ryushang-takahata 201703

 久々に置賜地方に足を踏み入れ、高畠町の「龍上海高畠店」を初訪問してみました。
 そう、意外にも初訪問なのです。龍上海はこれまで赤湯本店、山大病院前支店、山形店、米沢店、栄町支店、宮内支店の6店を経験。龍上海で行っていないのは高畠店だけだなあと思っているうちに、取りこぼしてしまっていました。その後、東根、鶴岡にも系列店ができています。

 からみそラーメン大盛、850円。普通盛りの100円増しの価格です。
 どんぶりからして他店とは異なり、手づくり風の和風のもの。違うものですね。
 味も全体として龍上海だぞ!というトンガリ感が薄く、つまりは誰にでも食べやすく仕上がっているといってよさそう。その証拠にご近所の高齢者夫婦や小さい子供を連れた家族連れ客なども見受けます。

 スープは、飲む前の香りからしてすでに「龍上海」しており、久々に食べる者にとっては懐かしささえ覚えます。魚の脂が表面を覆っており、湯気が立ちません。
 一口めは懐に深い甘みを感じ、これってこの店独特だよなと。でもって、辛味噌を溶かすと強烈なニンニク風味がガツンと広がり、龍上海キター!という感じ。これこれ、この味ですよ。

 麺は、さほどの太さを感じないノーマルちょい太ぐらいのもので、自家製感のあるピロピロを軽くもんだもの。うまいんだよなあ。でも麺の個性も、他の龍上海系列店と比べれば薄いかもしれません。
 チャーシューは薄いけど、大きく柔らかくてジューシーなものが2枚。画像ではわかりづらいですが、メンマは辛味噌の下にザクザクと。浅茹でのキャベツはさほど多くはありません。

 ああそうだ、赤湯ラーメンにはたいてい入る青海苔がなかったような気がするな。
 結論としては、やや優しめの「龍」といったところ。本流から少しだけはずれて独自色を発揮している店だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1427-2c3be9bc