☆青龍のラーメン ~岩手県釜石市

カテゴリ: 県外のラーメン

seiryu 201705

 釜石には「釜石ラーメン」というジャンルがあり、そののれん会まであるのです。
 釜石ラーメンは、特別な統一基準があるわけではないものの、麺が極細の縮れ麺で、スープは琥珀色に透き通った醤油味なのだそうです。
 今回入ってみた釜石市内、青葉通りに面した「青龍」もそのひとつ。居酒屋2件をはしごしてからの入店で、カウンターに着席してラーメン550円を注文しました。

 まさに絵に描いたような釜石ラーメンです。極細の激縮れ。
 なんだか見た目はカップラーメンの麺を彷彿とさせます。しかし、予想に反してしっかりとしたコシがあり、啜ればすんなりと喉を通り、飲んだ後に食べるラーメンはこういうのがいいなあと思ったところ。
 秋田の十文字ラーメンに相通じるものがあるような気がしますが、どうでしょう。
 量はほどほどといったところでしょうか。

 スープもかなり美味。鶏ガラが勝るつくりはやさしくもあり、懐かしくもあり。近時のくどくどとしたラーメンスープは何か勘違いをしているなあと感じてしまう、秀逸なものです。
 この味、シンプルで普通だけど、これまで味わったことがないナニカが潜んでいます。それが何なのか考えながら啜りましたが、結局判明せずに飲みきってしまいました。

 極細麺なので、オーダーしてからものの2~3分で着丼。
 ある説によれば、釜石は古くから漁港が栄え、多少せっかちだが羽振りのよい漁師たちが闊歩していた繁華街では、「待たせないラーメン」が知らず知らずのうちに浸透していった――ということのようです。
 「はやい」は、いい食堂のひとつの条件ですから、それは大歓迎ですね。
関連記事
スポンサーサイト

編集 / 2017.05.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

Author:RINSHO
土日の食べ歩きでの、山形のラーメン、定食がメインです。


にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

月別アーカイブ

welcome and welcomeback

now

現在の閲覧者数:

検索フォーム