akaten 201703

 以前から狙っていた赤点ラーメンに初潜入。
 醤油系のラーメンだけでも中華そば、赤点ラーメン、支那そばと3種類あり、赤点ラーメンは4代目まであり、さらに味噌系、塩系もありと、もう、何を食べようか迷ってしまいます。
 店を一人で切り盛りするおじさんに相談して、店名を冠し「旨みとコクを凝縮した赤点の自信作」だという「赤点ラーメン」670円を選んでみました。
 ココは背脂を多用するラーメンが人気のようですが、その時はそういう気分でもなかったし。

 立派じゃないですか、このルックス。
 ネギ2種というあたりがスバラシイ。
 チャーシューはぐるぐるが2枚と、一口サイズくらいはあるはじ肉。
 ほかにメンマ、ホウレン草、煮卵、ナルトと、ラーメンに入るべき基本具材が見事にラインナップされています。

 スープの味わいは、野菜や生姜で臭みを消した、ほんの少し強めのブシ風味を感じるまさに旨み凝縮のスープ。これはけっして赤点ではなく、上出来だと思う。

 麺は、平打ち、やや細めのものを熟成させた透明感のあるもので、手もみの縮れが強く、この地域としては珍しいタイプだと思う。
 ひちゃひちゃとした食感もあり、細麺特有の“飲み物”的な感じも出ていて米沢ラーメン寄りですが、それともまた異なる独特の味わいでした。

 食べ終わった後で気づきましたが、ごろりとしたはじ肉は、時々チャーシューの切れ端が「当たり」として入ることがあるのだそう。
 支払い時、おじさんに「当たりでした!」と告げると、にっこり笑って「またどうぞ」とのこと。
 この内容で670円は値打ちものと言っていいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1432-767e9342