FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリ: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑

☆慈恩寺そばの板そば ~寒河江市

カテゴリ: 村山地方の麺類

jionjisoba 201707

 つれあいの両親をつれて入ったことがあり、それはおそらく1985年前後のことだろうから、30年ぶりぐらいの再訪となります。
 古民家を使った建物は当時のまま。かつては2階も使っていましたが、今は1階だけでの営業だということです。

 板そば800円。
 蕎麦の実を皮ごと使ったかのような黒々としたそばです。つなぎはある程度入っているのだろうな。でなければぷつぷつ切れてしまうだろうから。
 30年前には義父母が山形にはこんなに硬い蕎麦があるのだなぁと言いながら食べていたのを覚えており、太くてごわごわしたものだったように記憶しています。
 しかし、今回食べてみると、それほどでもありません。これは、食べるほうが変わったのか、つくるほうが変わったのか、はっきりしません。ずいぶん食べやすくなっています。

 そばを手繰るのにあわせて山葵をチョイ付けしながらズババッと啜れば、なかなかにうまし。
 ボリューム的には自分には十分だし、持て余すほど多いわけでもありません。
 そばつゆは、濃いめの、醤油の発酵がうっすらと感じられるもの。猪口に入っていたつゆだけですべてのそばを啜り、徳利に入ったものは使わずに済んでしまいました。
 蕎麦湯はとろり感のある上モノでした。

 客数はずいぶん少なくなったとはいえ、割安価格で食べるそばとしてはいいセン言っていると思います。
 ただまあこの地域、そば店は過当競争の時代を迎えており、それぞれのレベルも上がっているので、どこの店も苦戦しているのではないかと思料します。

関連記事
スポンサーサイト

編集 / 2017.07.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑

コメント


Pagetop↑

Pagetop↑

 HOME 

プロフィール

RINSHO

Author:RINSHO
土日の食べ歩きでの、山形のラーメン、定食がメインです。


にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

welcome and welcomeback

now

現在の閲覧者数:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。