mikazuki-ekihigashi 201702

 ある日の夕方、店舗が新しくなった酒田市駅東の「三日月軒駅東店」を初訪問。
 まだ建材の匂いが残る新店舗。入ると客はいず、店の主らしきいい歳のオジサンが店の椅子に腰かけてテレビを見ていました。「らっしゃい」と立ち上がり、注文を待っています。
 メニュー札の中からワンタンメン700円をチョイスしてその主風に告げると、厨房に「はい、ワンタンメン!」とつないで、また腰かけてテレビを見始めます。おじさんおじさん、やる気ないでしょ。(笑)
 結局店を出るまでこのおじさん、座ったままで何もしなかったな。厨房にいる女性二人だけが働いていましたね。

 まずは澄んだスープ。ああ、いい味。ホッとする昔ながらのあっさり味で、奥に独特の甘みが見え隠れ。これは技だよな。
 数口啜ってその後にブラックペッパーを使ってみましたが、入れないで素朴な味のまま食べたほうがよかったかもしれません。

 麺は細麺。箸でざっとすくい上げ、フッフッと息を吹きかけてずずっと啜ればもう、うまいのなんの。こういう麺はあまり噛まずに喉越しを楽しむのがよいと思う。
 ワンタンは酒田風のひらひらがたっぷりで、チャーシューはモモっぽいのが2枚。つまりは酒田ラーメンを見事に体現した1杯と言っていいのではないか。

 しかし正直言うと、昔ながらの極めてオーソドックスなつくり及び味ではあるけれども、今一つパンチ力が感じられません。
 また、喉越しがよすぎてか、量的にまだいけるぞという感じ。150円増しの大盛りをいくべきだったかもしれません。

 店は新しくなったけれども、ラーメンは依然として伝統的。
 古典が好きな者にとってはここに行けば老舗の味を味わえるのがうれしいですが、この製法のラーメンが多くの大衆からこれからも受け入れられ続けるのかどうかという点については、多少心配な気もしないではありません。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1402-f9eb193e