hacchin 201702

 酒田市上安町の「らーめんハウス八珍」を初訪問。
 らーめんハウスというからには食べるべきものはラーメン類だろうから、店名を冠する「八珍ラーメン」あたりが狙い目かなぁと考えての入店でした。しかし、メニューを見るとセットものがやたらと豊富。おっ、酢豚ライスがあるではないか、しかも3桁価格で。
 もう少しメニューをめくると酢豚とラーメンとごはんがセットになった「満腹セット」なんていうのもある。これならばラーメンの味も確かめられるけど、さすがに自分には多すぎるでしょ。

 ということで、麺類は次回以降に譲ることにして、今回は酢豚ライス930円を。
 うふふ、思わず笑ってしまったのだけど、ごはんがすごい。小そば用のどんぶりにマンガ盛り(いわゆる山盛り)。レギュラーサイズでこのぐらい多いごはんは久しぶりに見ました。

 でもって、メインの酢豚も優れてたっぷり。一口で頬ばるにはチト大きいぐらいのサイズの豚肉唐揚げが10個近くは入っていたでしょうか。これほど豚肉が充実している酢豚に出会ったのもまた久しぶり。赤身部分の比率が高く、この価格でこの肉の質と量はちょっとびっくりです。
 ほかにはカットの小さいタマネギとピーマン。ニンジンは花の形をした薄切り。つまりは多くが肉で構成された酢豚になっていて、ずいぶん肉を喰ったなというのが食後の印象。それって、酢豚の食後感としては異質と言っていいでしょう。
 あんの色は赤みが薄く、色彩的なきれいさはさほどではありませんが、塩辛さ、甘さがともに抑制されて、清々しい酸味が強調されています。なので、多めのあんを残さず食べても、後の喉の渇きはほとんどありませんでした。

 小鉢は、ちりめんの佃煮。これも塩分控えめ。それと蕪(?)の漬物。
 ラーメンスープを援用したと思われるスープは、鶏ガラと野菜、それに生姜の風味があり、ごくりと飲めるしっかりした量も評価点が高いです。

 いいな、この店。空腹男性のハートをつかむコツをさりげなくわきまえています。
 近いうちに麺類で再チャレンジすることにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1389-f0925845