zetton 201703

 鶴岡市道形町の羽州浜街道沿い、今年2月に開店したばかりの「麺や絶豚」を初訪問。
 ここにはかつて「麺処仁」というラーメン屋があったのだけれども、一度も入らないうちに店を閉めてしまい、しばらく空きテナントになっていたのでした。

 この日の最初の客として入店。
 メニューからこく出汁みそバターラーメン700円をチョイス。
 女性店員さんから「以上でよろしいですか?」と訊かれ、その口調にふつうはサイドメニューを頼む人が多いのよというニュアンスを敏感に感じ取り、肉みそ丼(単品150円、ラーメンとセットの場合100円)を合わせてみました。

 ラーメンのほうは、楕円形のどんぶりがユニーク。初めて見ます。
 スープの味は今どきのラーメンのレベルを満たしており上等。
 ミズナをトッピングするあたりが今風だけれども、そういうことには格別メリットは感じていません。彩りは多少よくなるかもしれませんが、味自体がよくなるわけではありませんので。

 メンマは、むしろタケノコの細切りと言ったほうがしっくりくる歯応えのいいもので、ほかでは見かけないオリジナルです。でも、しんなりとして煮汁の味がするフツーのメンマのほうがボクは好きだけどなぁ。
 麺は、自家製だそうで、あまり黄色くない中太ストレート。それぞれの好みがあるのだろうけれども、自分の場合中華麺は黄色くて手もみの縮れが入っているほうが好きなので、まあ、ふーんといったところ。ストレートだと啜り具合もそうめんっぽいんだよな。

 基本のアゴ出汁正油とみそのラーメンが500円というのは安いです。しかしそれがピリ辛になると100円増しだし、“こく”出汁みそになると100円増し。
 そしてそのこく出汁みそにバターが入るとまた100円アップするのですが、入っていたバターの大きさ、厚さははっきり言ってしょぼい。もしこのバターが入るかどうかで100円の違いがあるのであれば、バターはやめておくべきでしょう。

 肉みそ丼は、100円ならばリーズナブルでしょう。おいしかったです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1434-6545d67f