seikarou 201703

 新形町の「中華菜館盛華楼」を、2015年3月以来、再訪。
 2年前の1回目はたしか、4月を迎えようとする3月の最終日曜日、庄内での生活根拠となるアパートになんとか荷物を押し込み、疲れ切って山形に戻る前に寄ったのがここだったと思います。
 そのときの記事はこちらです。

 その記事にも書いたけど、「天山定食」というスペシャルメニューがずっと気になっていたので、今回まる2年ぶりに行ってみたところです。

 「天山定食」960円。
 価格はけっこうなものですが、それにふさわしい、いや、価格の上を行くくらいに充実したものです。
 なんてったってすごいのはメインディッシュ。菱形の皿に料理がてんこ盛りになっています。
 まず皿に卵焼きを盛り付けました。でもってその上に八宝菜風の野菜炒めをかけます。そして更に、シュウマイ、春巻、鶏の唐揚げをのっけて、そのサイドに千切りキャベツをぎゅぎゅっと嵌め込んで、マヨネーズをにゅるりとかけてみました。
 ――というつくりの、これでもか的な、バラエティに富みかつヘヴィなボリュームの定食になっています。

 八宝菜は肉、魚介類がふんだんに使われており、それ自体豪華だったのが印象的。
 これに中華スープ、搾菜と漬物、どんぶりめし。
 ああ、満腹。食べたかったんだ、中華料理。しかもいろいろなものを少しずつ。ん、全然「少し」じゃないけれども。

 これが千円しないクンロクなら安いと思う。
 2年前に食べた「豚肉の卵とじ御飯」750円は正直言えばややショボかった記憶があり、それと比べればこちらのほうがずっと価値ありデアルと断言してしまいましょう。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1424-bdf0eb54