chinton 201703

 2013年2月以来、おそらく5回目ぐらいの訪問となります。
 安定的なつくりと味。
 今回の画像を、2010年4月時の写真2013年2月時の写真と見比べてみてください。
 笑ってしまうけれども、ほぼ同じと言っていい出来栄えで、区別がつきまへん。

 ここのカツ丼はボリュームもあり、他地区にも自慢できるおいしいかつ丼だとずっと思っていました。そして、自分にとって「ちん豚」は、さまざまな店のかつ丼を判断する上でのメルクマールとなっていました。
 でも、今回食べてみて、肉質に関しては柔らかさ、ジューシーさの面で、庄内地域で食べるかつ丼のそれのほうがレベルが高いのではないかと思ったところ。
 酒田の「伊豆菊」、鶴岡の「後藤食堂」をはじめとした庄内の各店のかつ丼はおいしいですよ。
 庄内は平牧三元豚、金華豚など良質な豚肉の産地ですからね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1431-de7b64fc