言えましょう。

 満腹ですが、量的にきついということはなく、すべておいしくいただけました。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1381-cccf6679