tsurara 201702

 昨冬に開いたという、酒田市藤塚の「中華そば銀竹」を初訪問。
 「銀竹」と書いて「つらら」と読ませる洒落の効いた店。建物もシックで、隠れ家的な小料理屋のような外観です。「三日月軒中の口店」と関係のある店だと聞きました。

 「雲呑麺始めました」との貼紙あり。
 酒田のラーメン、しかも「三日月」系ならばこれでしょうと、雲呑麺750円を。

 奥にうっすらとした甘みを感じる飛魚出汁スープが美味。こういうやさしい感じのスープが本来の酒田ラーメンの特徴だと思う。
 麺は、自家製と思われる細めのほぼストレート。適度な透明感が見て取れ、いい感じに寝かせたなと思われるものです。
 ワンタンは4つ。ふわふわ薄々の酒田定番のものとはちょっと異なり、形を崩さずに箸で持ち上げられる程度のしっかり感があります。具の部分がかなり大きく、俺は今ワンタンを食べていると実感させる存在感があります。ワンタンが早い段階でなくなってしまったようで、数組あとの人からはワンタンの入らない中華そばをたのんでいました。
 トッピングは、極太短めのごっついメンマが2本。これが柔らかくておいしい。肉っぽい味がするぐるぐる系チャーシューが2つ、板海苔、ねぎ。

 おいしかった。
 「ごま辛シビレそば」なんていうネーミングのものもあり、これを頼んでいる人がけっこういました。機会があればぜひ再訪し、それも食べてみたいと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1392-62a25fb2