kinudeya 201703

 鶴岡市本町の「絹出屋」を初訪問。
 同名の店は天童市にもあるのですが、何か関係があるのかもしれません。 
 天童のほうには2012年5月に訪問しており、その時は「カツ丼セット」を食べています。

 鶴岡のほうは、ラーメン類のほか定食類が豊富。アジフライ、メンチカツ、コロッケ、カキフライ、野菜炒めなどの定食が、700円から食べられます。さてどうしようかと顎をさすりながら厨房方面を見ると、玉子丼、親子丼、カレー、チャーハンなどのセットものの短冊が。そうかそうか、それではその中から「肉丼セット」850円をいってみようか。
 注文を訊きに来た店の親父さん、長考してしまって申し訳ない。何にするか決めるこの一瞬が大事なものですから。

 どういうものが来るのか楽しみに待っていたところ、レギュラーサイズの肉丼とラーメンのミニにおひたしと漬物のコンビネーションでした。

 ラーメンは、魚介系が強めの和風な味付け。魚出汁の油がスープの表面を覆っていてあまり湯気が立たないので、写真を撮るのに支障がありません。濃い醤油色をしていますがなかなかいい塩梅で、麺は細い手もみウェーヴ。チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトがしっかり入っています。

 どんぶりのほうは量がしっかり。甘辛い味付けで、気取りのない庶民的な印象があります。
 おひたしは胡麻油を使って香り高く仕上げていて、これも美味。

 いいんじゃないかな、この質と量で850円はいいセンいっていると思う。
 セットも定食も庶民の財布にやさしい適正価格だし、定食のラインナップにあるおかずを単品でも注文できるようです。コロッケ、メンチカツは300円、アジフライは350円、かつ煮、カキフライ、とんかつは500円。これらをつまみながら食堂でビールというのもいいんじゃないだろうか。
 店の近くの鶴岡市役所や商工会議所あたりに勤めていたとしたら、通うだろうな。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1420-c1114252