yaguchi 201703

 旧温海町の中心街にある「矢口食堂」を初訪問。
 以前からここのラーメンとかつ丼がうまいと聞き及んでいたところでしたが、このたび鼠ヶ関に用事があったのを幸いに行ってきました。

 昼前なのにほぼ満席。自分たちを待っていたかのように1つだけテーブル空いていたので着席。隣りのおじいさんが食べていた味噌ラーメンにもそそられましたが、計画どおりかつ丼900円を注文。
 メニュー札に「丼類は時間がかかります」とはっきり書いてあったので心の準備はありましたが、20分以上は待ったでしょうか。後で来た客の麺類が先に配膳されるのをじっと堪えるのもなかなか辛いものです。

 で、運ばれてきたかつ丼は、なかなかの美人です。なめこ・豆腐・麩に刻みネギを散らした味噌汁と、赤かぶの甘酢漬けと黄色いタクアンの彩りもよし。
 肝心のかつ丼も、小ぶりに見えるけれども深みのあるどんぶりで、全面がカツで覆われています。

 豚カツは、さほど厚みはなく、赤身が多めの上品なもの。もう少し脂身があってバタ臭い感じのほうが自分は好きです。
 タレの甘辛のバランスが絶妙で、うまいと評判をとっている理由はこのあたりにあるでしょうか。どちらかというとつゆだくに振れており、味はやや濃い程度。タマネギはそのタレを吸い、茶色に色づき始めたところといういい塩梅です。
 反面、とき卵の使用量は少ないのかもしれません。

 味噌汁も結構な味でした。
 かつ丼には満足したので、再訪の機会があれば、気になったラード系の香りのよい味噌ラーメンも食べてみたいと思ったところ。同行者が言うには、ここの塩野菜チャーシューメン(メニュー札にはないけどつくってくれるのだそう)もオススメだそうです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paropunte2.blog.fc2.com/tb.php/1435-0195bfa7